【交通事故】祖母の目の前で小学1年男児はねられ死亡【三重県御浜町】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【社会】 祖母の目の前で小学1年男児はねられ死亡…三重・御浜

1 : かしわ餅φ ★ : 2007/09/26(水) 20:00:33 ID:???0
★祖母の前で車がはねる小学1年男児死亡更新時間:2007-09-26 14:56

三重県御浜町で、道路を横切ろうとした小学校1年生の男児が、軽乗用車にはねられて死亡した。
死亡したのは、同町に住む熊野市立有馬小学校1年・立野玲音ちゃん(7)。

玲音ちゃんは25日午後6時前、町道を一人で横切ろうとしたところを、走ってきた軽乗用車にはねられ、腹部などを強く打っていて、まもなく死亡した。

警察の調べでは、現場は道路幅が3・8メートルで狭く、軽乗用車が道路左側に止まっていた車を避けようとして、中央寄りに走行していたところ、道路の右側から玲音ちゃんが出てきて、避けきれなかったという。

御浜町では「中秋の名月」に子供たちが民家を訪ね、神棚に供えた団子などのお菓子をもらう風習があり、玲音ちゃんも民家でお菓子をもらい、祖母が待っている車に戻る途中ではねられたという。