※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

各話あらすじ

全体の尺が原作の半分程度しかなく、また設定的にも、原作よりもロボやツール類のぶっつけ本番率が低いと思うので、原作の倍以上のペースで進みます。
(DDが3話なのでDCは1話、イレイザーが6話なのでデリーターは2話という具合)
でも基本的には原作のような話の展開を辿るつもり。
終盤は話が重たいためOVAの雰囲気も。

※Wiki管理人が完全に勢いで書いてるので、ご意見募集中。
 勢いどころか、とりあえずスペース埋めるために適当ぶっこいたとこ多々。
 あとゾリューダロボのデザイン・能力なんかも同様に。

※空欄は未定部。
※メインキャラ欄はいわゆる「誰々の見せ場回」というやつで、特にない回もある(護や凱は主人公だから言うまでもないことが多い)。
※ビークル形態は(車)表記、特にないものはロボ形態(ポルコート除く)

No. サブタイトル
メインキャラ 新出概念 アイキャッチA アイキャッチB 勝利の鍵
あらすじ
  • 1クール目
#1 勇者王再臨!
天海護 護機、新キャラ等々 ガリフォン ガイフォー デリーターヘッド
10年後の地球に謎の宇宙船が落下。護が対応に当たるが、落下物は変形して襲ってくる。凱を地上に呼ぶためには新ツールが必要だが…
#2 その名は猛竜神
爆竜・凍竜 猛竜神 ネオガイゴー 凍竜・爆竜(車) ディバイディングサークラー
招集されたGGGは敵を機界変種と命名。戦う決意を新たにする。新たに現れたゾリューダロボに対抗し、猛竜神の新世代ツールが姿を現す。
#3 消える空間
シナプス弾撃 ステルスガオーⅣ ディバイディングサークラー あやめのPHS
激化するゾリューダの攻勢。ガイフォーのシナプス弾撃が炸裂する。そしてディバイディングサークラーの新たな使い方とは?一秒の遅れも許されない、凱との共同作戦を遂行せよ!
#4 廃墟の罠
ゴルディ、マイク ドリルガオーⅢ・ライナーガオーⅢ クニヌシ 旋龍・嵐龍(車)
GGGダイヤルへの通報を受け、僻地の廃屋の潜入調査に乗り出した火麻とあやめ。しかしその建物全体がゾリューダの擬態だった!悪路を突き進み空を駆け、二人を救出せよ、ゴルディマーグとマイク・サウンダース!
#5 旋(つむじ)と嵐(あらし)
旋龍・嵐龍 極龍神 凍竜・爆龍 猛竜神 イレイザーヘッド
中国星際部の危機に、GGGが急行。ゾリューダの起こす大嵐に巻かれて身動きが取れない勇者たちを、ヤン氏の誇る新たな勇者たちが助け出す!決めろ、シンメトリカルドッキング!
#6 いつも星の海で
氷竜・炎竜、風龍、雷龍 超竜神、撃龍神 デリーターヘッド 旋龍・嵐龍(車) ベアキューレ(車)
謎の故障を修理するため一時オービットベースに収容された新世代勇者兄弟たちは、彼らの『親』と再会。管轄地域ゆえに宇宙から滅多に動けない氷竜たちの隠された実力はいかばかりか?バイオネットの衛星兵器を迎撃せよ!
#7 撫子の舞
ベアキューレ ベアキューレ、ビッグベアキューレ オグナ ウィルブレード篭手 ボルフォッグ・ポルコート(車)
ゾリューダロボの予期せぬ襲撃により孤立し、危機にさらされる未来たち。これまで沈黙を貫いていた医療ロボ、ベアキューレがその本来の姿を現す!
#8 狩人と猟犬
シャッセール、ボルフォッグ ポルコート、聖竜・冥竜 旋龍・嵐龍 極龍神 ルネのコート
バイオネットの大規模基地が何者かによって壊滅。残された素粒子Zαを追い、狩人シャッセールが動き出す。増援として駆けつけたGGG。ボルフォッグとポルコートの再会は偶然か、必然か。
#9 獅子の血を引く者
ルネ 聖竜・冥竜(車) ルネ・カーディフ・獅子王 聖竜・冥竜
捜査で得られた情報を分析する間、オービットベースに滞在するルネ。8年の時を経て、父と再会した彼女の胸中は。つかの間のいとまにフレールの墓に訪れた父娘を襲う人型ゾリューダ。単身駆けつけた凱とルネの、獅子の咆哮が轟く!
#10 食い破られる体
聖竜・冥竜、光竜・闇竜 仙竜神、天竜神 ベアキューレ(車)、ポルコート コノハナ
白兵戦で重傷を負ったルネのえぐれた体から、驚愕の事実が明らかになる。これまで勇者ロボたちを苦しめてきた、不可解な欠損事故の真相とは。襲い来るゾリューダに不用意に触れられない勇者ロボはどう戦う!
#11 侵蝕
仙竜神 ガンリンクス・ガンピジョン(車)
GGGにとって最悪の脅威となったゾリューダ。対策の見いだせないままに次々と襲撃が起こり、勇者たちは捨て身の戦闘を余儀なくされる。潜伏して十分なエネルギーを蓄えたゾリューダの力はいや増すばかり…
#12 鉄の島の決戦
音響補佐ツール サヒメ 音響補佐ツール ヘル・アンド・ヘヴン
激化する戦闘、蓄積するダメージ、深まる謎…。その中で、ついにGGGは宇宙船本体の場所を突き止める。焦眉の急であるゾリューダ掃討作戦、その行方は?マイクのディスクXが唸りを上げる!
#13 さらば、猛竜神!
ZM-n(宇宙船ゾリューダ) ネオガイゴー(ファイナルパワーアップモード)
宇宙船ロボとの最終決戦。疲弊し切ったGGGは巨大ゾリューダロボに苦戦を強いられ、ついにネオガイゴーをかばった猛竜神が敵に吸収されてしまう!凱と護の決死の救出作戦とは?

  • 2クール目
#14 忍び寄る影
総集編 ポルトー 再建ベイタワー基地 新生オービットベース 浄解モード・護
深手を負いつつゾリューダとの戦いに一時の決着、過去の戦いを回想しつつ休息を取る凱と命にポルトーが接触する。ゾリューダが生き残っていたことに加え、死んだシュウと瓜二つなことに混乱する二人だが…
#15 素粒子Zα
セミ・ゾリューダ プロテクトガオー・ブロウクンガオー ベアキューレ
ポルトーとの接触により、ゾリューダの多数生存が確認された。戦いが再び幕を開ける。しかし今度のゾリューダは、明確な敵意を持ってGGGに牙をむく。新たなる敵、セミ・ゾリューダとは。素粒子Zαの真の脅威とは?
#16 呪縛
ポルトー ポルトーロボ ウィルナイフ&ブレード
打倒GGGのための明確な作戦行動を取り始めたゾリューダはさらなる脅威へと進化していく。熾烈な戦いの中、命を散らせたポルトーの正体、そして彼の最期の言葉とは?
#17 最凶亡者美女軍団
凱、護 ピレーヌ、パペラル ガンリンクス・ガンピジョン ウズメ
四天王の一人を失ったゾリューダから、凱と護に直接攻撃が仕掛けられる。護の前に現れたのはサディスティックな美女、そして凱を襲ったのは…!?
#18 甦った竜
猛竜神 ピレーヌ・パペラル ビッグベアキューレ ESミサイル
猛竜神が復活し、からくも二人の刺客の手から逃れ仰せた凱と護。「おまえなんか偽物だ」―去り際にパペラルが凱に浴びせた呪詛の言葉の真意は何か?そしてGGGを叩くチャンスに、バイオネットが動き出す!
#19 不死鳥の詩(うた)
J組 Jアーク関連 スパイラルガオー・ストレイトガオー ガジェットガオー
世界各地に現れるセミ・ゾリューダロボと、機に乗じたバイオネットの同時行動にフル出動を余儀なくされるGGG。手薄になったオービットベースに魔の手が迫る。しかしそこに白亜の巨艦が帰還した!
#20 勇者死すべき刻(とき)
パルペクチア マフツ フトダマ
Jアークの到来により一気に戦況を立て直したかに見えたGGGの前に、謎の仮面の男がついに姿を現す。交戦した凱は記憶領域を侵され、鋼鉄の勇気を打ち砕かれてしまう!?
#21 骸(むくろ)
皇竜神、驚龍神 ジェネシックパネル ヤサカニ リミピッドチャンネル
護の決死の機転で救出された凱だが、勇者の心を失った凱はフュージョンすることも出来ない。畳み掛けるゾリューダの攻撃に押される凱不在のGGGは、ついに敵に命の拉致を許してしまう!
#22 哀しみの蒼星
蒼の星 タジカラ 戒道のレイピア
さらわれた命に、凱の勇気を打ち砕いた恐怖の正体が明かされる。勇気の拠を脅かされ、自分自身の存在さえ見失わせる事実に打ちひしがれた凱。愛の力は勇気を蘇らせられるのか?
#23 鏡写しの勇気
プトロムス・ペッケルン バイオネットロボ
勇者として再び立ち上がった凱は、命を助けるためにパルペクチアである自分自身と対峙する。正しいのはどちらなのか。命を助け出し、最終決戦の通告を受けたGGGに、究極の自問と、決断が迫られる。
#24 未来
プトロムスロボ・ペッケルンロボ ピレーヌロボ・パペラルロボ 日辻未来
最終決戦を前に、戦闘配備を整えるGGG。最凶のゾリューダ軍団が待ち受ける死地へいよいよ赴く護に、未来が託す想いとは。そして決戦の地に降り立ったGGGは、ゾリューダロボによって戦力を分断される!
#25 青と蒼
竜帝神? パルペクチア クニヌシ
GGGとゾリューダ、相容れない二者の相克が最後の衝突を迎える。仲間たちの死闘の中、パルペクチアの元にたどり着いた凱は、護の助けで敵を木星へと連れ出す。しかし後を追うべく飛び立つ護に、醜く変形したピレーヌが立ちはだかる…
#26 凱歌
護、凱 ゴルディオンスマッシャー ジェノサイドガオガイガー ゴルディオンスマッシャー -
地上での戦いが次々と決着を迎える一方、舞台を木星圏に移し、パルペクチアと凱の最終決戦が始まる。宇宙へ駆けつけた護の聞いたパルペクチアの咆吼とは。そしてGGGの切り札は?勝負の行方は?

あらすじ設定のための大まかな仮スケジュール

  • 3~8話くらい
新ロボ、新ツール、従来キャラの変化などを順次見せていく。
  • 9話くらい~
ゾリューダとの戦闘によるGGGの疲労が色濃く出始める
  • 13話
1クール目の締めくくりなので、中ボスが必要。
猛竜神の戦線離脱、GGGの疲弊度が極度に達するのが象徴的に現れる
  • 14話
前半部に中休みを挟み、後半でポルトーと接触
敵の正体がほのめかされる
  • 15~18話くらい
バイオネットなども挟みつつ、敵の正体が徐々に明らかに
  • 19~20話くらい
凱の勇気が砕かれる、命がさらわれる等の大きな転機
  • 21~23話くらい
パルペクチアとの接触など、ゾリューダとの相克が大詰めへ
  • 24話
嵐の前の静けさ
  • 25話
四天王・メタルネとの一大決戦、パルペクチアとの最終決戦開始
  • 26話
最終決戦決着、EDへ