「私」論04


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

なぜそのような「混同」が起きるのかと言えば、もしかしたら、「他の人」の「作品」には、「『私』が『ない』」からなのかもしれない…と、思わず「邪推」をしたくなる。言うなれば、「『私』(ばっか)小説」ならぬ、「『私』(がない)小説」。

しかし、「『私』(がない)小説」や「『私』(がない)作品」などというものは、本質的にあり得るものだろうか。

つまりは、この社会における「私」ということに対する考え方の「錯乱」、もしくは「誤謬」がこのことから伺え、またそのことが、様々な現在の「悪状況」を生んでいると言えるのではなかろうか。