Ka-50 > 52


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Ka-50




Mi-24の後継機として開発された攻撃ヘリコプター。
高度な運動性を有し、同軸反転式ローターによってもたらされる安定した飛行特性は他の攻撃ヘリコプターにはみられないものである。
Ka-50は対空・対地両方への攻撃能力を有する機体として開発されたため、通常の攻撃ヘリコプター以上に対空ミサイル等の運用能力に優れている他、
新たに開発された昼間テレビ自動追跡装置や自動追跡航法装置も搭載している。
また、この機体は攻撃ヘリコプターとしては異例の1人乗りであり、さらに射出座席を備えているが、
この1人乗りという仕様はロシアが海外にこの機体を売り込む際に仇となってしまい
(攻撃ヘリは基本2人乗りであるため、多くの国が不慣れな1人乗りのヘリの導入をためらった)後述のKa-52を生み出すこととなる。

仕様(あくまで参考程度に。)

乗員: 1 名
全長:13.50 m
全高:4.90 m
主回転翼直径:14.50 m
空虚重量:7,692kg
通常離陸重量:9,800kg
最大離陸重量:10,800kg
発動機:クリーモフ製TV3-117VMA ターボシャフトエンジン ×2
出力:1,660 kW ×2

性能

巡航速度:270 km/h
超過禁止速度:300 km/h
実用航続距離:1,160 km
戦闘行動半径:460 km
上昇率:600 m/min
実用上昇限度:5,500 m
戦闘上昇限度:4,000 m

武装

30 mm機関砲 2A42 1基(弾数500 発)
ヴィーフリ対戦車ミサイル3連装発射機 4基
イグラ-1V空対空ミサイル 4基
S-8ロケット弾用 B-8V20A 20連装ポッド 2基
23mm機関砲ポッド

兵装搭載量

4箇所のハードポイントに2,000 kgまでの武器が搭載可能

Ka-52


#ref error : ファイルが見つかりません (h ttp://www.airforce.ru/photogallery/zinchuk/ka-52/az_ka-52_2.jpg)

Ka-52は、Ka-50の複座型として開発された機体である。
Ka-50は、従来2名の乗員を必要としてきた攻撃ヘリコプターにおいて1名ですべての操作が可能である画期的な機体であったが、
軍事航空分野では先進的な技術は嫌われるという傾向に突き当たりロシア軍をはじめどこからも発注を受けられずにいた。
それどころかロシア国内では、対抗機種であった複座のMi-28が採用されるという動きも見られたため
急遽Ka-50の複座型を開発することにし、Ka-52と呼ばれる機体が開発された。

ka-52はKa-50より高度な能力を持ち、特に夜間攻撃能力の付加は西欧や米国の新型ヘリコプターとの競合を可能とし、このKa-50の新しい派生形の評価を高めるものとなった。
夜間攻撃能力の付加にあたって搭載された温度探知システムは、レーザー誘導ミサイルによる攻撃力の向上に貢献している。
その他、Ka-52では地上からの攻撃に対する防御力の向上、幅広い種類の兵器搭載能力の向上が行われた。
Ka-50からは高い運動性と高速度が受け継がれている。

仕様(あくまで参考程度に。)

乗員:2 名
全長:13.50 m
全高:4.90 m
主回転翼直径:14.50 m
空虚重量:7,800 kg
通常離陸重量:9,800 kg
最大離陸重量:10,400 kg
発動機:クリーモフ製TV3-117VMA ターボシャフトエンジン ×2
出力:1,638 kW ×2

性能

巡航速度:270 km/h
超過禁止速度:300 km/h
実用航続距離:1,160 km
戦闘行動半径:520 km
上昇率:600 m/min
実用上昇限度:5,500 m
戦闘時上昇限度:3,600 m

武装

30 mm機関砲2A42 ×1(弾数460 発)
3連装ヴィーフリ対戦車ミサイル ×4
イグラ-1V空対空ミサイル ×4
20連装80 mmロケット弾ポッド ×2
122 mmロケット ×10
機関砲コンテナー
機銃コンテナー

兵装搭載量

4箇所のハードポイントに2,000 kgまでの武装を搭載可能
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。