※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

○ローザシャーン [Rosasgagn]  :薄野 りん 〔SUSUKINO RIN〕
  玩具の魔女、その性質は『遊戯』。
シャルロッテとは幼馴染で、魔法少女になったのは彼女が11歳の時。
子供だし誰にでもフレンドリーで、いくら年上でも『○○ちゃん』って呼ぶのが特徴。よくマミの家にお世話になってる

そのシャルロッテが病死したと思い込んだのか、QBによって誘導的に契約することになるのだが、『あの子と同じ友達が欲しい』というのが本来の願いである。
固有魔法は『生き物と何一つ変わらない人形を作り出す』。意思のある人形を作り、記憶のバックアップも本人が知るレベルまで再現できる。故にローザシャーンがよく知る人ほど人形の完成度は高いが、あんまり知らない人ほど出来が悪くなってしまうのが欠点。
色々あってその友達の母親まで生み出してるけど、親友が魔女になったという因果によって素質が高かった故の副産物である。

魔女になったのは、魔女が絶望を撒き散らすことがなくなった後の事で、シャルロッテがまだ魔女として生きていると知ったのか、自分もグリーフシードを使うのをやめて自力で魔女になった。