第Ⅱ部ホール3 でけた??


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サーシャ「・・・第一の私見ですが、学園都市の学生が弄りに弄ってきます」

土御門「打ち解けられてるようだから結果オーライじゃないかにゃー?」

サーシャ「第一の解答ですが、明らかに他人事のようですね…」

土御門「オレらはなんも変哲もない制服だからにゃー」

マーク「私もそこまで雰囲気が変わらないようですし。他のマシな服はなかったのですか?」

サーシャ「第二の解答ですが、あの屈辱的な「マジカルパワードカナミン」の衣装を着るくらいならこちらを選びます」

マーク(マジカルパワードカナミンとは一体・・・?)

土御門「・・・あるぜよ。交換するか?」

サーシャ「第三の解答ですが、着るわけがありません。補足して発言しますが、・・・・・・・自分で着やがれ」

土御門「冗談ぜよ。それにしても一方通行など同じ奴が複数いると間違いやすいぜよ・・・」

マーク「服装が違ったりしてるのでなんとか見分けがつきますけど、同じ格好したら性格でしか判断できませんからねー」

サーシャ「第二の私見ですが、これが『ノア』の影響だとしてこの状況が続くのは些か頭が痛いです。白い学園都市の少年が大勢います・・・」

土御門「科学サイドが違和感に気づけばいい研究材料になりそうだがな。連絡は逐一きているがまだかかりそうだぜい」

サーシャ「第一の質問ですが、何か調査隊の方から延長魔術について新たに明らかになった事など連絡はきていないのですか?」

土御門「個人ではないということと、今日だけしか発動できないものらしい…。まぁ、規模が規模だからな。それに『ノア』のせいで人員が割けない」

マーク「まあ、各地に散らばって情報処理やら監視をするよりずっとマシなのでは?」

サーシャ「…第四の解答ですが、私からすればそちらの方がマシです」

土御門「まったく…、仲がいいのか悪いのか分からない奴らだ」

マーク「そう見えます?そのサングラスは節穴ですか?…まあ、人員が割けないのは仕方がありませんね。ノアだけではなく延長と来たわけ…」

フレンダ「ねぇちょっと、あなたたちこんな所でコソコソこの忙しい時に結局何やってんのよ? 当然、持ち場終わってんでしょうねえ?」

サーシャ「・・・・・ッ!?」

土御門「あ、ああ、もちろんぜよ。少し小休憩していただけだにゃー」

マーク「サーシャ嬢がいじられ疲れているようなので」

フレンダ「サボってるようにしか見えないっつーの! さっさと休憩切り上げて仕事してよね、でないと承知しない訳よ?」

土御門「サボってはないぜよ?休憩と言う名の仕事ですたい。」

サーシャ「だ、第三の私見ですが、危ないところでした・・・・・」

マーク「そ、そうでしたね。一般の方もいるようですし。気をつけませんと。それより、時間待ちですか・・・。もどかしいですね」

サーシャ「第五の解答ですが、それまではここで潜伏ですか・・・・・・」

マーク「つまりそのままの服装ですね。さらに打ち解けそうじゃないですか!」

土御門「気に入ったのなら持って行ってもいいぜよ?」

サーシャ「第六の解答ですが!・・・・これ以上上司に可笑しなことをされる日種を持ちたくありません!補足説明しますが、気にいってもいません!」

マーク「ちゃっかり着ているあたりマンザラでもないみたいですけどね」

サーシャ「――――ッ!!だ、第七の解答ですが、貴方が私にちょっかいを出さなければ一般人に『四月馬鹿』について聞かれることも…ッ!!」

土御門「おっと、そこまでだ。他の奴らに聞こえるぜよ」

マーク「魔術サイド以外に聞かれたら違和感に気付かれますからね。」

サーシャ「第七の解答ですが、確かに・・・。私達以外がこの異形な場に気がついたら大変なことになります」

土御門「異形・・・か。たしかにオレらが歩んでる世界ではフレンダはいないのに目の前でフレンダ・フレメアの姉妹のやり取りが見れる。たった一日の幻想だにゃー」

サーシャ「第四の私見ですが、・・・・・今は只彼女らにとってこの時間が幸福であることを祈るしかありません」

マーク「そうですね。『箱舟』が送るのは問題だけでなくこういった『幸せ』ももたらすんですね」

土御門「『性格』も運んでくるから普段なら見れない展開は眺めていて楽しいぜよ。魔術サイドの特権ですたい。ほら、あそこで番外個体と一方通行が何かしてるぜい」