とある日の部室

久「…」

咲「部長、どうしたんですか?険しい顔して…」

久「ねえ、咲。須賀君は今椅子に座ってるわよね」

咲「?あ、はい。座って、音楽聞きながら麻雀の本読んでますね」

久「今の状態の須賀君に…私たち5人が寄り添うとしたらそれぞれどこになるかなって」

咲「……???」

久「ほら、ちょっとしたハーレムっぽく」

まこ「また変なこと言い出したのう、お前さんは」

久「いいじゃない、須賀君には聞こえてないし」

優希「何話してるんだー?部長」

和「咲さんが困惑してますけど…」

久「あ、いいとこに」

部長説明中…


京太郎(なんか5人で話してるけど…男が入るのは無粋だよな、うん)


久「そういうことで、ちょっと想像してみない?」

咲「あぁ、やっと理解できました…」

和「須賀君の周りにですか…」

まこ「5人もいるとごちゃごちゃしそうじゃな」

久「うん。それで私も悩んでたのよ」

咲(やっぱり横かなぁ…あ、でも膝の上もいいなぁ)

優希(私は後ろから京太郎をギューッっとしたいじぇ…でも、横で恋人みたいに寄り添うのも捨てがたいじぇ)

まこ「横二人に前後一人ずつだと、一人なんか蚊帳の外みたいになるのう」

久「両膝に枝垂れかかるようにすれば前に二人入るかな?」

咲「膝に…?な、なんか妖艶なカンジ…」

優希「我ながら似合う気がしないじぇ」

和「…なら、私はその位置がいいですね」

久「あら、そう?確かに、セクシーでいい感じかも」

和(横や後ろだと胸が当たってしまうので…///)

まこ「じゃ、わしは横を取ろうか」

咲・優希「!」


久「そう?じゃ、片方はまこでいいかな」

和「こう、腕をとる感じですか?」

まこ「んにゃ、肩に腕をかけて寄りかかる感じがいいのぅ。ちょっと顔近づけてな」

優希(まずいじぇ!迷ってるうちにどんどん決められてしまうじぇ!)

咲(どうしよう!でもここはやっぱり…)

久「じゃあ私はもう片方の…」

咲「部長!私も横がいいです!」

優希「恋人ポジションは譲れないじぇ!私もだ!」

久「むっ、競合する気?」

京太郎(何の話してんだろなー)

久「まだ後ろに膝の上または横が開いてるわよ?」

優希「私が膝の上だと完全に子供だじぇ!だから横がいい!」

咲「横で腕をとって寄り添うのがいいんです!(夫婦みたいで!)」

和「想像の話なんですけどね…」

まこ(部長のことじゃし決まったら実際やると思うがの)

3人でジャンケン中…


咲「ポン!やた、勝った!」

優希「ジャンケンホイ!よし、2番だじぇ!」

久「えぇ~負けちゃった…」

咲「えと、それじゃあ遠慮なく、京ちゃんの右隣、いただきます!」

まこ「もはやノリノリじゃのう」

和「なんだか主旨変わってきてますね」

優希「むぅ、しょうがない!なら、私は後ろをGETだじぇ!」

久「ちょ、え~!私が前って…イメージ湧かない」

和「私みたいに寄りかかればいいんじゃないですか?」

優希「甘いじぇのどちゃん。右も左も同じポーズじゃ面白くないから、ここは膝の上に行くしかないんだじぇ!」

久「うぐ…」

まこ「じゃ、さっそく実践してみるか」

和「えっ!?」

咲・優希「おー!」

久「どんなポーズがいいかしら…」

和「あのー、想像だけじゃ…」

まこ「諦めんさい。咲と優希はもうやる気満々じゃ。部長もなんかブツブツ言っちょるし」


京太郎(ん?話終わったのか?)

京太郎「何話してt…」スッ

優希「京太郎ストップ!」

京太郎「!?」

咲「そ、そのまま座ってて!」

まこ「そうそう大人しくしとれ」

京太郎「な、何する気だ!?」

和「えっと…失礼します!」

まこ「わしも。よっと」

京太郎「え、え?二人とも何してんですか!?」

和「少し我慢してください…///」

まこ「そうじゃ、あと3人ひっつくからの」

京太郎「は、はい…?(先輩、顔近い…!和も、なんて恰好を…)」

優希「おお、のどちゃんセクシーだじぇ…じゃ、次は私だぁ!」ダダダッ

京太郎「うおっ!優希もか!?」

優希「私は後ろからだじぇ!美少女に囲まれて喜ぶがいい!」

京太郎「状況把握が追い付かねえ…って、咲?」

咲「右腕、借りまーす…///」

京太郎(何だこれ…何だこれ…咲には腕を絡められ、後ろからは優希に抱きつかれ…)

京太郎(俺は夢でも見てるのか…?)


優希「部長、早くするじぇ」

久「わ、分ってるわよ……よしっ」スッ

京太郎「ええ!?」

和「須賀君に寄りかかって…」

咲「京ちゃんの首に腕をまわして…」

優希「なんだか色っぽいじぇ、部長!」

久「これなら、私らしいかな…」

まこ「顔赤いぞ」

久「うっさい」

京太郎(うん、きっと夢だこれ。こんな幸せが現実であるもんか)

久(でもこの格好結構恥ずかしい…なんかいけない関係みたいな)

優希(京太郎の顔がすぐ近くにあるじぇ…)

和(もうちょっと欲張れば良かったでしょうか)

咲(安心するな~京ちゃんの腕…)

まこ(ふふ、赤くなっとる。可愛いやっちゃ)


京太郎「あ、あの~…い、いつまでやるんすかコレ…///」

5人「もう少しだけ」