京太郎が黒髪にしてみた ~姫松編


――姫松高校・放課後

洋榎「京太郎来ぇへんな…」タン

洋榎「主将であるうちより遅くなるとはいい度胸や」

絹恵「たまには忙しい時もあるやろ」タン

洋榎「む?何や絹、京太郎に甘いやん」

漫「主将が厳しすぎるんやないですか…?」タン

洋榎「何言うとんねん。厳しい指導は京太郎のためを思ってやなぁ」

由子「あれはしごきに近いのよー」

恭子「須賀君はいつも早くに来て雑用してくれてますし、たまには…」

洋榎「なんで知っとんねん」

恭子「…それは、ほら、別に理由はないですよ」

漫(そこは須賀から聞いたとかにすればいいのに、先輩…!)

洋榎「ほぉー…そんな顔してやることやっとるんやなぁ…」

恭子「か、顔は関係あらへんでしょ!」

洋榎「はいはい、はよ捨てや。恭子の番や」

恭子「くっ…」タン

洋榎「それロンや」

恭子「あっ…もぉ~!メゲルわ!」

由子「もっと心を強く持つのよー」


――翌日の放課後・部室

恭子(結局昨日は須賀君来んかったなぁ…病気でもしたんやろか)

恭子「そして、こうして誰よりも早く部室に来てる私…アホやなぁ」

京太郎「お疲れ様でーす」

恭子「あ、須賀君お疲れ。昨日はどうし…」

京太郎「末原先輩、どうも…」

恭子「」ポカーン

京太郎「あれ?」

恭子「ホ、ホントにどしたん?そ、そな、そないな髪…」

京太郎「げっ、やっぱり似合わないですかね」

恭子「最高や!」ガシッ

京太郎「え?」

恭子「一気に男前なったで須賀君!金髪もわるなかったけど、これは文句なしや!」

京太郎「え、は、はい、嬉しいっす!」

恭子「須賀君、これにはこれから麻雀を強くなるにあたって気を引き締める意味もあるんやろ?」

恭子「いや、金髪の時がダメやったわけと全然ちゃうで!でもこんな思い切るにはそれなりの理由がある思うてな!」

京太郎「いや、これは(不良に間違われやすいからなんだけど…みっともないよな~)」

恭子「あ、ごめんな。私つい嬉しくなってもうて矢継ぎ早に…本当の理由、なんや?」

京太郎「あのですね…」

洋榎「お疲れやーー!」バタンッ

京太郎「あ、洋榎先輩」

洋榎「おお、二日ぶりやなきょうたろ……!?」

京太郎「昨日はこれを染めに行ってまして…って、どうしました?」

恭子「主将?」

洋榎「こ、これは…」プルプル

洋榎「じ、事件やーーーー!!!」


由子「それでは、これより姫松高校麻雀部レギュラー陣による」

由子「”須賀京太郎髪色裁判”を始めるのよー」

洋榎「うむ!」

漫「よっ、裁判長!」

絹恵「…お姉ちゃん」

洋榎「なんや絹…やなくて、絹恵弁護人」

絹恵「弁護人ちゃう!なんなんこれは!」

  • 現在の配置
  由
洋   恭
  京
漫   絹

恭子「説明してくれませんか…」

洋榎「せやから裁判言うたやん。由子が裁判長、つまり中立」

洋榎「うちと漫が金髪派で検事側や。で、絹と恭子が黒髪派で弁護側や」

絹恵「…あれは?」

京太郎「いやいや、なんで俺椅子に縛られて真ん中にいるんですかぁ!?」

洋榎「被告人や」

京太郎「現実の裁判は被告人でも動けますって!!」

由子「じゃあ細かいことは抜きにして、始めるのよー」ハンマードンッ

京太郎「小道具まであるし…」

洋榎「…待った、京太郎。そんな所にいられると邪魔やからちょっと下がってや」

京太郎「り、理不尽だ!?」

漫「はいはい、とっとと動く」ズルズル

京太郎「せめて手ぐらい自由にぃ~!」グスッ


由子「ではまず、弁護側の主張を聞くのよー」

恭子「あ、私ですか?もう…」

恭子「はじめに質問ええですか?私はともかく、なんで絹ちゃんもこっちにおるん?」

洋榎「それはちゃんと理由がある」

漫「裁判前に主将が猛抗議してた時、絹恵ちゃんノリ悪かったからです」

絹恵「それだけでか!?上重さんお姉ちゃんにのせられてるんちゃうの?」

漫「いや、普通に見惚れてたの見てたで」

絹恵「ぐ…」

京太郎(え、なにこれは。俺はどんな気持ちでこれからの会話を聞いてればいいんだ!?)


由子「質問はもう無い?」

恭子「はい、もうええわ」

由子「じゃ、検事側の主張どうぞなのよー」

洋榎「ええか!まずひとつ!」バンッ

洋榎「漫、阪神タイガースのチームカラーは何色や!」

漫「黄色です!」

洋榎「そう、黄色や!髪で言えば金髪!せっかく猛虎魂溢れる髪色を、黒に染めてまうなんて、アカン!」

漫「ユニフォームは黒が多いけど、それとこれとは話が別です」

絹恵「異議ありや!お姉ちゃんは阪神のために京太郎の自由を妨げる言うん?」

洋榎「まず言うたやろ。本題はここからや」

恭子「本題?」

絹恵「阪神が主な理由じゃないってことやな…(ちょっと安心したわ)」

洋榎「……」モジモジ

漫「…?」

恭子「…どないしました?」


洋榎「…京太郎。やっぱどっか行ってくれへん?」

京太郎「はいぃぃ!?勝手に縛っといてそれですか!」

由子「…」ピン!

由子「では裁判長自ら退席させるのよー」ズルズル

京太郎「おわっ!真瀬先輩、引きずらないでー!」

ギィ バタン

由子「では愛宕検事」

洋榎「ん。由子おおきに」

洋榎「…本題やったな。それは簡単な理由や」

漫「そ、その理由とは…」ゴクリ

洋榎「う、うちが前の京太郎の方がす、好きやからや///!!」

漫「え」

洋榎「うちが派手好きなのもあるけどな、京太郎の後ろで麻雀教えとるとき」

洋榎「京太郎が教えを請うためにうちの方振り向くやん?」

洋榎「その時にな、男のくせに意外とサラサラな金髪から覗く顔が…メッチャかっこええんや!!」

洋榎「もう、うち胸のバクバク抑えんの大変なんやで!この気持ちが自分ら黒髪派にわかるかぁ!!」

漫「主将、顔がトマトみたいや…」

由子「確かにこれは須賀君には聞かせられないのよー」

絹恵「お姉ちゃん、乙女や…」

恭子「…なんや、結局主将も須賀君にベタ惚れなんやないですか」

絹恵(”も”って…)

洋榎「悪いか!さて、うちは自分の主張をしたで。このぐらいの想いが恭子たちにあるんか!」

由子「検事側お疲れなのよー。漫検事は何かある?」

漫(アカン、主将がここまでマジやとは思わず…なんとなく前の方がよかったとは言いづらい雰囲気や…!)

漫「だ、大体のことは愛宕検事が言ってくれました…」

洋榎「……ん?それって自分も京太郎のこと…」

漫「は?ちゃ、ちゃいますよ!今の主将の気持ちが一番説得力があると思うたんです!言葉のアヤといいますか…」

洋榎「ならええんや」

漫(アブな~)


由子「では弁護側、もとい恭子ちゃんたちの主張を聞くのよー」

絹恵「うう、どうします?」

恭子「絹ちゃん、ここは私に任せてや」

洋榎「ほう、どんな主張をするのか楽しみやないか」パタパタ

恭子「未だ顔の熱が抜けてないのに偉そうにせんといてくれますか」

洋榎「や、やかましわ」

恭子「まず、検事側というか主将に言わせてもらいますけど、須賀君は自分の意志で黒髪に変えたんです」

恭子「黒髪を否定するいうことは須賀君の意志も無下にしてることとちゃいます?」

洋榎「む…」

恭子「まだ本当の理由は聞けてませんけど、並々ならん理由があることは想像できます」

恭子「私は須賀君の意志を尊重したいと思います」

洋榎「…裁判長」

由子「弁護人は本心を言うべきなのよー」

恭子「え!別に嘘ちゃうて!」

由子「嘘でないにしろ本心でぶつからないと負けるのよー」

洋榎「そうやそうや。本音言うてみい」

恭子「ぐぐぐ…」

絹恵「先輩!のせられたらあきません!」

恭子「もぅええ!じゃあ言ったりますよ!単純に黒髪の須賀君が好みなんです!!」カアア

漫(言ってもたーー!)


恭子「…そう、好きなんや。それに…」

洋榎「…?」

恭子「私は地味で、皆みたいに可愛くないし、須賀君とは釣り合わんって思うてたけど!」

恭子「黒にしてくれて、なんか近づいた思うたんです!」

恭子「我ながらアホですよ。こんなん須賀君が地味になって喜んでるってことですやん」

恭子「でも、でも、好きなんやからしゃあないじゃないですかぁ…」グスッ

絹恵「先輩…」

洋榎「恭子…」

恭子「たとえ後で金髪に戻ったとしても構へんですし、好きな気持ちは変わりません」グシッ

恭子「でも、今ぐらいは断固として須賀京太郎黒髪派を主張させてもらいます!」ドンッ

恭子「主張は以上や!」

絹恵「末原先輩!感動しました!」

漫(うう…不覚にもちょっとうるっときたわ…)

洋榎「…恭子は可愛い。そこは自信持っとき」

恭子「主将…」

洋榎「京太郎の髪が何色だろうと恭子と釣り合わんなんてことは無い思うわ」

恭子「……」

洋榎「…だけど!うちは譲る気無いで!京太郎をうちにメロメロにして、生涯金髪を貫かせたるわ!」

恭子「ふふ、それはこっちのセリフですよ主将!」

由子「はーい。いい話っぽくなったところでそろそろ閉廷なのよー」

絹恵「そうですね。ところで裁判長、判決はどうなるんです?」

漫「有罪無罪とかいう話じゃなさそうですよね」

由子「じゃあ、これはこんな争いを生んだ、色男須賀君に有罪判決なのよー」ドン

絹恵「あはは、それいいですね!」

漫「むしろそれに全面同意ですわ」

由子「じゃあ、須賀君を連れ戻してくるのよー」タタタ


洋榎「あれ、裁判長は?」

漫「もう裁判は終わりましたよ」

恭子「結局どうなったん?」

絹恵「京太郎に有罪判決が下りましたよ」ニヒヒ

洋榎・恭子「……」

洋榎・恭子「…うん、確かに京太郎(須賀君)も悪いやね」


由子「須賀君お疲れなのよー」

京太郎「やっと終わりましたかぁ…せめて縄解いてほしかったっす…」

由子「ごめんね。それで結局須賀君に有罪判決が出たのよー」ホドキホドキ

京太郎「はい?なぜにですか!?」

由子「須賀君の色男っぷりが決め手やったのよー」

京太郎「色男って…俺はしがない男子高校生ですよ」

由子(自覚がないのが怖いのよー)

京太郎「…かなりきつめに縛ったんですね。大丈夫ですか?」

由子「ん、なんとか、いけるかもなの…よー」グッグッ

京太郎「なんか知りませんけど、苦労かけたみたいで、すみません」

由子「う~ん。これから須賀君はもっと苦労するだろうからおあいこなのよー」

京太郎「え゛」

由子「これから洋榎ちゃんと恭子ちゃんがより一層構ってくると思うのよ」シュル

由子「それで須賀君はあの二人の相手により時間をとる思うけど…」シュルパラッ

京太郎「?」アッ ホドケタ

チュッ

京太郎「!!!???」

由子「私にも構ってくれると嬉しいのよー//」

京太郎「」ポケー

由子「じゃあ、解いたから戻るのよー」タタッ

バタン

京太郎「……俺って、色男なの…か?」

はたして京太郎は金髪に戻るのか?黒髪のままなのか?姫松の戦いが始まる……?

カン!