和「宮永さん、小説を音読するのはやめた方が…」

咲「ごめんね、集中するとつい…」

和「いえ……それよりそれはどういった内容の本なんですか?」

咲「あ、和ちゃんも興味あるの!?」

和「あ、いえ……そういうわけでは……」

咲「わかったよ、軽く説明してあげるね!」

和「え、ええ……」

和(少し興奮気味の咲さんかわいい……!)

咲「えっとね、えっとね……主人公は高校生の須賀京史郎くんっていうんだけどね」

和「どこかで聞いたことのある名前ですね」

咲「麻雀部に所属してて、全国大会にも出場するほどの実力を持ってたんだけど……」

咲「普段の素行が悪くて高校を退学になっちゃうの」

和「急展開ですね」

咲「それで、仕方なく知り合いの伝手で、あるお屋敷の使用人見習いをすることになったんだけど……」

咲「そこで京ちゃ……京史郎くんは運命の出会いを果たすの」

和「……」ドキドキ

咲「それが執事長の萩原吉武(仮)さん」

咲「二人は目の合った瞬間からお互いに相容れない存在だということを悟ったの」

咲「一方は何でもそつなくこなすエリート執事さん」

咲「もう一方は才能を持て余した高校中退の不良少年」

咲「二人はいがみ合いながらもいいライバル関係を構築していくの……」

和「なるほど、そういう関係もアリですね」


咲「ある日、萩原さんは、京史郎が高校麻雀の全国大会に出場していたことを知るの」

咲「そのことを彼に問い詰めるんだけど、何も語ってはくれない……」

咲「麻雀の経験もあった萩原さんは、過去の公式試合の対局データを調べ、京史郎がとてつもない魔物であることを知るの……」

咲「『それほどの実力を持ちながら、なぜ高校中退などという下らない理由で出場辞退を!?? 私には理解できない!!』」

咲「『……お前には関係ないだろ』」

咲「『関係あります……! 私も高校時代、インハイに出場したことがあるのですから……!!』」

咲「『……!!?』」

咲「そう……萩原さんも以前全国大会に出場し、惜しくも準決勝で敗退するという苦い経験がったの」

和(演技に熱がこもってますね……そんな咲さんもかわいいです)


咲「だからこそ、許せなかったの……京史郎が実力ではなく、全く無関係の理由で自らの夢を閉ざしたことが」

和「自分のプライドが傷つけられたように感じたんですね……わかります」

咲「うん……でも、京ちゃんだって好きで高校中退なんてしたわけじゃなかったの」

咲「さっき普段の素行が原因で……といったけど、あれは実は間違いで」

咲「本当は、同じ部活の仲間が犯した罪を、自らに着せたことが原因だったの」

和「もしかして、その仲間の方もインハイに出場を……?」

咲「うん……京ちゃんはそのことをもちろん話さなかったけど、たぶんそれを聞いてもハギヨシさんは納得しなかっただろうね……」

咲「ハギヨシさんは納得できずに京ちゃんに何度も対局を申し入れた……けどそのたびに断られた」

咲「けれどある日突然、京ちゃんは対局を受け入れたの」

咲「結果はハギヨシさんの勝ち……京ちゃんはもう自分に関わるなと言ってその場を去ろうとした……」

和「まさか……」


咲「そう……京ちゃんはハギヨシさんに諦めさせるためにわざと打って負けた」

咲「そのことに気が付いたハギヨシさんは激怒して京ちゃんを押し倒し、その顔を思いっきり殴りつけたの」

和「……っ」

咲「さっき和ちゃんは、ハギヨシさんがプライドを傷つけられて怒ったって言ったよね?」

和「え、ええ……」

咲「もちろんそれもあったけど、本心は別にあった……」

咲「ハギヨシさんも、心の奥底では京ちゃんのことを認めてたんだよ」

咲「その認めた相手が、本気の真剣勝負の場で手を抜いた……そのことが許せなかった」

咲「ハギヨシさんは京ちゃんの服をビリビリに引き裂いて、そのほどよく引き締まった肉体をあらわにさせた……」

和「えっ……」

咲「『あなたがどうしても本気を出さないというのなら……無理やりにでもその気にさせるほかないでしょうね』」

咲「『やめろ……何をする気だよ……!!』」

咲「ハギヨシさんは京ちゃんの腕に自前の手錠をつけて身動きをとれなくし、その上に覆いかぶさった……」


咲「『あなたが悪いんですよ……あなたが……ッ!!!』」

咲「『くそっ……放せッ!! 誰がお前なんかに犯されてやるかよ……ッ!!!』」

咲「その夜、お屋敷の地下には、京ちゃんの儚げな悲鳴が誰に知られることもなく響き渡ったという……」

和「……」

咲「……っと、まぁこんなところかな」

和「え、続きは……?」

咲「まだ書いてないんだ……ごめんね」テヘッ

和「まだ書いてないとは……?」

咲「うん、実はこれ、私の自作小説なんだ~……どうだった?」

和「ど、どうといわれても……」

咲「感想だよ、感想」

咲「和ちゃんが思ったこと、感じたことを聞かせてくれないかな? ぜひ参考にしたいから」


和「え、え~と……」

和(正直なところ、最後の方の展開は意味不明だったのですが……)

和(そのことを咲さんに言ってしまうと嫌われてしまうかもしれませんね……)

和(ここは……)

和「素晴らしかったです。ストーリーもよく練られていて、登場人物にも共感できる点が多かったですし」

和「ぜひ続きも読んでみたいですね」

咲「ええ、ほんと!? 嬉しいよ!」

咲「ありがとう、和ちゃん!」ダキッ

和「はうぁっ!?」

和(あぁ……咲さんの髪、いい香り……)ポワン

ガチャ

京太郎「うぃーっす」

優希「おまたせだじぇー!」

咲「あ、二人とも」


和「……ッチ」

和(本当にタイミングの読めない人ですね……)ギリギリ

京太郎(な、なんだろう……言いようのない殺気を感じる)

咲「遅かったね」

京太郎「あ、あぁ……ちょっとな」

優希「売店で食料を調達してたんだじぇ」ハムハム

咲「また京ちゃんのおごり?」

京太郎「おごりじゃねえ、貸しだ貸し」

京太郎「いつか絶対に利子つけて返してもらうからな」

優希「黙れ召使いっ」

京太郎「なんだとこの野郎!」

咲「あははっ」

ワーワー


咲「部長と染谷先輩はどうしたんだろう……?」

京太郎「さぁな。ま、そのうち来るだろ」

和「とりあえずメンツはそろいましたし、一局打ちましょう」

優希「賛成だじぇ!」

咲「よし、負けないよ~!」

和「……あ」

和(そういえば咲さんの本……このまま置きっぱなしでいいんでしょうか?)

和「……」

和(まぁ、ここで下手に言えば優希たちにばれてしまいますしね)

和(咲さんも自分が小説を書いているとはあまり大っぴらにしたくはないでしょうし)

和(あとでこっそりと教えておきましょう……)


夕方

優希「もう疲れたじぇ~……」

京太郎「結局、染谷先輩も部長も来なかったな」

咲「うん、二人とも忙しかったのかな?」

和「部長は生徒会でしょうか? 染谷先輩はバイトという可能性もありますね」

咲「あ、そっか」

京太郎「ま、明日にでも聞けばいいだろ。俺たちはそろそろ帰ろうぜ」

和「そうですね。咲さん、そちらのカーテン閉めていただけますか?」

咲「うん、わかったよ」

優希「犬、私をおぶれ!」

京太郎「お前も片付け手伝えよ!」

―――――――――――――――――――

和「それでは私はちょっと行って鍵を戻してきます」

咲「うん、ここで待ってるね」

和「はい、それでは」スタスタ


優希「うぅ~……お腹すいたじぇ~」

京太郎「お前さっきさんざんタコス食っただろうが」

優希「あれじゃ腹八分も満たされないじぇ」

京太郎「お前はいっぱいいっぱいまで食う気かよ!」

咲「ははっ」

優希「いいからちょっと財布貸せだじぇ」ガサゴソ

京太郎「あ、こらっ……!」

優希「おろ……? どこにもないじぇ」

京太郎「え、ウソだろ……? てめえまさか盗ったんじゃねえだろうな?」

優希「やるわけないじぇ! 主人に向かってなんて失礼な!」

京太郎「あれ……おっかしいなぁ……」ガサゴソ

咲「もしかして部室に忘れてきたんじゃない?」

京太郎「部室で財布なんか出したっけなぁ……ま、一応確かめておくか」

京太郎「わりい、ちょっくら和追っかけてくるわ」

咲「うん、待ってるから」

優希「犬、ついでにタコス買ってこい!」

京太郎「ばーか!」

ダダッ

―――――――――――――――――――

京太郎「はぁ……はぁっ……」

ガラッ

和「……あら、須賀君」

京太郎「はぁ……っ……の、和か」

和「……どうしたんですか?」

京太郎「はあっ……っと、部室に財布忘れてきちまったかもしれなくてよ」

京太郎「悪いけどまた鍵借りてくわ」

和「鍵は今さっき部長にお渡ししました」

京太郎「え、なんで!?」

和「なんでも部室に用事があるんだとか。部活にはやはり生徒会の都合で来れなかったようですね」

京太郎「そっか……まぁいいや、サンキュ!」

和「はい、それでは」

ダダッ

和「……ん」

和(そういえば、何かを忘れているような……)

和「……」

和(まぁ、気のせいでしょう……早く咲さんのもとに帰らなければ)スタスタ

―――――――――――――――――――

京太郎「はぁ……着いたぜ」

コンコン

「っ!?」

京太郎「失礼しまーっす」

ガチャ

久「す、須賀君……!?」バッ

京太郎「あ、どうも」

久「ど、どうしてあなたがここに……?」

京太郎「いや~、ちょっと財布を忘れたかもしれなくってですね」

京太郎「和から部長が今部室にいるって聞いて、それで直接」

久「あら、そうなの……」

京太郎「部長、それっぽいもの見かけませんでした?」

久「ど、どうかしらね……? 私は見てないけど」

京太郎「そうですか……じゃ、ちょっと探させてもらいますね」

久「え、ええ……」

京太郎「ここは……違うか」

久「……」

京太郎「う~ん……」キョロキョロ

久「ねえ、須賀君」

京太郎「……はい?」


久「す、須賀君は小説とか書いたりするの……?」

京太郎「小説? 俺がですか?」

久「ええ」

京太郎「書けると思いますか? この俺に」

久「まぁ、思わないわね」

京太郎「でしょ? 読むのすら年に1,2冊ってとこですよ」

久「それは読まなさすぎじゃないかしら?」

京太郎「そうっすか? 部長は読書好きなんですか?」

久「まぁ、人並みにはね」

京太郎「へえ、なんか部長も俺と同種の人かと思ってましたけど、意外ですね」

久「……須賀君、ちょっとそれどういう意味よ」

京太郎「あ、すんません! 他意はないっす!」

久「それ言い訳になってないから」


京太郎「ところで、なんでそんなこと聞くんですか?」

久「あ、えっと……ま、まぁちょっとした興味よ。気にしないで」

京太郎「……? はぁ」

久「……」

京太郎「……ってか、なさそうっすね~……売店の方に忘れてきたか……」

久「……須賀君」

京太郎「はい?」

久「あなたの他に、この部活の部員で小説を書きそうなのって誰かしら?」

京太郎「え?」

久「……」ドキドキ

京太郎「どうしたんすか? さっきから変な質問ばっかして」

久「え、い、いや……なんでもないわよ。ただの興味で……」

京太郎「……あやしいっすね。部長、なんか隠してません?」

久「か、かか隠してなんかないわよ!」


京太郎「……」ジロリ

久「……な、なによ」

京太郎「……ま、いいや」

京太郎「小説っすか? とりあえず優希は論外っすね」

久「そ、それは確かに言えてるわね」

京太郎「あとは……和も麻雀一筋って感じだし、染谷先輩もそんなイメージないし」

久「和はわからないけど、まことは長い付き合いだからそんな趣味はないって断言できると思うわ」

久(たぶんだけど……)

京太郎「となると……」

久「さ、咲かしら……?」

京太郎「ははっ、それはないですって」

久「……えっ?」

京太郎「俺も咲とはそれなりですけど、あいつに文才があるとは思えないですし」


久「でも彼女、よく本読んでるじゃない……?」

京太郎「読むのと書くのは別じゃないっすか? 部長だって本は読むけど書かないでしょ?」

久「……ま、まぁね」

京太郎「そういうことですよ。それで……」ジリッ

久「な、なに……?」

京太郎「部長、なに隠してるんすか? ごまかそうとしたってムダですよ?」

久「だ、だから隠してなんかいないって言ってるじゃない……」

京太郎「……今日の部長、なんか挙動不審すぎます」

久「っ!」ギクッ

京太郎「明らかに無関係な話題で、俺の注意を逸らしてますし」

京太郎「もしかして、俺の財布隠してるんじゃないですか……?」

久「か、隠してない、隠してないっ!!」

京太郎「……だから怪しすぎますって」

久「ち、違うの……! これは違うのっ!!」

京太郎「なんか後ろ手で隠してるでしょ……見せてください」


久「も、もう一度言うわ……須賀君」

京太郎「……なんですか?」

久「……私は、あなたの財布なんて、知らない……」

京太郎「じゃあ、その隠してるものはなんですか?」

久「だ、だから隠してないって言って……」

京太郎「隠してるじゃないですか」

久「ちょ……須賀君、顔近いわよ……っ」

京太郎「部長がそれ見せれば済む話ですよ」

久「……っ」

久「わ、わかったわ! これは本よ! ただの文庫本!」

京太郎「……本? じゃあ、見せてくれますか?」

久「だ、だから、これは本なのよ! あなたの探してる財布じゃないわ」

京太郎「だから、それを確かめるために見せてください」

久「うっ……」


京太郎「部長……?」

久「……わ、わかったわよ……はい」スッ

京太郎「……あれ、ほんとに本だったんですか」

久「だからそういってるじゃない! ほらもういいでしょっ!」

京太郎「どういう本なんですか? タイトル書いてありませんけど……」

久「そ、そんなこと関係ないでしょっ! ちょっと手放してってば……!」

京太郎「別に隠さなくたっていいじゃないですか」バッ

久「ちょ、ダメ! ダメだからっ!!」

京太郎「なんでそんなに焦ってるんですか?」ヒラヒラ

久「あ、あなたねぇ! 私のことからかってるでしょっ!?」

久「いいから返しなさい!!」

ヒョイッ...ヒョイッ...!

京太郎「ぷっ……なんか部長かわいいですね」

久「なっ……バカ! 須賀のバカ!! いいから返しなさい!!」

京太郎「いいですよ、これ読み終わってからですけど」


久「ちょ、よ、読んじゃダメだから!!」

京太郎「えーっと……『―――暑い。そう感じてベッドから起き上がった俺は……」

久「ちょっと!! や、やめなさいって!」

京太郎「『……俺の名前は、……』……ん?『須賀京史郎』……?」

久「……っ」

京太郎「……」ペラッ

久「す、須賀君……」

京太郎「……」ペラペラッ

久「……そ、そっちは……!!」

京太郎「……えっ……?」

『京史郎……!! 京史郎……!!』

『くっ……ハギヨシ……や、やめてくれ……!! も、もう限界だ……!!』

『んっ……ぁああああぅあああっ……!!!』

京太郎「……」

久「……」


京太郎「……」

バサッ

久「す、が……君」

京太郎「ははっ……なんすか……これ」

久「……そ、それは私も……」

京太郎「……」

京太郎「……こんなの書いて、楽しいですか?」

久「なっ……ち、違うわよっ!! 私が書いたんじゃ……!!」

京太郎「……じゃあ、なんで部長が持ってたんですかッ!!」バンッ

久「ひっ……!」

京太郎「ハァ……ハァ……っ」

久「……わ、私はたまたまそこに置いてあったそれを拾っただけで……」

久「だから本当に違うの……お、お願いだから信じて……すがk」

京太郎「うるっせええッ!!」

久「っ!!」ビクッ


京太郎「……ハァ……ハァ……っ」

久「……っ」

京太郎「……部長がそんな言い訳するような人だとは思いませんでした」

久「……ち、違うの……わたし……っ」ガクガク

京太郎「まぁもっとも……こんなもの書くような人だとも思ってませんでしたけど」ゲシッ

久「……ぉ、お願い……」

京太郎「……」

久「す、須賀くん……」

京太郎「……もう馴れ馴れしく――」

京太郎「『須賀君』なんて、呼ばないでください」

久「……」

京太郎「……気分が悪いので帰ります。それじゃ」

バタンッ

久「……ぅ……っく……」ポロポロ

久「……ぇっく……まこぉ……」

―――――――――――――――――――

咲「あ、京ちゃん!」

優希「遅いじぇ、犬!!」

京太郎「……悪い、またせた」

和「……本当に待たされました。咲さんの頼みでなければもうとっくに帰っていましたよ」

京太郎「……」

咲「……京ちゃん?」

京太郎「待ってもらったとこ悪いんだが、今日は一人で帰らせてくれないか?」

咲「えっ?」

和「は?」

優希「なんだじぇそれは!!」

京太郎「……わりい……それじゃ」

咲「ちょ、京ちゃん……!」

優希「……なんかあったのか?」

和「……ほんと自分勝手ですね」


咲「私、追っかけるよ!」

優希「咲ちゃん、やめといたほうがいいじぇ」

咲「え、どうして?」

優希「犬にだってセンチメンタルな気分に浸りたいときはあるんだじぇ」

優希「今はそっとして、明日になってからいつも通りに接してやればいいとおもうじぇ」

咲「そっか……」

和「優希にしては珍しくまっとうな意見ですね」

和(咲さん一人を先に行かせるわけにはいきませんからね)

優希「最初の部分が余計だじぇ、こののどっぱいめっ!」プニプニッ

和「やめてください」

咲「あ、それと部長も待った方がいいかな?」

和「別にいいと思いますけど……というか早く帰りたいです」

優希「のどちゃんに賛成だじぇ、お腹もすいたしな!」

咲「そうだね」

―――――――――――――――――――

京太郎「……」スタスタ

衣「それでなー、そのエビフライがなー」

蒲原「ワハハ」

京太郎「……っ」

京太郎「この糞野郎がっ……!!」ゴンッ

衣「ひっ……」

蒲原「な、なんだ?」

京太郎「……なに見てんだよ」ギロッ

衣「ひえっ……」ウルウル

蒲原「こ、衣! 行くぞ!」

スタスタッ

京太郎「……」

京太郎(くっ……なにしてんだよ、俺は……)

京太郎「……っ」

京太郎「なんでだよ……なんで部長が……」

『や、やめやがれ……この……ッ!!』

『もっと本気でぶつかってきなさい……ほら……っ!!』パンパンッ

京太郎「やめろ……やめてくれ……っ」

「おや、須賀君じゃないですか」

京太郎「……っ!?」

京太郎「は、ハギヨシ……さん?」

ハギヨシ「お久しぶりです。合同合宿以来ですね」

京太郎「……え、ええ」

ハギヨシ「……どうかされましたか?」

京太郎「べ、別に……なにも」

ハギヨシ「そうですか」

京太郎「……」

ハギヨシ「……?」


京太郎「……あ、あの」

ハギヨシ「はい?」

京太郎「……」

京太郎「……いえ、なんでもありません」

ハギヨシ「……」

ハギヨシ「……少しお時間はありますか?」

京太郎「えっ……」

ハギヨシ「今日は久々のオフなんですよ。こうして会えたのも何かの縁でしょうし、お茶でもご一緒しませんか?」

京太郎「……い、いえ……遠慮しておきます」

京太郎(正直……今、どんな顔をしてハギヨシさんと話をすればいいのかが、わからない……)

ハギヨシ「……そうですか、残念です」

京太郎「……すみません」

ハギヨシ「……」

京太郎「……んじゃ、これで」

ハギヨシ「ええ、またいずれ」


京太郎「……」スタスタ

ハギヨシ「……須賀君!」

京太郎「……!?」

京太郎「な、なんですか……?」

ハギヨシ「……」

ハギヨシ「……何か悩み事があれば、いつでもお聞きしますよ」

ハギヨシ「それでは……」ペコリ

スタスタ...

京太郎「……」

京太郎(ハギヨシさん……やっぱめっちゃいい人だな……)

京太郎(でもさすがに、こんなこと相談なんてできねえよな……)

京太郎「……帰るか」

―――――――――――――――――――

久「……」トボトボ

久(須賀君……大丈夫かしら……)

久(だ、大丈夫なはずないわよね……あんなもの読んだ後で……)

久「……」ガサッ

久(置いておくわけにもいかないから、持ち帰ってきちゃったけど……)

久「これ……誰が書いたものだったのかしら……」

久「……」

久(字は印刷だったけど、作りの粗さから、素人であることは間違いない……)

久(なによりも、実在の人物の名前を想起させるような登場人物が出てくることがそれを裏付けている……)

久(部員の誰かなのかしら……あの部室に部外者は立ち入ることはできないから、持ち込んだのが部員であることは確かだけど……)

久(一番可能性が高いのは、やっぱり咲かしら……? でも他の三人が全くの白とは言い切れない……)

久「……」

久(これから私、どうすればいいのかしら……)


チャリンチャリン

久「……?」

「部長、ずいぶんと遅い帰りじゃのう」

久「まこ……」

まこ「なんじゃ、呆けた顔して……って」

久「……?」

まこ「どうしたんじゃ……? 泣いとったんか?」

久「え……あ、これは違うのよ……その……」

まこ「……」

久「な、なによ! そんな怖い顔して……何でもないったら」

まこ「……あんたは何でもあるときにいっつもそういうんじゃ」

久「……」

まこ「後ろ乗りんさい。送っちゃる」

久「え、いいわよ……」

まこ「ええからはようせんか」


まこ「……」

久「……」

久(風が涙の跡にしみるわ……)

久「……まこ、どうしてこんなとこまできてたの?」

まこ「ん、ただのサイクリングじゃ。今日は客の入りが思ったよりも少なくてのう」

久「へえ……」

久(もしかしてこの子、心配してきてくれたのかしら……変におせっかいなとこあるから……)

まこ「あんたは生徒会の仕事かの?」

久「うん、まぁそんなとこ……」

まこ「ほうか」

久(まこになら……話してもいいかもね……)

久「……ねえ、まこ。あなた小説って書くっけ?」

まこ「なんじゃいきなり。そんなもん書かん」

久「そうよね……」

まこ「?? なんなんじゃ?」

久「詳しいことは私の家についたら話すわ」

久「だから、ちょっと付き合ってもらってもいいかしら?」

まこ「……どうせ暇じゃし、聞くだけ聞いたる」

久「……ありがと」

まこ「やめい、恥ずかしい」

―――――――――――――――――――

竹井家

久「ただいま……って言ってもお母さんはまだ帰ってきてないけどね」

まこ「お邪魔します」

久「まぁゆっくりくつろいで」

まこ「話があるんじゃろ? 前置きはええから手短に話してみんしゃい」

久「……うん」


~~~~~事情を説明中~~~~~

まこ「――ほう、そんなことがのう……」

久「それで須賀君、そのまま帰っちゃって……私もしばらく、その……」

まこ「べーべー泣いとったわけじゃな」

久「し、仕方ないでしょっ……怖かったんだから……」

まこ「それにしても、あの京太郎に部長を泣かせるだけの迫力が出せるとは意外じゃのう」

久「私だってただのか弱い乙女よ」

まこ「よく言うわい」

久「それで私、どうすればいいのかしら……?」

まこ「まぁ、とりあえず書いた本人を特定せんといかんじゃろ」

久「やっぱそうなるわよね……」

まこ「わしは違うし、部長も書いてないとなると……」

まこ「部員の中に絞るなら、咲、和、優希じゃな」

久「私は咲じゃないかと踏んでるんだけど……」

まこ「でも京太郎はありえないっちゅうたんじゃろ?」

久「ええ、咲にそんな文才ないって」

まこ「まぁ、京太郎の言うことじゃしな。あんま当てにせん方がいいかもしれん」

久「……まこはどう思ってるの?」

まこ「わしは……部外者説じゃな。あまり後輩を疑うのは好かんくてのう」

久「私だってそうよ! でも、仕方ないじゃない……」

まこ「まぁの。じゃが、もし持ち込んだのが部員だとしたら、それは咲なんじゃないかと思うとる」

久「どうして?」

まこ「部室に忘れるなんてヘマ犯すの、あいつくらいしか思い浮かばんからのう」

久「た、たしかに……」


まこ「まぁ、こうしてあれこれ推理するより、個別に聞いて回るのが一番手っ取り早いと思うがの」

久「それはそうだけど……聞きづらいわよ、そんなの」

まこ「じゃが、疑いを晴らしたいんじゃろ?」

久「そりゃそうよ……だけど、部の雰囲気をこれ以上悪くしたくはないし」

まこ「部長らしからぬ弱気な発言じゃの」

久「正直言って部内でこんなごたごたが起こるなんて全く想定していなかったから、ちょっと今混乱してるのよ……」

まこ「しかも当事者じゃしな」

久「私は書いてないからね」

まこ「わかっとるわい」

久「……」

まこ「まぁ、聞くだけならわしがやってもええがの。そのタイミングを決めるのは部長、あんたじゃ」

まこ「じゃが、いつまでも引き伸ばしにしとると、取り返しのつかんことになるからの」

まこ「あんたかて、京太郎に部活辞めてもらいたくはないんじゃろ?」

久「うん……そうね」

―――――――――――――――――――
ガサゴソ...

咲「ない……ないよ!!」

咲「私の書いた京ちゃんとハギヨシさんのBL本『真夏の夜の淫夢――執事と使用人見習いの禁断の関係』がない!」

咲「ど、どうしよう……部室に置いてきちゃったのかな……」

咲「もう学校は閉まっちゃってるだろうから、今から取りには行けないし……」

咲「……そ、そうだ! 和ちゃんに相談しよう」

咲「えっと、携帯携帯……」

ピッ...ポッ...パッ

pr...ガチャ

和「もしもし咲さん、こんばんは」

咲「あ、和ちゃん! い、今時間大丈夫?」

和「はい、大丈夫です。何かあったんですか?」

咲「それが……―――」


和「ご、ごめんなさい……咲さん」

咲「どうしたの? 和ちゃん」

和「その本、部室の机に置きっぱなしになっているところを見たのですが」

和「帰り際にでも咲さんに伝えようと思っていて、ついうっかり忘れてしまっていました……すみません」

咲「し、仕方ないよ……それより……」

和「ええ、部長や須賀君に見られた可能性がありますね」

咲「もしかして、さっき京ちゃんが落ち込んでたのって……」

和「……とりあえず、部長に本を見かけたかどうか確認してみましょう。連絡は私がします」

咲「う、うん。お願い……」

和「それではいったん切りますね」

咲「うん……」

ガチャ

咲「京ちゃんに見られちゃったのかな……」

咲「……っ」ブルルッ

咲「な、なんだか興奮するよぉ……」



prrrrrrr

まこ「部長、携帯が鳴っとるぞ」

久「わかってるわ。……ん?」

まこ「どうしたんじゃ」

久「あら、和から……? 珍しいわね」

まこ「もしかしたら、この本のことかもしれん」

久「そ、そうね……」

ピッ

久「はい、竹井です」

和「部長ですか? 原村です」

久「どうしたの? 和」

和「……部長、今日部室へ行きましたよね?」

久「え、ええ」

和「部室のパソコン脇のサイドテーブルに、文庫本くらいのサイズの真っ白な本があったと思うのですが、見かけませんでしたか?」

久「……」

久(まさにこの本のことね……)

和「部長?」

久「……和、それはあなたのものなの?」

和「……」

和(この口ぶりからして……部長は知っている)

和(本の存在も、その中身も……!)

和(正直に答えれば、咲さんの不利益になりそうですね……)

和「えっと、正確には私のものではなく、私が知り合いから借りたものなのですが」

久「……そう」

和「部長、もしかしてそれ、今持っているんですか?」

久「……和、明日話があるから、放課後に生徒会室まで来てくれる?」

和「部長、私の質問に答えてください」

久「質問には明日答えるわ。それじゃ……」ガチャ

和「あっ……」ツーツー...


咲「―――そっか……」

和「ええ、すみません。肝心な情報が引き出せず……」

咲「いいよ、気にしないで!」

和「とりあえず、私は明日、生徒会室へ行ってみます」

咲「うん、お願い」

和「それではおやすみなさい、咲さん」

咲「うん、おやすみ」

ガチャ

―――――――――――――――――――

まこ「……これで本の持ち主は和で確定かの」

久「たぶんね。まぁ、明日になればわかることでしょうけど」

まこ「わしもついていくぞ。あんただけじゃ心配じゃからな」

久「別に和とやり合おうってわけじゃないのよ? ま、でもお願いするわ」

―――――――――――――――――――

京太郎「……はぁ」

京太郎(部長……泣いてたな……)

京太郎(いや、俺が泣かせた……のか)

京太郎(……いや、部長があんなもの書いてたのがいけないんだろ……!!)

京太郎(それで俺の心踏みにじっといて……泣けば許されると思ってんのか……!!)

京太郎「……」

京太郎「くそ……もう寝よう……っ!」

パチッ

―――――――――――――――――――

翌日

京太郎「……」スタスタ

咲「京ちゃん、おはよう」

京太郎「ん、咲か……おはよう」

咲「具合はどう……?」

京太郎「ん……まぁまぁかな。昨日はごめんな」

咲「ううん、気にしないで。あんまり無理しちゃダメだよ?」

京太郎「わかってるよ、ありがとう……ぁ」

久「ぁ……えっと、その……」

咲「部長、おはようございます」

久「お、おはよう咲……す、須賀君も……」

京太郎「……っ」

咲「あ、京ちゃん待ってよ!」

久「……」

咲「っと……部長、また放課後に」

久「え、ええ……」

タタッ

久「……」ズキン


咲「き、京ちゃん、待ってよ!」

京太郎「……」

咲「はぁ……はぁ……い、いったいどうしたの!?」

京太郎「……なんでもねえよ」

咲「なんでもなくない! 昨日からおかしいよ、京ちゃん」

京太郎「……っ……ほっといてくれ」

咲「……京ちゃん」

咲「……」

咲(あぁ……京ちゃんの思いつめた険しい表情たまんないなぁ!)

咲(今の京ちゃんなら、ハギヨシさんにちょっと優しくされただけでコロッと言っちゃいそうだねっ)

咲(うふふっ……)

―――――――――――――――――――

放課後

コンコン

和「原村です。部長、いますか?」

「いるわよ。入って」

和「……失礼します」ガチャ

久「……」

まこ「よう」

和「染谷先輩まで……いったいどうしたんですか?」

まこ「まぁわしのことはあんま気にせんでええ。それより話すことがあるんじゃろ?」

和「……」

久「……ねぇ、和。昨日の話なんだけど……詳しく聞かせてもらえないかしら?」

和「詳しくとは……?」

久「……わかったわ、単刀直入に聞く。これを書いたのは誰なの?」サッ

和「……」


和(やっぱり部長は知っていた……)

和(昨日咲さんが言っていたように、須賀君がこれを見た可能性はありますね)

和(それで彼が部長に相談し、部長も犯人探しに乗り出した……おそらくこうでしょう)

和(となると……ますます著者は咲さんだとばらすわけにはいかなくなりましたね)

久「……和?」

和「それを書いたのは私です。昨日は嘘を言いました、ごめんなさい」

久「……そうだったの」

和「……」

和(……他の人物を犯人に仕立て上げることもできますが、それだとアラが残る)

和(第一、私が部室に持ってきたということになっているのだから、結局のところ『これを書いたのは誰?』という問いからは逃れられない)

和(咲さんは、不本意ながら須賀君のことが多少なりとも好きなようですし、私がやったことにすれば嫌われる恐れもない)

和(私は彼から嫌われようが一向にかまいませんしね。むしろその方が好都合です)

和「はい……もしかして、それのことを須賀君に知られてしまいましたか?」

久「ええ……」


まこ「こっからはわしが話そうかの」

久「まこ……?」

まこ「あんたにとって、あまり言いたくはないことじゃろうからの」

久「……ええ、ごめんなさい」

和「……どういうことですか?」

まこ「実はの、京太郎はこれを書いたのを部長じゃと思いこんどる」

和「えっ……」

和(しまった……そういうことか)

まこ「部長が部室でこれを拾い上げたところに、運悪く京太郎が鉢合わせてのう」

まこ「今は口も利けんくなっとるんじゃ」

和(なるほど……だから昨日、部長とは別々に戻ってきたのですね)

まこ「じゃから、悪いんだがの、和……本当のことをお前さんの口から京太郎の奴に話してほしいんじゃ」


和「……私の口から……ですか?」

まこ「ほうじゃ……お前さんじゃて、これ以上部長に罪を着せ続けるのはイヤじゃろ?」

和(昨夜の時点でこの事実に思い至っていれば、間違いなくそうしていたんですが……)

和「……そうですね……部長、申し訳ありませんでした」

久「いいのよ、もう過ぎたことだし……ただ……」

和「……わかりました。須賀君には私からお話しします」

久「……ごめんなさい」

和「……部長は悪くありません。悪いのはすべて私です」

まこ「それでな……お前さんの今後の処遇に関してなんじゃが……」

和「じ、処遇……?」

まこ「さっきも言った通りじゃが、京太郎はこのことを知ってかなりショックを受けておってな」

まこ「たぶん犯人が部長から和に変わったところで、部活に出にくいことに変わりはないと思うんじゃ」

和(ま、まさか……)

まこ「退部とはまだ言わん……じゃが、しばらく謹慎してもらうことになるかもしれん」

和「……」

和「き、謹慎……ですか……? 私が……?」

まこ「ああ、申し訳ないんじゃがの」

和「……」

和(くっ……ここまでは考えていませんでした……)

和(謹慎……? それどころか、染谷先輩のいいぶりからして、退部もあり得る……?)

和(そうなったら、私は咲さんともう……)

和「……っ」

久「の、和? 確定ってわけじゃないのよ? 私も善処はするわ。ただ……」

和「……わかりました。処分に関しても甘んじて受けます」

久「和……」

和「須賀君にお話したら、部長にもそのことを伝えます」

和「それでは、失礼します」ガチャ


まこ「和のやつ、意外と素直じゃったの」

久「……ええ、まぁね。でも、私もできる限り謹慎なんてことにはしたくないわ」

まこ「まぁそれはわしも同じじゃ……じゃが、それを決めるのは京太郎しだいじゃの」

久「……そうね」

―――――――――――――――――――

和「……」スタスタ

和(謹慎……そんなの絶対に御免です)

和(咲さんのいない高校生活なんて私には耐えられません……!)

和(かといってもう後戻りはできない……)

和(考えましょう……どうすればすべてが丸く収まるのかを……)

和「……」

和(須賀君は、咲さんの書いた本……あれを一般にどう呼称するのかわかりませんが)

和(ともかく男性同士の同性愛を描いた本ですね……それを見てショックを受けたと、染谷先輩たちは言っていました)

和(正直、なぜなのか理解に苦しみますが……男性は男性同士で愛し合えばいいというのが私の持論ですし)

和(ともかく、やはり一般的には同性愛というものは嫌悪される対象にあるようです)

和(ならばどうするか……?)

和(方法は一つしかありません……その先入観をなくしてやればいいのです……!)

ワーワー

和「……あれ、もう部室ですか」

和(……しかし、今日は部活には参加できそうもありませんね)

スタスタ...

和(咲さん……待っていてください、すぐに戻ってきますから)

和(……家へ帰ったら、先の考えをじっくり検討してみる必要がありますね……)

―――――――――――――――――――

咲「和ちゃん遅いね」

優希「きっとおっぱいが重すぎて動けなくなってるんだじぇ」

咲「あはは、なにそれ」

―――――――――――――――――――
カァーカァー

京太郎(またやっちまった……)

京太郎(……咲にまで当たっちまって……何してんだろうな俺……)

京太郎(もうほんと、このまま部活にも出れなくなっちまうのかな……)

京太郎「はぁ……」

京太郎「……っ」

京太郎「くそっ……俺だって、みんな仲良くいてえよ……けど……」

京太郎「……」

京太郎「誰かに……相談してみるか」

京太郎(けど、誰に……? 誰にこんなこと話せる……?)

京太郎「……ハギヨシさん」

京太郎(……な、なんでよりにもよってこんな時にあの人の顔しか出てこねえんだろうな)

京太郎(俺、そんな友達少なかったっけ……?)

京太郎(まぁこんなときだからこそ、か……)

京太郎(とりあえずメールしてみるか……)ピッピッ


京太郎「……送信っと」

京太郎「とりあえず『相談があります』って送っといたけど……」

prrrrrrrrr

京太郎「で、電話!? つか返事早くないか?」

ピッ

京太郎「もしもし、ハギヨシさん?」

ハギヨシ「はい、ハギヨシです。電話の方が手っ取り早いと思ったので、ご連絡させていただきました」

京太郎「そ、そうっすね」

ハギヨシ「それで、相談とは?」

京太郎「あの……電話じゃアレなんで、昨日の喫茶店で待ち合わせってのはどうですか?」

ハギヨシ「わかりました。こちらの用事がすみましたらすぐに向かいます」

京太郎「すみません、忙しいところ……」

ハギヨシ「なに、急げばほんの2,3分で済みますので」

ハギヨシ「それでは……」ガチャ


京太郎「……ふぅ……やっぱハギヨシさんに連絡してよかったな」

京太郎「っと、俺も遅れないようにいかねえと」

―――――――――――――――――――

喫茶店

店員「いらっしゃいませ。お好きな席へどうぞー」

京太郎(あの窓際の席でいいか……)

「須賀君」

京太郎「は、ハギヨシさん!?」

ハギヨシ「どうも。遅かったですね」

京太郎「は、ハギヨシさんが早すぎるんすよ……」

ハギヨシ「ふふ……すみません、コーヒー二つお願いします」

店員「はい、かしこまりました」

ハギヨシ「あ、もしかしてコーヒーはお嫌いでしたか?」

京太郎「いや、別に大丈夫っすよ」

ハギヨシ「それはよかった」


店員「お待たせいたしました、コーヒーでございます」コトッ

京太郎「どうも」

ハギヨシ「ありがとうございます」

店員「それでは、ごゆっくりどうぞ」

京太郎「……」ズズ

ハギヨシ「おや、須賀君はブラックでお飲みになられるんですね」

京太郎「あぁ、いえ別にブラックが好きってわけじゃないんすけど」

京太郎「ガムシロとかミルクとか入れると、いつもうまい具合にいかないんで」

ハギヨシ「ふふ……なるほど」ズズ

京太郎「……ハギヨシさん、その」

ハギヨシ「ええ、ご相談の件ですね」

京太郎「……はい。話してもいいっすか」

ハギヨシ「はい、最後までちゃんとお聞きしますよ」

京太郎「えっとですね―――」

―――――――――――――――――――

京太郎「―――それで、その小説の登場人物がっすね……その……」

ハギヨシ「はい」

京太郎「俺の名前を一文字もじった奴と……それと……」

ハギヨシ「?」

京太郎「そ、その……ハギヨシさん、っぽい奴だったんすよ。あだ名とかそのまんまで……」

ハギヨシ「あぁ、なるほど」

―――――――――――――――――――

京太郎「―――ってわけっす。なんか長ったらしくなってすみません」

ハギヨシ「いいえ、十分把握できましたよ」

京太郎「それで俺、これからどうすればいいんすかね……どうやって部長に接していけばいいのか……」

ハギヨシ「……ふむ、これは難しい問題ですね……」

京太郎「……はい」

ハギヨシ「しかしこうして私に相談してきたということは」

ハギヨシ「どうにかして今の関係を修復したいと考えている……ということですよね?」

京太郎「……はい」

ハギヨシ「では、何とかなるかもしれません……とても難しいことですが」

京太郎「! なんですか!? 教えてください!」

ハギヨシ「須賀君……あなたが竹井さんのことを許して差し上げればいいんですよ」

京太郎「部長を……許す……?」

ハギヨシ「……」

京太郎「で、でも俺……そんなことできそうになっす……」

京太郎「今朝も部長に会ったんですけど、無視しちゃって……」

京太郎「どうせ俺の子とそういう風にしか見てないんだろ? とか、そんなことばっか考えちまうんです……」

ハギヨシ「須賀君……それは仕方のないことですよ」

京太郎「……」

ハギヨシ「しかし、それでも須賀君が原状への回復を望むのであれば」

ハギヨシ「許す……ということしか解決策はないように思えます」


京太郎「そうっすね……」

ハギヨシ「須賀君、私は決してどちらかの肩を持つわけではありませんが」

京太郎「……はい?」

ハギヨシ「一つ助言を申し上げるならば、竹井さんも悪気があったわけではないと思うんですよ」

京太郎「……」

ハギヨシ「その本を須賀君に対して故意に見せつけたのであればともかく」

ハギヨシ「本を彼女の手から奪い取り、読もうとしたのは……須賀君、あなた自身でしょう」

京太郎「……はい」

ハギヨシ「須賀君……この世界には何十億という人間がいますが、まるっきり同じ人間というのは決していません」

ハギヨシ「それぞれが独自の個性や感性を持っており、中には“少数派”に分類されてしまう方も多くいます」

ハギヨシ「もちろん、他人に対し無差別的に迷惑をかけてしまうような個性は、それ相応の制限を受けるべきと思いますが」

ハギヨシ「やはり人間は欲を求める生き物です。自分の本心に嘘はつけないんですよ」

ハギヨシ「ときには他人のそういった個性を受け入れること……棲み分けや割り切りといった考え方も重要となります」


ハギヨシ「もちろんそれらは容易なことではありません」

ハギヨシ「どうしても受け入れられないというならば、それもその人の感性といえるでしょう」

ハギヨシ「ですが私の目には、須賀君はそういった許容の心を持ちうるだけの強さがあるように見えるのですよ」

京太郎「ハギヨシさん……」

ハギヨシ「あとは須賀君しだいです。自分がいいと思える道を進んでください」

京太郎「……! わかりました! ありがとうございます!」

ハギヨシ「いいえ、この程度の助言であれば、いつでもお聞かせしますよ」ニコリ

京太郎「俺、今からちょっと行くところがあるので失礼します」

ハギヨシ「ええ、コーヒーは今度会った時の貸しとしておきますよ」

京太郎「あ、すんません! じゃ、そういうことでお願いします!」

京太郎「それじゃ!」ダダッ

カランコロン

ハギヨシ「須賀君……いい知らせを期待していますよ」

ハギヨシ「……」ズズ

「……」

(うふふっ……優希ちゃんと私しかこないからって、部活がお流れになって逆によかったよ)

(行きつけの喫茶店でまさかリアル京ちゃん×ハギヨシさんの会話が見れるなんて……!)

(すごく仲よさそうだったなぁ……手つないで一緒にお店を出なかったのが残念だけど)

(いったい何を話してたんだろう……京ちゃんは何で先に帰っちゃったのかな……??)

(でも今のハギヨシさん、京ちゃんがいなくなってちょっぴりさびしそうな顔……うふふふっ)

(やっぱりお互いに好きだって、はっきりわかるんだね……!)

―――――――――――――――――――

原村宅

和「……なるほど……こういった性癖はホモやゲイというのですね」

和「『ホモにさせる方法』っと……」カタカタ...ターンッ

和「ヒットしませんね……ですが……」

カチカチ...

和「ふむふむ……なるほど……」

和「ホモやゲイに目覚めるきっかけとしては、実際に同性同士の行為に及ぶこと……というケースが多いようですね」

和「それも、本人の意思のいかんにかかわらずに……」

和「……これは使えますよ……ふふ」

和「このハッテン場という場所へ須賀君を誘い込み、そこでゲイたちに良いように弄ばれれば……」

和「彼は間違いなく目覚めるはずです……! ホモ……いや、ゲイに……!!」

和「ふふふふ……そうと決まれば作戦を立てなくてはなりませんね」

和「近場のハッテン場は……あ、二つ先の駅にありますね……」

和「ふむふむ……」

和「彼を誘い込むのに私が直接動くのはリスキーですし、協力者を使いましょう」

和「下見も必要ですね……ふふ」

和「待っててください、須賀君……あなたを立派なゲイに成長させてさしあげます……!」


帰り道

まこ「部活、せんでよかったんか?」

久「ええ……問題が解決するまでは活動休止にしようと思ってるわ。自分勝手でごめんなさいね」

まこ「部長はあんたじゃ。好きにせい」

ダダダッ

「ぶ、部長……!」

まこ「……!! なにやつじゃ!?」ブンッ

京太郎「げふっ……!」ドサッ

まこ「あ、京太郎……」

久「え、す、須賀君!?」

京太郎「いてて……染谷先輩ひどいっすよ」

まこ「悪い、ピチピチの女子校生を狙う変質者かと思うてのう」


久「あ、あなた……どうしてここに?」

京太郎「えっとですね……その……」

京太郎「部長! すんませんでした!」

久「……えっ」

京太郎「昨日と……それに今日も、部長に対してひどいことを言って……」

久(もしかして……和が説明してくれたのかしら?)

まこ(よかったの……)

京太郎「俺、部長がどんな趣味もって用が気にしません……!」

久「……は?」

京太郎「たしかにちょっと気持ち悪いな……とは思いましたけど、そういう部分も含めて俺、部長のこと受け入れます!」

久「え……ちょ、ちょっと須賀君?」

京太郎「明日からは部活に復帰させてください! お願いします!」ペコリ

久「……え、っと……」

まこ「話が読めん……和はお前に説明したんじゃないんか?」


京太郎「和……? 和がどうかしたんですか?」

久「き、聞いてないみたいね……」

まこ「うむ」

京太郎「えっと……どういうことっすか?」

まこ「先に言うておくぞ京太郎。これから話すことは事実じゃ」

京太郎「……は、はぁ」

まこ「例の本な。あれ書いたのは部長じゃのうて、和じゃ」

京太郎「……へ?」

久「……ええ、そうなの。きちんと本人から聞いたわ」

まこ「お前は先走って誤解しとっただけなんじゃ」

京太郎「……ぇ」

京太郎「……え、えええええっ!!?」



京太郎「―――ほんっっっっっっと、すみませんでしたァー!!」ザザッ

久「いいのよ、もう終わったことだし」

まこ「まぁ状況が状況じゃったし、仕方ないじゃろ」

京太郎「いや、ほんと俺が全面的に悪いっす……!!」

京太郎「自分だけ被害者ぶって、そんでもって空回りして……ほんと情けないっす……」

まこ「かか、ほんとじゃのう」

久「まこ!」

まこ「へえへえ」

久「須賀君も、もういいって言ってるでしょ? だから顔あげなさい」

京太郎「は、はい……」

まこ「しかし、お前さんが和に聞いたわけでもなく部長に会いにくるとはのう……正直意外じゃ」

京太郎「えっとそれは……まぁ、相談に乗ってくれた友人がいまして」

久「へえ……いい友人を持ったわね」

京太郎「ええ……まぁ」

久「……ふふ」


久「須賀君、お願いがあるの」

京太郎「なんですか?」

久「あのね、あれを書いたのは私じゃなかった……それは事実よ」

久「だけど、それが和になったからと言って、考え方を変えないであげてほしいの」

久「正直……さっきの須賀君、すごくかっこよかったわ」

京太郎「えっ……」

久「自分の限りなく小さい非まで認めて、なおかつ相手を赦す……とても立派じゃない?」

久「まぁでもこれは強制じゃないわ……私からのお願いよ」

まこ「わしからも頼むわ」

京太郎「そんなの……」

京太郎「決まってるじゃないっすか! 和は俺たちの仲間っすよ?」

京太郎「それに、今の清澄からあいつ一人が抜け落ちたら、戦力的に大損失じゃないっすか!」

久「ふふ……そうね。ありがとう、須賀君」

京太郎「いいですって。これは俺が決めたことっすから」


まこ「……」

まこ「お、なんじゃ電話か? もしもし」

まこ「ん……ん……わかった」

まこ「悪いの。急ぎのバイトじゃ。先に帰らせてもらうの」ダダッ

久「え、ちょ、まこ!?」

まこ「また明日じゃー」ダダダッ

京太郎「突然どうしたんすかね……? というか携帯鳴りましたっけ?」

久「さ、さぁ……?」

京太郎「……」

久「……」

京太郎「えっと……」

久「う、うん?」

京太郎「それじゃ、途中まで帰りましょうか?」

久「そ、そうね!」


京太郎「……」スタスタ

久「……」トコトコ

京太郎(な、なんか気まずい……緊張してんのか、俺?)

京太郎(てかなんでこんなに心臓バクバクしてんだよ……っ)

京太郎(さっき部長に『かっこいい』とか言われたからか? ……バカバカしい!)

京太郎(いつもの俺みたいに下らねえ会話のネタ、絞り出せよ……!)

京太郎「き、今日も晴れてよかったっすね!?↑」

京太郎(声……! つか天気の話なんてどうでもいいだろ……!)

久「え、ええ……そうねっ」

久「……」

久(す、須賀君……緊張してるのかしら……? というか私も……? なんで?)

久(す、須賀君なんてただのかわいい後輩じゃない……!)

久(え、いやっ……なに『かわいい』なんてつけてるのよ私ってばっ!! ナシナシ、今のナシ!)

久(……と、とりあえず落ち着け……ひっひっふー……)

久(……)ドキドキ


久(な、なんだろ……私、こんなに須賀君のこと意識したことあったっけ……?)

久(もう、まこってば、なんでいなくなっちゃったのよー……!)

久「……」アセアセ

京太郎(ぶ、部長も緊張してんのかな……?)

京太郎「……」チラッ

久「……!」

京太郎「……っ」バッ

久「な、なに?」

京太郎「い、いえ……なんでも……」

京太郎(くっ……なに目逸らしてんだよ俺……失礼だろ)

京太郎(でも……恥ずかしさと緊張で、部長の顔まともに見れねえ……)

京太郎「……っ」スタスタッ

久「ちょ、須賀君早いわよ……!」


京太郎「す、すんません……」

久「い、いいけど……別に」

京太郎「……」

久「……」

京太郎「……ぁ」

久「あの……」

京太郎「ぶ、部長、先どうぞ……!」

久「え、須賀君でいいわよ……!」

京太郎「いや、レディーファーストってことで」

久「な、なによそれ……まぁいっか」

久「す、須賀君……緊張してる……?」

京太郎「……っ! ば、ばれてました?」

久「バレバレよ……悪いけど」

京太郎「……でも、部長も緊張してますよね?」

久「っ! ……ま、まぁね?」


京太郎「ははっ……俺たち、似た者同士ですかね?」ニヤッ

久「ふふ、かもね」ニコッ

京太郎(あれ……自然と緊張が……)

久(解けていくわね……不思議)

京太郎「なんか少し笑ったら、だいぶ落ち着きました」

久「うん、私も」

京太郎「……なんつーか、ほんといろいろありましたね」

久「あら、お疲れみたいね?」

京太郎「そりゃそうっすよ。ここまで走ってきたんですから」

久「ふーん……須賀君、体力落ちてるんじゃないの?」

京太郎「とある文化部で死ぬほどこき使われてますので、その心配は無用です」

久「はは、それもそうね……これからもよろしく頼むわ、須賀君」

京太郎「え、そこは労うとこでしょ!」

久「ふふ、甘えない」

京太郎「あいかわらずきついっすね、部長は」


久「……でも、須賀君が戻ってきてくれて、本当によかったわ」

久(ほんとのほんとに、ね)

京太郎「あの……迷惑かけてほんとすんませんでした」

久「それはもういいって言ったじゃない」

京太郎「そ、そうっすよね……すんません」

久「ほら、また謝った」

京太郎「あ、はい……なんかその……すm」

久「……もう―――!」ッチュ

京太郎「……んぐっ!!?」

久「……んっ……」

京太郎「……っ……ぷはっ!」

久「ちょ、なんでやめるのよう……」

京太郎「な、なななにしてんすか部長!?」

久「あら、もしかして……イヤだった?」

京太郎「っ! イヤとかそういう問題じゃなくて……!」


久「だって須賀君、いつまでたっても謝るのやめないんだもの」

京太郎「い、いやそれは……」

久「……ふふ、今度謝ったらまたやるからね?」

京太郎「え……じゃ俺、部長に何しても怒られないんすか?」

久「ばか。怒るわよ」

京太郎「えええ、なんすかそれ。それじゃ俺、いつまでたっても許してもらえないじゃないっすか」

久「うん、許さないわよ?」ニコッ

久(私の心を奪ったこと……許さないから)

京太郎「はぁ……冗談に聞こえないっすよ」

久「ふふっ……じゃあまたね、須賀君!」

京太郎「はいはい。転ばないで下さいよー」

久「あんたは私の父親か! んじゃねー!」

タタッ

京太郎「……ふぅ」

京太郎(ほんと自由な人だなぁ……)

京太郎「あ、そうだ……ハギヨシさんにメール送っとくか」

京太郎「『すべてうまくいきました』っと……」ピッ

京太郎「……ほんとみんな、あの人のおかげだよな」

ブブブブブッ

京太郎「うおっ……あいかわらず返信はええな」

『それはよかった。またの機会にでも詳しくお教えください』

京太郎「うーん、部長とのことも話していいのかな……」

京太郎「……なんてな。別に付き合い始めたわけでもねえのに」

京太郎「もしかしたら、からかわれてるだけかもしれないしな。“あの”部長のことだし」

京太郎「……」

京太郎「……ま、今はそれでもいいか」

京太郎「さて、俺も帰ろう」スタスタ



「……」ジーッ



翌日

和「ふぁあ……」

和(昨日は徹夜してしまいました……)

和(とりあえず、作戦は大方決まったので良しとしますが)

和(名付けて『優希にタコス屋に連れてかれると見せかけてからのアッー!』作戦……!)

和(ふふ……実行が楽しみです)

「和ー!」

和「っ!?」ビクッ

京太郎「はぁ……はぁ……間に合った」

和「す、須賀君……」

京太郎「ああ、おはよ」

和「お、おはようございます……なにか用ですか?」

京太郎「いやさ……例の本のことなんだけど」

和「っ!!」

和(な、なぜそのことを……!?)

和「え、っと……な、なんのことだか……」

京太郎「あれさ、気にしなくていいからよ」

和「わたしにはわかr……えっ?」

京太郎「部長からは話は聞いたんだ。部長は無実だってことも、それからその……」

京太郎「あれは和が書いたんだってことも」

和「……あ、あの」

京太郎「でも俺、気にしないことにしたんだ。ああいう趣味があってもいいと思うし、何を書こうが和の自由だもんな?」

和「えっと……」

京太郎「これからも自分に正直でいてくれ。あと、これはできたらなんだけど……」

和「な、なんですか?」

京太郎「俺の名前使うなら、もうちっと捻りきかせろよ? それじゃな!」ダダッ

和「……え、あっ」

キーンコーンカーンコーン

和「……」

和「これは結果オーライ……なんでしょうか?」


宮永宅

父「咲ー、学校行かないのかー?」

咲「うるさいっ! お父さんは早く会社行って!!」

父「わ、わかったよ……」

スタスタ...

咲「……」ブツブツ

咲「ありえないよ……京ちゃんが部長となんて……」ブツブツ

咲「京ちゃんはハギヨシさんが好きで、ハギヨシさんは京ちゃんのことが好きなんだから……」

ビリ...

咲「こんなことありえないよ……っ!!」ビリリッ

咲「……はぁ……はぁ」

咲「へへ……そうだ……」

咲「浮気なんてする京ちゃんは、ハギヨシさんの手でしっかりとオシオキしないといけないね……」ユラッ

咲「京ちゃん……京ちゃん京ちゃん……っ!!」カキカキッ

アッー!


放課後・部室

京太郎「ちっーす」

優希「犬、どうして昨日はサボったんだじぇ!」

京太郎「昨日は部活休止だったんだろうが」

優希「それはおまえのせいだじぇ!」

京太郎「ったく、びーびーうっせえなあ」

優希「なんだとこのー!」

まこ「優希もさびしかったんじゃろ」

京太郎「へえ……お前、俺がいなくて寂しかったのか」

優希「だ、誰がだじぇ!! バカ犬!」

京太郎「いってえよ!」

和「……」


京太郎「おっす、和」

和「……どうも」

京太郎「え、つめたっ!」

和「……」

京太郎(ま、そっけないのはいつも通りってことか……)

和「……」

和(……咲さんどうしたんでしょうか? 今日は部活を休んでお見舞いに行くべきでしたね……)

京太郎「あれ、咲は?」

優希「知らないじぇ。のどちゃんの話だと学校にも来てないらしい」

京太郎「へえ……あとで見舞いにでも」

和「……」キッ

京太郎「……は、和に任せておくか」

和「……ふんっ」

京太郎「あはは……」


京太郎「あとは部長だけだな」

バーンッ

久「お待たせ!」

まこ「やっときたわい」

優希「さて、部活はじめるじぇ」

京太郎「だな!」

久「……」

京太郎「? どうしたんすか、部長?」

久「ううん……なんでもないわ」

久(須賀君……おかえりなさい)

久「よーし……それじゃ、一局打ちましょう!」

「「「「おーっ!!!」」」」




カン