京太郎「犯した女の子の能力を得られるようになりました」

久「・・・は?須賀くん、最近あんまり相手にされないからって・・・」

京太郎「いや本当なんすよ信じてください」

久「うーん・・・しょうがないわね、部長の私が犠牲になるわ」

京太郎「犠牲って・・・」

久「ほら、早く脱いで」シュル

京太郎「はい(素直)」カチャカチャ


久「ん・・・男の子のって初めて見たわ。ずいぶん大きいのね」

京太郎「えっ、部長って処女だったんすか」

久「む・・・悪かったわね処女で」

京太郎「いやそんなことは」

久「全く・・・舐めるわよ」ペロペロ

京太郎「うっ・・・!」ビクビク

久「ひくひしてる・・・可愛い♪」ジュル

京太郎「最近あんまり抜いてないからヤバ・・・」ビクビク

久「さすがに早すぎない?早漏なの?」ジュポジュポ

京太郎「言葉責めも・・・いいっ」ビクビク


京太郎「うぐ・・・もう出る・・・!」ビクビク

久「うふふ・・・どうぞ」ペロペロ

京太郎「うっ!!」ビュルビュルッ


久「顔ベトベト・・・」

京太郎「すいません・・・」

久「ふう・・・これでいい?」

京太郎「いえ、犯さないと意味ないんです」

久「・・・しょうがないわね、これも須賀君のためだわ。一肌脱ぎましょう」パサッ


京太郎「ぶ・・・部長のオマンコ・・・ゴクリ」

久「あら・・・さっき出したばっかりなのにまだ勃ってる・・・元気なのね」

京太郎「部長もずいぶん余裕みたいですけど、濡れてますよここ」クチュ

久「あっ!・・・優しくね?」

京太郎「うおおお部長っ!!!」ズッ

久「ああっ!そんな急に!」ズンズン

京太郎「部長の中気持ちいいっ・・・!」パンパン

久「痛っ・・・でも気持ちっ・・・イイ!」ズンズン

京太郎「部長っ!いいです!」ペロペロ

久「あんっおっぱいだめっ!イッちゃう!」ズンズン

京太郎「イッていいですよ・・・!」モミモミ

久「うっ!だめえええ!」パンパン

京太郎「俺ももうイきそうです・・・!」パンパン

久「来てっ!一緒にイきましょう?」パンパン

京太郎「うっ!出る!!!」ビュルビュルッビュル

久「はぁ・・・はぁ・・・」


久「じゃあ打ってみましょうか。咲と和も呼んできたわ」

京太郎「はい、お願いします」

~キンクリ~

ワカメ「これは驚いた。久の悪待ちみたいじゃった」

久「・・・どうやら本当のようね・・・須賀君、すごいわ」

京太郎「いやー・・・」

久「この調子でたくさんの女の子を手玉に取って能力をゲットしてきなさい!」

京太郎「じゃあ大阪の・・・姫松高校に行くか」




姫松高校

京太郎「どうも、須賀京太郎です」

洋榎「誰やアンタ、何勝手に入ってきてんねん」

京太郎「清澄高校の竹井久さんの部活のメンバーです」

洋榎「ゆっくりしてきーお菓子あるで」

絹恵「お姉ちゃん・・・」


京太郎「さて、誰にしようかな・・・」


代行「どしたん~お知り合い~?」

洋榎「監督!ちょっと話があるそうやで」

説明

代行「う~ん、強くなるために女の子をね~」

京太郎「強くならないと部長や咲に顔向けできないんです、ヤらせてください、オナシャス!」

代行「む~・・・まあ須賀君だっけ?結構ええ男やしええで~」


京太郎(エロいお姉さんやで全く)

京太郎「上脱がしますね」パサ

代行「ウチがや~る~」ジタジタ

京太郎(可愛いなぁー)モミモミ

代行「ん~?須賀君~ウチおっぱいあんまりないで~?でも可愛い~」ナデナデ

京太郎「んっ」チュッチュッ

代行「あんっ、あんまり乳首焦らさんといてや~」

京太郎「ハァハァ」ペロペロ

京太郎「そろそろ下触りますよ」クチュッ

代行「んっ」ビクッ

京太郎「おっぱいだけしか弄ってないのにすごい濡れてる」クチュクチュ

代行「ハァハァ、須賀君うまいな~」ビクビク

京太郎「赤坂さんもすごくエロいですよ」クリッ

代行「そこだめぇ、イッてまうっ」ビクビク

京太郎「どうぞ」クチュクチュ

代行「ああんっ!」ビビクンッ

京太郎「はぁ・・・次は気持ちよくしてください」スッ


京太郎「挿れますよ」グチュ

代行「んっ、ええで~、お姉さんが全部受け止めたる」

京太郎「ふっ!」ズン!

代行「あっ!」パンパン

京太郎「はっ、はっ」パンパン

代行「だめっあっ」ズンズン

京太郎「ふふ、口調変わるほど余裕ないんですね、可愛いっ・・・」ズンズン

代行「そっそんなことっ」パンパン

京太郎「くっ・・・もう出る・・・!」ズンズン

代行「来てっ・・・お姉さんの中にいっぱい出してやっ」パンパン

京太郎「うっ!!!」ビュルビュルッピュ


代行「京太郎く~ん、頑張ってや~♪」

京太郎「はい、また来ます、郁乃さん」

洋榎「なんやあの二人仲ええな」

絹恵「しかもいつの間に名前で呼ぶ仲になったんや・・・」

代行「ふふ、ひみつやで~」


京太郎「さて、次はどうしようかな」

京太郎「風越女子に行くか・・・また女子高だけど・・・」



風越女子

京太郎「どうも、須賀京太郎です」

美穂子「あら、あなたは上埜さんの所の・・・」

池田「須田だっけ?」

京太郎「須賀です、今自己紹介したんですけど」

京太郎「さて誰にしようかな、福路さんがいいなー」チラッチラッ

池田「誰と話してるんだし」


京太郎「いやっほう!福路さーん実はですね!・・・」


  • 説明中-


京太郎「部長からのお願いなんです、ヤラせていただけませんか?」

美穂子「上埜さんのお願いならしょうがないわ、やりましょう」

京太郎「いえーい!」モミモミ

美穂子「きゃっ、誰も取りませんから、落ち着いてくださいね?」ナデナデ

京太郎「はーい」チュパチュパ

京太郎「福路さんのおっぱいおいしいです」チュッチュッ

美穂子「ふふ・・・赤ちゃんみたい」ナデナデ

京太郎「うう・・・もう我慢できない、挿れさせてください」ペロペロ

美穂子「んもう・・・どうぞ」パサ

京太郎「やっぱりおっぱい感じるんですね、もう挿れられます」ズンッ

美穂子「あっ!入ってくるっ・・・!」ズンッ


京太郎「入りました、動きますよ」ズンズン

美穂子「はっ!あっ!あっ!」ズンズン

京太郎「乳首も弄ってあげます」クリクリ

美穂子「はっ、気持ちいいですっ」パンパン

京太郎「くっ、すごい締まりだ・・・」パンパン

美穂子「だって須賀君がおっぱいばっかり弄るから・・・!」パンパン

京太郎「俺はおっぱいが大好きなんですよっ!」ズンズン


京太郎「もうイくっ、中に出しますよっ」
パンパン

美穂子「あん!私もイクっ!」ズンズン

京太郎「うっ・・・うおおお!」ビュッビュルビュルッ


京太郎「福路さん、ありがとうございました。部長によく言っておきます」

美穂子「あ、はい。また一緒に麻雀できるといいですね」

池田「結局何しに来たんだし」


京太郎「よし次だ、新道寺高校へ行こう」

京太郎「新道寺っちゅうとAブロックのほうの出場校か。そういや和やタコスの先輩がいるとか何とか」

新道寺

京太郎「どうも、須賀京太郎です」

煌「おや、見慣れない顔ですね、どちらから?」

京太郎「清澄高校麻雀部です」

煌「というと和達が通っている高校ですね。これはこれは、すばらです!」


京太郎「花田さんに頼もう!」


  • 説明中-


煌「ふむふむ、事情は大体わかりました。でもですねー・・・」

京太郎「和や優希のためにもなるんです、オナシャス!」

煌「むむむ・・・しょうがないですね、お相手しましょう!」

京太郎「すばら!」カチャカチャ

京太郎「あ、ちょっと待ってください・・・まず足で弄ってもらえませんか」

煌「ずいぶんと注文の多い殿方ですね、まあいいでしょう」グリグリ

京太郎「あっ・・・いい!」ビクッ

煌「こんなことをされて興奮するなんて、すばらくなうですね」シコシコ

京太郎「いいです・・・気持ちいいです!」ビクビク

煌「ふふふ・・・」グリグリ

京太郎「くっ・・・気持ちよすぎる・・・」ビビクン

煌「もうイキそうなんですか?はしたない殿方ですね」グリッ

京太郎「うっ・・・出るっ・・・!」ピュッピュッ


京太郎「ふう・・・じゃあ次はこっちがっ!」ガバッ

煌「きゃっ!」

京太郎「ちょっと濡れてますね、弄ってて気持ちよかったんですか?」

煌「そ、そんなことは・・・ひゃん!」

京太郎「どうなんですか?」クチュクチュ

煌「うっ・・・」ビクビク

京太郎「言わないと挿れてあげませんよ?」クリクリ

煌「・・・すばらでしたっ」ビクッ

京太郎「よく言えましたっ」ズッ

煌「きゃっ!そんなっ、突然はっ」ズンズン

京太郎「ごめんなさい、よく聞こえませんでしたっ」パンパン

煌「もう・・・いじわるですねっ」ズンズン

京太郎(可愛い・・・っ)パンパン

京太郎「それにしても喘ぐのにイク気配はしませんねっ」ズンズン

煌「私は、ちょっとやそっとじゃトバないんですよっ?」パンパン

京太郎「そうなんですか、じゃあイカせてみせますよ!」ズンッ!

煌「あっ!さっきより激しいっ」ズンズン

煌「あんっ!あっあっ」パンパン

京太郎「トバないんですよね?じゃあ俺がイクまでイっちゃだめですよ」パンパン

煌「そんなっ、いけずですっ」ズンズン

京太郎「くっ・・・イく・・・!」ズンッズンッ

煌「あんっあっ」パンパン

京太郎「うっ・・・!」ドピュッピュッ


煌「すばらでしたよ、須賀さん」

京太郎「花田さんも良かったですよ。ありがとうございました」

煌「ではまた。すばらっ!」


久「さて、須賀君が帰って来たからもう一度打ってみましょう」

京太郎「もう負ける気がしません」ゴッ

咲「へえ・・・言ったね?」ゴオッ



京太郎は咲さんかわいいを連呼する機械になりました
カン