咲「ロン、8000、ごめんね京ちゃん」

優希「ロンだじぇ! 6300!」

和「須賀君それロンです。12000、あ、飛ばしちゃいました」

京太郎「」

久「いやー、これは酷いわね」

まこ「狙ってもいないのに狙い撃ちにされるとかある意味能力なんじゃないかの?」

京太郎「うう、毎日打ってるのに一度も勝てない…」

久「あ、落ち込みだした」

咲「きょ、京ちゃん、元気出して。ほら、練習すればもっと上手くなるよ」

まこ「そうじゃぞ。最初からうまい奴なんておらん。精進あるのみじゃ」

京太郎「ネット麻雀なら勝率半々くらいだから才能あるかもって思ってたのに」

優希「犬がなんか言ってるじぇ」

和「凄いですね須賀君。寝言を起きてても言えるんですね」

京太郎「」

咲「ふ、二人とも言いすぎだよ! 確かに京ちゃん牌効率全く分かってないし危険牌平然と切ってくるし素人だってもっと考えて打つと思うけど京ちゃんだって頑張ってるん

だから!」

京太郎「」

久「咲、あなたが一番追い込んでるわよ」


自宅

京太郎「……」カチカチ

京太郎「……」カチカチ

京太郎「……! ロン! しかも四暗刻!」カチ

京太郎「ハハ! やっぱりネットなら勝てる! しかも今回は断トツ!」

京太郎「…なんで実際には勝てないんだろう?」




京太郎「……いかん、いかんぞ須賀京太郎! このままでは唯一の男子ポジションにも関わらずいつのまにか存在を忘れられた空気みたいな扱いを受ける!」

京太郎「それだけは回避しなくては!」

京太郎「よし、そもそもの原因を考えてみよう」

「ネットなら勝てるのに部の皆相手じゃ勝てない。この違いは何だ?」

「和は愛用のぬいぐるみを抱き抱える事でネットと同じくらい強くなった」

「なら和みたいにエトペンでも持ってみるか?」

「……和のエトペン……」グヘヘ

「ハッ、駄目だ妄想してる場合じゃない」

「大体俺にお気に入りの縫いぐるみなんてないし」

「何でリアルで勝てないかを考えないと」

「……もっと対人戦の経験を積むか。そういや染谷先輩の実家って雀荘だったな」

「明日は休みだし行ってみるか」


休日

ザワザワ

京太郎「ここか」

キィ、バタン

イラッシャイマセー

京太郎(うお! やばっメイド可愛い! あの子なんて和くらいの戦闘力か?)

あっちの子は……咲くらいか…)フッ

京太郎(って違う! 今日は真剣に麻雀しに来たんだった!)

京太郎(えーと1人だし何処か空いてるとこは)

京太郎(お、あそこが空いているな)


咲「うーーん! さっきのパスタおいしかったね原村さん!」

和「ええ、宮永さんが頬にソースつけても気付かないくらいおいしかったですね」

咲「あ、あれは忘れてよ!?」

和「フフッ」

咲「んもう。でも偶然だね、二人とも偶々買い物の途中で会うなんて」

和「ええ本当。『偶然』ですね……」フフフ

咲「? 何か言った?」

和「いいえ何でも」フフフ

咲「そうだ! せっかくだしこの後麻雀しない?」

和「いいですね。この近くで打てるところと言うと……染谷先輩の実家の雀荘がありますね」

咲「じゃあ行こっか」


カランカラン

咲「ん? あれは……」

和「どうしました?」

咲「あそこにいるのって京ちゃんじゃない?」

和「え? ああ、言われてみればそうかもしれませんけど」

咲「ちょっと見てみよっか」

和「……宮永さんがそういうのなら」

和(フウ、須賀君は牌だけじゃなく空気も読めませんね)

和(でももう宮永さんは須賀君の後ろに行ってますし私も行かないと)

和(さて、状況は……既にオーラスですか)

和(対戦相手は三人とも女子大生くらい。しかも打ち筋からみるに完全に素人ですね)

和(これならいくら須賀君でも……って何で安牌があるのにそんな危険牌を!?)

女A「あ! それロン! 一気通貫ってやつよね? やったぁ!」

京太郎「……」

女B「これで終わりね。やー、麻雀なんて初めて打ったけど結構楽しいわね」

女C「じゃあねー学生君! 楽しかったよ―」ヒラヒラ

バタン

キャハハ、ヨワイヒトデヨカッタネー、アハハ

京太郎「……」


京太郎「……」ギィ、クルッ

京太郎「! 咲、和も、か」

咲「あ、きょ、京ちゃん……その、ごめん」

京太郎「……見てたのか」

咲「盗み見るつもりじゃなかったんだけど」

京太郎「……いや。別にいいよ」

和「須賀君」スッ

京太郎「和? どうかしたのか?」

和「さっきのアレはもしかしてわざとですか? 初めて麻雀を打つ相手だったから手加減をしたとか花を持たせたとかですか? だったら…」

京太郎「……いや。真剣に打ったよ。真剣に打って、そして負けた」

和「……そうですか」


京太郎「二人はこれから打つのか? 俺はもう終わったから先に帰るな」

咲「あ、京ちゃん。もしよかったら一緒に」

京太郎「悪い咲。今日はもう十分打ったからさ」

京太郎「それに……多分お前らと打っても負けるだけだ」ボソッ

和「……須賀君。大丈夫ですか?」

京太郎「ああ、大丈夫だ。ともかく俺はもう十分打ったから帰るよ。また明日な」

キィ、バタン

まこ「京太郎は帰ったか」

咲「染谷先輩…」

まこ「わしが見たのは途中からじゃったが酷いもんじゃったぞ。

さっきの女子大生の前には中学生くらいの子たちとも打っておったようだがそちらもボロ負け」

まこ「知り合いには見られたくないだろうと思って隠れてはいたんじゃが」

和「私達が見てしまったと……」

咲「京ちゃん……」

まこ「今は1人にしてやろう」


自宅


京太郎「……」カチカチ

京太郎「……」カチカチ

ツモ、チンイーソー

京太郎「やっぱり勝てる……。戦績は、2勝2敗か」

京太郎「でも部活では、いや部活だけじゃない。今日の雀荘でもやって分かった」

京太郎「きっと俺は……いくら努力しても咲達には勝てない」

京太郎「でも、もしそうだとしたら」

京太郎「俺が部活やってる意味あるのか?」


久「っふう。今日はこのくらいにしときましょうかね」

まこ「そうじゃな」

優希「うがぁー、タコス分がもうないじぇ~」グデー

咲「優希ちゃん、だらしないよ」クスクス

京太郎「……」カチカチ

和(……須賀君、今日部活に来てからずっとネット麻雀をしてる)

和(部活に来てたのは良かったけれどやっぱりこの前のひきずってるのかしら)

京太郎「……あ、負けた。これで3勝2敗か」

京太郎「ええっとチャットでお礼を。シンタロウさんへ。練習付き合ってくれてありがとうございましたっと」

京太郎「あ、返事。こちらこそ。そっちも練習頑張れよ、か」

京太郎「……フフ。さて、次は誰とやるかな」

和「……」

和「須賀君?」


京太郎「ん? なんだ和?」

和「良かったらこの後に麻雀の指導しましょうか?」

咲「……!?」

咲(え? 原村さん、今京ちゃんの練習付き合うって言った?)

咲(この後って部活の後? 私達がいなくなってから部室で二人きり? 若い男女が密室に二人だけ?)

咲(そう言えばこの前読んだ小説だと閉じ込められた二人がだんだん近くに寄っていって最後には……)

咲(…だ、駄目! 何が駄目かよく分かんないけどとにかく二人っきりは駄目!)

咲「きょ、京ちゃん! 練習なら私も一緒n」

京太郎「あー、悪い。遠慮しとくよ」

咲、和「え?」

京太郎「和も咲ももうすぐ団体だろ? 俺との練習に時間付き合ってちゃ勿体ないだろ?」

咲「な、何言ってるの? ソレを言うなら京ちゃんだって個人戦があるじゃん」

和「そうですよ。努力しないでいたらいつまでたっても強くはなれません」

京太郎「……いいんだよ。俺の事はほっといて」

咲「でも京ちゃん」

京太郎「いいんだって。どうせ俺はいくら頑張ってもお前らには絶対勝てないんだから」

和「……っ!」パアン

一同「!?」


咲「っ!? は、原村さん!?」

京太郎「……」

和「……取り消してください」

京太郎「…え?」

和「さっきの科白です。『いくら頑張っても勝てない』と言う言葉です」

和「努力が意味を為さないなら私達は何のために練習してるんですか?」

京太郎「……」

和「私はオカルトは嫌いです」

和「でも努力しない人はもっと嫌いです」

京太郎「……」ダッ!


咲「あ…京ちゃん!」

和「宮永さんほおっておきましょう。あんな人はもう知りません」

咲「でも!」

久「和の言うとおりよ咲。自分から前へ進む気持ちを失くしてしまったのならば何を言っても心に届かないわ」

優希「でも、それってきびしくないか?」

まこ「しかたなかろう。ああいうのは自分でどうにかしなければならん」

まこ(しかしこのままでは危ういのも確か。雀荘の件、皆にも話しておくべきか?)



タッタッタッタ

京太郎「はあ…はあ…」

京太郎「…なんのために練習してるか…か」

京太郎「……ハハ、そりゃ勝てる可能性があるんならやるさ」

京太郎「でも全く勝てる気かしないんだよ」

京太郎「いくらやっても、全然! アイツらには勝てる気がしないんだよ!」

京太郎「……何やってんだ俺…」

京太郎「……もうすぐ県大会。俺は個人戦」

京太郎「……結果なんて分かり切ってる」

京太郎「だったらやる意味なんて」



『努力しない人はもっと嫌いです』



京太郎「……和のやつ。本気で怒ってたな」

京太郎「…………出るだけ出るか」


大会当日


久「さて、今日はいよいよ全国へ向けての県大会決勝。相手は強敵ばかりだけど皆、飲まれないようにね」

咲「はい」

和「分かってます」

優希「まかせるじぇ~」

まこ「ま、なるようになるじゃろ」

久(うん。皆良い具合にほぐれてる。これならイケる!)

久(……問題は)

京太郎「皆頑張ってくださいね! 俺は個人戦あるんで応援出来ませんけど必勝願ってますから!」グッ

久(やっぱり彼よね)


優希「おう! 京太郎も頑張るじぇ~!」

京太郎「お前こそタコス忘れたり誰かにくわれたりすんなよ?」

優希「むうー、そんな奴いないじぇー!!」

京太郎「ハハッそっかあ?」

久(あの日はどうなるかと思ったけど予想に反して次の日も平然と彼は来た)

久(流石に皆も遠慮してたのかあまり勝負に誘うような事は無かったけどあの明るさは何?)

久(立ち直ったのならいい。でももし自棄になってるのだとしたら)

久(……駄目ね。こんなんじゃ部長失格。大会が終わったらしっかりフォローしないと)


ウリウリウリイイイ、イ、イタイジェエエエエエ

咲(京ちゃん、部活には来てくれるけど麻雀は全然やろうとしてない)

咲(京ちゃん、私を麻雀部に誘ってくれたのは京ちゃんなんだよ?)

咲(麻雀が楽しいって分かるきっかけを作ってくれたのは京ちゃんなんだよ?)

咲(京ちゃんはどうなの? 今の麻雀は楽しくないの?)

咲(……よし! この大会終わったら京ちゃんに麻雀を色々教えてあげよう)

咲(そうすればきっと京ちゃんも勝てるようになって楽しめるようになるよね!)



和(宮永さん、やっぱり須賀君を心配しているみたい。確かにあんなふうに負け続けてるのを見たら麻雀を続けられるかもわからない)

和(私もあの時頭に血が上ってたとは言えあんなこと言っちゃったし)

和(なのに須賀君は次の日私が謝った時『あれは俺の方も悪かった』って気にしてないみたいだった)

和(正直言えば私は須賀君が麻雀を嫌いになってやめてしまうんじゃないかとすら思ったのに、意外にも須賀君は一度も部活を休まなかった)

和(それどころか雑用も前より進んでやるようになったみたいだし)

和(ゆーきはもう須賀君が立ち直ったと思ってるみたいだけど多分違う)

和(……もし須賀君がやめてしまったらやっぱり影響がでるのかしら。宮永さんにも、ゆーきにも、……私にも?)


久「よし。とにかく目標は当然優勝! 全国を狙うわよ!」

一同「おー!」

京太郎「………」

優希「ん~? どうした京太郎?」

京太郎「いや、俺にとって目標は全国じゃないなあ、と思ってさ」

優希「ならなんだじぇ?」

京太郎「え?」

優希「だから犬の目標はなんだじぇ?」

京太郎「……目標」

京太郎「………俺の、目標……」

咲「? どうしたの京ちゃん?」

咲(なんで急に私のほうみたんだろ?)

京太郎「……一勝したい」

京太郎「僅差でもいい。運でもいい。安い手でもいい」

京太郎「ただの一度でいい。一度勝てればそれでいい」

京太郎「俺は一勝したい」

咲、和「……」

優希「犬は謙虚だじぇ~」

京太郎「そっか? ありがとうな」ナデナデ

優希「わ、わわ! 頭撫でるな!」

京太郎「悪い悪い。じゃあ行ってきます」

久「ええ。もし私達が先に終わったら応援に行くから」

京太郎「あはは、それじゃ意地でも負けられませんね」スタスタ

咲「あ……」

咲(なんでだろう。離れていく京ちゃんがいつもと違って見えたのは)


只今から男子個人戦一回戦を始めます

京太郎(……目標。一勝…)

京太郎(……そっか。そうだよ)

京太郎(簡単なことだったんだ)

京太郎(正直、わざと負けようかとすら思ったこの大会)

京太郎(でも分かった。俺は『勝ちたい』んだ)

京太郎(能力が何だってんだ。それに縛られてたらいつまでも咲達には勝てない)

京太郎(可能性がない? それが何だってんだ? おれはアイツらに勝ちたいんだ!)

京太郎(だったら)

???「フフフ、ついにきたで。ワテの友情パワーを見せる時が! 見てておくれやすーシn」

京太郎(こんな奴に負けてられるか)





女子団体決勝

「優勝は清澄高校!!」

ワーワー、キャーキャー

久「やったわね」

まこ「これでわしらも全国か」

和「宮永さん、凄い……」

咲「うん。ありがとう……? あれ? 京ちゃんは?」

優希「京太郎? 来てないじぇ?」

まこ「男子の個人戦は試合数が多いから遅れてもおかしくないが、まだ来ないと見ると勝ち残っとるのかの?」

優希「もしかしたら負け犬になって部屋の隅でガタガタ震えてるだけかもしれないじぇ?」

咲「そ、そんなこと、ないと……いいんだけど」

和「心配ですね」

久「じゃあ皆で身に行ってみましょうか」


スタスタ

久「とは言えもし須賀君が決勝まで勝ち残ってたとしても正直全国は無理でしょうね」

和「部長、酷くないですか?」

まこ「いや、和よ。部長も何も意地悪でいっとるのではない。単純に京太郎では勝てん相手がいるからじゃ」

優希「京太郎が勝てる相手のほうがすくないじぇ」

久「まあ冗談じゃなくてね、長野の個人男子には3強と呼ばれる三人がいるの」

久「個人で全国に行けるのは三人までなんだけどこの2年間、その三人が外れた事は無いわ」

咲「そ、そんなに強いんですか?」

まこ「強いなんてもんじゃない。なんせその三人はそのまま全国でも1位から3位までを独占しとるからの」

久「あまりに強いから男子の方はルールが一部改正されているくらいよ」

和「え!? と言う事は実質全国最強の三人がここにいるってことですか?」

久「そう、阿佐田、アカギ、傀。この三人は既にプロ級の腕を持っているの」






男子決勝

久「さて、誰がいるかしら、ってあれ?」

咲「? 三強って言うのは皆同じ顔なんですか?」

まこ「そんなわけなかろう! 全員別人じゃ!」

和「三つ子でしょうか? 学校も名前も聞いたことないですけど」

優希「あの量産ヅラ達そんなに強いのか?」

久「三強が、負けた? あの三強を倒すだなんてあの三つ子何者?」

咲「最後の1人は……京ちゃん?」

和「嘘? 決勝まで残ってる?」

まこ「信じられん……」



三つ子A「ワリイな、チー」カチャ

三つ子B「兄貴それポン」

三つ子C「ほいよ。お、お前のもポンだわ」

三つ子A「ありゃ、やるなC」

三つ子C「はい和了和了っと」

三つ子B「次でオーラスだな」


優希「あの三人ずるいじぇ! 同じ学校だからって明らかに手を組んでるじぇ!」

まこ「個人の全国枠は3つ。つまり京太郎さえ負かしてしまえば自動的に三人とも行けるとは言えあまりにもあからさまじゃのう」

和「お互いの欲しい牌を渡しあってあっという間に役を作ってますね。三つ子だから出来る事でしょうか」

久「でもそれは決勝で三人そろったからよね。正直あの三強を倒せるほどの雀力とは思えないんだけど」

咲「……」

和「宮永さん? どうしました?」

優希「京太郎が気になるじぇ?」

咲「ううん、京ちゃんも気になるけど、さっきから変な感じがするの」


和「宮永さん? どうしました?」

優希「京太郎が気になるじぇ?」

咲「ううん、京ちゃんも気になるけど、さっきから変な感じがするの」

和「変な感じ、ですか?」

咲「うん。そこにあるはずの牌がいつの間にか移動しちゃってるような感じ」

まこ「!?」

久「それってまさか!?」

優希「む? どういうことだじぇ?」

まこ「咲よ。それはいままで感じた事はあるか?」

咲「いえ、ないです。この試合が初めてですけど……」

久「なるほど、それならあの三強が負けたのも頷けるわ」


咲「何かわかったんですか」

まこ「恐らくじゃが、あの三つ子はイカサマをしとる」

優希「あの量産ヅラ達ズルしてるのかっ?」

和「え? イカサマなんて、ありえません! あそこはカメラが何台も設置されているんですよ? そこでイカサマなんて…」

まこ「じゃから恐らくといったじゃろう。どうやっているのかは知らんが咲の言うとおり牌が動いているのなら奴らがやっているとしか思えん。京太郎はそんな器用な事出来んじゃろうしな」

咲「だ、だったら報告しないと」

???「無理だな」

咲「え?(誰? この黒いシャツの人?)

???「サマはバレなきゃサマとは言えねえ。例え何かしてると分かってもそれがどういうもんか分からねえならこっちには手の打ちようがねえさ」

和「そ、そんな、須賀君はもう800点しかないんですよ? 」

???「それで負けちまうならその程度の男だったってだけの話だ」スパー


ジャラジャラ

三つ子A「ほらあんたが親だぜ清澄のスガ君?」

三つ子B「並みの役じゃあ逆転は不可能だけどな」

三つ子C「まあ役をつくろうと手を待ってたらその間に俺達が和了しちまったらそこで終わりだけどな」

三つ子「「「ハハハ!」」」

京太郎「………」

ジャラジャラ

ジャラジャラ

京太郎「……」フウ

京太郎「やっぱりな」

三つ子「?」

京太郎「男子の決勝」

京太郎「点差は3万以上」

京太郎「おまけにオーラスで3人はグル」

京太郎「もうほぼ詰んでる状態だってのに」






京太郎「あんた達には負ける気がまるでしない」

パタタ

京太郎「和了。ツモのみ」


咲「!?」ゾクッ

優希「安っ!」

まこ「かっこつけたみたいじゃがなんとまあ安手で」

和「でも取りあえず首は繋がりましたね」

久「これで流れが変わるといいんだけど」

咲(何? 今の感覚、京ちゃんから?)



三つ子A「へえ運がいいな」パチ

三つ子B「でもそんな安手じゃ追いつくことすらできねえぜ」パチ

三つ子C「それともクズ手で八連荘でも狙うか?」パチ

京太郎「……」

パタタ

京太郎「和了。ツモのみ」

三つ子「「「え?」」」


まこ「ま、まさか……」

久「本気で狙う気?」

優希「あの京太郎が?」

和「まるで別人みたいですね」

咲(やっぱり、さっきの感覚は京ちゃんから……)

咲(でもなんで? 今まで一度も京ちゃんからあんな気配を感じた事ないのに…)

京太郎「和了。ツモ、七対子」

三つ子A(あ、ありえねえ。あれからマジで連荘してやがる!?)

京太郎「……」カチャカチャ

三つ子B(どうする? 次和了られたら八連荘、役満で負けちまうぞ?)

三つ子C(こうなったら何が何でも奴に牌を引かせるな)

三つ子A(つまり危険は承知でサマをやってアイツが牌を引けないようにすればいいんだな?)

三つ子B(そしてついでに俺達の誰かが和了ってしまえばそれで終わりか。よしそれで行こうぜ)

三つ子A(ともかくアイツが最初に牌を切ったら速効だ。もう二度とアイツに牌をツモらせるな)


???「…お」

咲「…あ」

京太郎「……」ピタ

三つ子A「おいどうした、速く牌を捨てろよ」

京太郎「いや、なんか色々やろうとしてたみたいだけど」

パタタ

白白白發發發中中中北北北南南

三つ子A「」

三つ子B「」

三つ子C「」

京太郎「やっぱりあんた達には負ける気がしない」


和「……すごい」

久「ここに来て…」

咲「あれ、本当に京ちゃん?」

優希「じぇ~…」

まこ「こりゃホントにホンモノか」

スタスタ

京太郎「あ、女子もう終わったのか? どうだった?」

咲「え? あ、うん。優勝したよ」

京太郎「お、やったな! これでうちの部は全員全国行きってわけだ」

久「い、いやいやいや!? ちょっと待って!? 京太郎君? さっきの試合何?」

京太郎「? 何って?」

まこ「いや何故お前がとぼける? あんな実力あるならどうして部活でやらんかった?」

京太郎「ああ、それは……」

???「よう」

京太郎「あ、ども」ペコリ

???「見てたぜさっきの試合。正直簡単に負けられたら俺達の立つ瀬がなかったしな」

京太郎「いやあ、途中までイカサマしてたみたいだから『もしかして負けるかも』とおもったんですけど、やっぱりアイツらには負ける気がまるでしなかったんで」

???「…負けなかったな」

京太郎「ええ。『残念なことに』」

???「ッフ、そうか。じゃあな。俺達はもう引退だがまたどっかでブとうぜ」

スタスタ

久「…須賀京太郎君? ちょっといいかしら?」

まこ「なんであの人と知り合いみたいな雰囲気なんじゃ?」

京太郎「え? いやだって今日対戦した相手ですし」

久「」

まこ「」

京太郎「?」


まこ「まさか勝ったのか?」

京太郎「当たり前じゃないですか。だから決勝に行ったんですし」

久「う、ウソでしょ? だってあの人三強のうちの1人よ!」

京太郎「三強? ああ、だからさっきの三つ子よりもずっと強かったんすね。他にも二人同じくらい強かった人がいましたけど」

まこ「は?」

まこ(え? まさかコヤツ三強全員と戦って勝ち残ったのか?)

優希「す、凄いじぇ京太郎! 実はそんなに強かったのか!?」

和「驚きました。ええ、ホントに。でも逆に腹立たしくもあります。どうして私達と打っているときはあんなに弱かったんですか?」

京太郎「ああ、それか。いや、正直俺自身信じたくなかったんだけど」

京太郎「俺は女の子相手だと絶対に負けるらしいけど」

京太郎「男相手だと絶対勝てるらしい」

一同「」



『ネット麻雀なら勝率半々くらいだから才能あるかもって思ってたのに』

『俺はお前らには絶対勝てない』

和(前にそんな事を言っていたような気がするけど)

和(それって男女比として半々ってこと!?)

和「そんなオカルトありえません!」

京太郎「そう言われてもなあ。何故か相手が俺よりもど素人の子にも勝手に負けちゃうし」

京太郎「さっきの黒シャツの人みたいなすっげえ強い人に勝てちゃうんだぜ?」

和「」

咲「で、でも凄いね京ちゃん! 目標の一勝どころか優勝までしちゃうなんて!」

京太郎「……いや。まだ目標は果たせてねえよ」

咲「え?」



京太郎(俺の能力が本物ならつまり幾らやったって負ける相手には負けて勝てる相手には勝てるってことだ)

京太郎(そんなの麻雀じゃない。ただのデモンストレーションみたいなもんだ)

京太郎(それが分かったら急に麻雀がつまらなく思えた)

京太郎(だから麻雀している相手の性別が分からないネトマに逃げた)

京太郎(勝つか負けるか分からないそれが面白くて逃げた)

京太郎(ソレだって一度戦ってしまえば性別が分かってしまう。いい加減に嫌になった)

京太郎(今日の試合だってもしかしたら俺の能力の推測が間違ってて誰かが俺に勝つんじゃないかとか思った)

京太郎(誰にも『負けなかったら』麻雀を止めようかとすら思った)

京太郎(でも、やっぱり、俺は)

京太郎「俺が言った一勝ってのはな咲」

咲「?」

京太郎「お前たちに勝ちたいんだよ」



後日


咲「ロン!」

和「ロン!」

優希「ロン!」

咲「ロン!」

和「ロン!」

優希「ロン! あ、飛んだ」

京太郎「」



咲「…ねえ京ちゃん、ホントにわざとじゃないの?」

京太郎「」コク

和「やっぱり信じられません。相手によってこんなに強さが変わるなんて」

和「……決勝はあんなにカッコよかったのに」ボソ

咲「!? え、ええ!?」

優希「こりゃライバル登場かー?」

咲「うええ!?」

京太郎「? さっきから何叫んでんだ咲?」

咲「な、何でもない!」

京太郎「何でもって」

咲「何でもない! そんなことより!」

咲「京ちゃん! いくらなんでも弱すぎない!?」


カン!