京太郎「あ、宥さん」

宥「きょ、京太郎くん。おまたせ、待たせちゃったかな?」

京太郎「いえ、俺も今来たところなんで気にしないでください」

宥「そうなんだ、よかったぁ…」

京太郎「それよりも宥さんの方こそ大丈夫なんですか?なんか顔色が悪そうに見えるんですけど…」

宥「ぅ、うん…。クリスマスはやっぱり寒くて…」ブルブル

京太郎「ふんふむ…」

宥「急いで出てきたからホッカイロとか忘れちゃって…」

京太郎「んー…じゃあこうしましょう」


ギュッ


宥「ふぇっ!?きょ、京太郎くん!?」

京太郎「こうやって抱き合えば俺の体温が宥さんを暖めてくれる筈です」

宥「で、ででも…はっ、はずかし……」

京太郎「ん…」


ホッペタピトー


京太郎「うわっ、宥さん顔すごい冷たいですね」

宥「あ、わわ…うぅ……もぅ」


カン!