三本の斧

むかしむかし、森の中の泉のほとりで、青年が木を切っていたそうな。

ところが青年は、手を滑らせて鉄の斧を泉に落としてしまったのです。

京太郎「参ったな、薪が無くっちゃカピーが凍えちまう」

すると泉が光を放ち、美しい精霊の姉妹が出てきたではありませんか。

照「京ちゃん。あなたが落としたのはこの金の斧?」

咲「それともこの銀の斧かな?正直に答えたら私をお嫁さんにプレゼント!」

照「いや、お嫁さんになるのは私だから…」

咲「京ちゃんの嫁は私に決まってるでしょ!」

京太郎「えぇ…」

青年は、いきなり嫁だのなんだのと言われて答えに窮してしまいました。

そこで彼は一計を案じます。わざと欲をかいて嫌われようと思ったのです。

京太郎「全部の斧をよこして、ふたりとも俺の嫁に来るならいいぞ」

照「…本当にそれが望みなんだね?京ちゃん」

咲「はい言質取ったよ!咲ちゃん今の発言を録音しました!」

京太郎「………は?」

…こうして青年は金銀鉄の斧を手に入れ、ふたりの精霊姉妹を娶ったんだとさ。

それから彼は鉄の斧で森を切り開き、カピバラ農園を作って大成功を収めました。

咲「京ちゃん、今晩は私としようね♪」

照「次の晩は、私と朝までずっと…」

京太郎「ま、待ってくれ!毎日忙しいから、せめて週末は休ませて…」

咲「…え?その日は私とお姉ちゃんと三人で、一日中愛し合うんだよ」

照「ふふ…京ちゃんってば姉妹独占なんて、欲張りさんなんだから」

京太郎「ちょ、待っ…嬉しいけどこれはキツい!助けてくれカピー!」

カピー「キュー?」

子宝にも恵まれた彼は、ふたりの妻と沢山の子孫、カピバラと幸せに暮らしました。

そして三本の斧は、今でも青年の家に受け継がれ、仲良く飾られているそうですよ。

カン!