インハイ後。夏休み。清澄高校旧校舎。

咲「へー。優希ちゃんは、自分が京ちゃんに大事にされてないって思ってるんだー」

優希「だって。のどちゃんにはいつもでれでれしてるし、咲ちゃんはお姫様扱いだけど、私の扱いだけぞんざいなんだじぇ」

和「貴女の姿勢に問題があるのでは――」

優希「ぐはっ。のどちゃん、私との友情はなんだったんだじぇ」

和「はいはい須賀君が悪いですねなんて、不誠実なこたえはできません」

咲「和ちゃんはそう答えるよね」

優希(咲ちゃんとのどちゃんは仲が良いじょ…… ふたりは私より麻雀強いし、頭もいいし、京太郎との距離だって……)グスン



咲「ねえ、優希ちゃん。ちょっと私のうちに来ない? 京ちゃんのことで言いたいことがあるの」

優希(京太郎のこと。もしも身を引けって話なら……。咲ちゃんが強敵でも、不戦敗だけはしたくないじぇ)

和「咲さん、その話、私もうかがっていいですか?」

咲「和ちゃんも、京ちゃんの話に興味があるの?」

和「ありますよ。同じ部活の仲間なんですから」

優希(いまのフェイントはちびりそうだったじぇ。もしのどちゃんもあいつを好きだったら)

和「正直なところ、どういう風に接していいのか、いまだに戸惑っているんです。須賀君はまったく――いえ、あまり悪くはないのですが」

咲「京ちゃんがちょっとだけ悪いところはおっぱい属性かな」

和「はい」

優希(咲ちゃんや和ちゃん、あいつを好きかはわからないけど。ずいぶん信用してるんだな。胸に目が行く癖以外に悪いとこはないって言い切れちゃうくらい)

咲「それじゃあ、今日の部活後でいいかな。私の話はすぐ終わるから」

和「はい」

咲「優希ちゃんも? なんか黙り込んじゃったみたいだけど」

優希「お、おうっ。どんとこいだじぇっ」



宮永家前

和「ここが咲さんのおうちですか」

優希「これからは外で迷ってる咲ちゃんを見つけても安心だなっ!」

和「もう少し目立つように装飾してみたらどうでしょう」

咲「友達の家について、ほかになにかコメントはないのかな。それから、和ちゃんは、美人で優しくて物知りで頼りになる人だけど、ジョークのセンスだけはないと思うよ」

和「のどっちジョーク。ネット麻雀の掲示板ではバカ受けなのですが」

咲「インターネットの暗黒面はんたーい」

優希「バカ受けって表現もセンスないじぇ」

咲「うちにあがる前に、ちょっと寄り道に付き合ってくれるかな」

優希「咲ちゃん、大丈夫なのか?」

和「スマートフォンという便利なものがありますよ」

咲「心外だよ」

和「これはのどっちジョークではありません」

咲「ジョークであってほしかった」

優希(のどっちジョーク、のどちゃん気に入ってるのかな?)



咲「通りをずっと行った先に、ちょっと大きな家が見えるでしょう」

優希「なるほど。あれが京太郎のうちかっ」

和「さすがに見えるところで迷うわけがないですね」

咲「そうだよ。迷ったことはないよ」
 (たんぼに落ちて半日這い上がれなかったことがあるだけで)

てくてくてく

和「これは旧家というものですか」
咲「庄屋さんだったみたいだよ」
和「農地解放とか大変だったでしょうに」
咲「さあ。不在地主以外はどうにでもできたんじゃない?」

優希(会話についていけないじょ…… 偏差値の差を感じる)



和「改装の形跡のある木造2階建て、規模は東京なら豪邸に入る部類ですね。周りは畑で、
  塀とかはなくて、玄関前にはワンボックスカーと軽トラが1台ずつ停まっています」

優希「そののどっちジョークは、Youtuberごっこか?」

和(こくこく)

和「敷地の奥の方を見てみると、池がありますね。残念ながらカピパラさんはいまはいないようです。
  それから、外の畑とは違う手作りっぽい吊り棚とかは、家庭菜園でしょうか」

咲「和ちゃん、気づいた?」

和「実がなっているのはトマト、ズッキーニ、かぼちゃ。どうやら夏野菜がメインのようですね。
  すでに刈り取ってしまった部分も多いようですが、こちらに積んである茎や葉からすると、とうもろこしが植えられていたようです」

咲「京ちゃんトマトとかはよくおすそ分けしてくれるんだけど。
  とうもろこしは、去年はなかったし、今年もくれなかったんだよね」

優希「咲ちゃん、それって……」

咲「ズッキーニ、京ちゃんから貰ったらピクルスにして、半分くらい京ちゃんちに返すの」

優希「入ってた。京太郎のタコス、ズッキーニのピクルス入ってたじぇっ。咲ちゃん、ありがと」

咲「京ちゃんにあげたものがどうなっても私は知らないけど。
  優希ちゃん、ほかに感謝するべき人がいること、わかってるよね」

和「とうもろこしの生育期間は2~3ヶ月。5月に植えるとインハイに間に合う計算になります。
  インハイ合わせで作ってたから、全て刈り取り済というわけですね」スマホポチポチ

優希「咲ちゃん、のどちゃん、恥ずかしいじぇ、にやけ顔が止まらない。
   私、最高に大事にされてたんだ。勝手に嫉妬して、トゲトゲして、ごめんっ」

和「嫉妬ですか。私には、須賀君とゆーきはとても親しく見えますが。私も羨ましく思っているんですよ。
  ゆーきみたいに須賀君と親しくなれたらって」

優希「のどちゃんも、京太郎のことが好きなのか?」

和「嫌いになんてなれません。私の大切な人たちを、こんなに想ってくれる人なんですから」


カン!