末原「~♪~♪~♪~♪~♪」

末原「……んー、やっぱたまの休日に一人でのんびり買いもんするんはええなぁ」

末原(部活の皆でわいわい騒ぎながら練り歩くのもええけど、こうして一人でのんびりするのも格別やわー)シミジミ

末原「さーて次はどこ行こか?」

末原(本屋に行って麻雀雑誌と私的な本は買った、甘味所に行って満足した)

末原(なら次は)

末原「服屋、やな」

末原「……」

末原「……今度の月曜着てく服選ばんといかんなー」

末原(……)

末原「……ふぅ」

末原(須賀君とお買いもんかー……楽しみやなぁ~)テレテレ

末原「せやからめーいっぱいおめかしして行かんとな」

末原(凡人の私の容姿なんて並の並、せめて格好だけでもどないかせんと)



末原「……はぁ」

末原(私も主将みたいにもー少し明るくて……絹ちゃんみたいなおもちがあれば)

末原「須賀君ももー少し私のこと気に掛けてくれるんやろか?」

末原「メゲるわ……」

末原「……」

末原「いやいやいやいやいや!メゲたらあかん!メゲたらあかんで!私!」

末原(す、須賀君は凡人の私にあんなに紳士に接してくれとるんや!……他の高校の、女の私からみても魅力的な娘と対等に……)

末原「せやからメゲたらあかん……メゲたらあかんで」

末原「……」

末原(とは言ったものの)

末原「やっぱりもっと私を見て欲しいって思うんは……女の性なんやろなぁ……」グスン

末原「……」フンフム

末原(もし私が似合わん可愛い服着たら、須賀君はなんて言ってくれるやろか?)

末原「……」ポワポワポワーン



末原『す、須賀君』

京太郎『ん?どうかしましたか?末原さん……ってその格好……』

末原『え、えへへ、ちょっと頑張ってみたんやけど……どう?』

京太郎『……』

末原『や、やっぱりこんなヒラヒラした服私には似合わんやろか?』アタフタ

京太郎『……』

末原『うう……メゲるわ……』

京太郎『可愛い……』

末原『えっ?』

京太郎『可愛いですよ!末原さん!』ぎゅっ!

末原『あっ、ちょ、須賀く……ふわぁ』

京太郎『……』ぎゅうううう

末原『……あ……須賀君の胸……めっちゃあったかい……』

京太郎『末原さんも暖かいです……このまま力を強くしたら、折れてしまいそうだ……』



末原『す、須賀君……』

京太郎『末原さん……』

『『……』』

『『……ん』』

『『ちゅ……ちゅぷ……ぺろ……ちゅ……くちゅ……んむ……ちゅ……ぷはぁ』』

『『……』』

京太郎『末原さ……』

末原『なぁ、須賀君……』

京太郎『へ?な、なんでしょう?』

末原『私、可愛い?』

京太郎『……』

末原『……』ドキドキドキ

京太郎『……ええ……可愛いですよ……凄く』

末原『ほ、ほんま?ほんまにほんま?』

京太郎『ーーええ、本当です』


末原『……ふえっ』じわっ

京太郎『っ、末原さん?なんで泣いて……』

末原『めっちゃ……嬉しい……』

京太郎『っ……末原さ……んぐっ!?』

末原『ちゅ……ぷ……ぺろ……れろ……んぷ……ぷ……はぁ』

末原・京太郎『……』

末原『……須賀君』

京太郎『……なんですか?末原さん』

末原『恭子……って呼んでくれへん?』

京太郎『……っ!』

末原『……』ドキドキドキドキドキ

京太郎『恭子……』ボソッ

末原『ふあっ……』じゅんっ

京太郎『恭子……可愛いよ……恭子……』

ぺろ……ぺろ……ぺろ……


末原『あ……あかん……須賀君……首筋舐めたら……んっ……弱いんやぁ……っ』

京太郎『恭子……恭子……恭子……』

ぺろ……れろ……ぺろ……ぺろ……

末原『須賀君……もっかい…もっかい……』

京太郎『……?』

末原『もっかい…ちゅうしてぇな……んむっ!』

末原『むちゅ……ちゅば……れろ……れろ……んむ……くちゅ……ちゅぴ……れろ……ぷ……はぁっ』

末原『あ、あ……須賀く……んっ……あ……』

京太郎『恭子』

末原『……ふぇ?』

京太郎『なら俺のことも……京太郎、って呼んでくれないか……?』

末原『あ……』

京太郎『……』

末原『……』



末原『……き、きょーたろー……くん……』ボソッ

京太郎『っ……恭子……!』がばっ!

末原『あ、きょうたろーく……ふあっ♪』

京太郎『恭子……』

末原『きょーたろーくん……んむっ』

末原『ちゅ……ちゅ……んむ……ちゅ……ぷはぁ……』

京太郎『恭子……愛してるよ……恭子……』

しゅるるるるっ……

末原『あ……』

京太郎『……』

末原『……こんなひんそーなもんみても、つまらんやろ……?』

京太郎『……いや』

京太郎『これが、いいんだ……』

恭子『……あっ!』



京太郎『……』

ちゅ……ちゅば……ちゅ……ちゅぷ……ちゅ……れろれろ…ちゅ…

恭子『き、きょーたろーくんっ、そんな、乳首舐めたら……あかん……っ!』

京太郎『ちゅ……ちゅ……ふふ……薄い桜色で……綺麗ですよ……』

京太郎『ぴんって堅くなってて……すごく……可愛いです……』

末原『い、いわんといてっ……恥ずかし……んあっ!』

ちゅ……れろれろ……ぺろ……ちゅ……

末原『あ……あ……あ……!』

京太郎『……』スッ

くりくりくりっ……!

末原『んああっ!?』

京太郎『……』ニヤッ

末原『あ……きょーたろーくん……んっ……ちくび……そんなつねらんとい……』

くりくりくりくりくりっ!!!!

末原『ふあああああああっ!?』


末原『あっ、やっ、やっ、やめっ、あ、あかんっ!あかんっ!あかんっ!』

くりくりくりくりくりくり……!

末原『ふ、ふわ、ふわっ、ふわあああああああああああっ!!!!!!』

びくんっ!びくんっ!びくんっ!

末原『あ……あ……あ……』

京太郎『……ふふっ』

末原『あかんって……ゆったのにぃ……!』

京太郎『……末原さん』

末原『え……なに?きょーたろー……く、ん……って……なん……で名、字?』

京太郎『おっぱいだけでイっちゃうなんて……いけない人ですね……』

末原『~~~~っ!!!!!』

京太郎『……おや?』




末原『……え?』

京太郎『こんな服でも……スパッツ、履いてるんですね』

末原『な、なんか変な所でもあるん……?』

京太郎『いや、何もないよーーーー恭子』

するするするする……

末原『あ……』

京太郎『……』

末原『そ、、そんな……京太郎君……駄目……脱がせちゃ……』

末原「だめ……脱がせちゃ……だ……」クネクネ

末原「……」

末原「……はっ!?」

アラヤダナニカシラアノコ

カラダクネラシチャッテヘンネエ

ママーアノオネエサンオカシイヨー

シッ!ミチャイケマセン!



末原「……」

末原(ま、真っ昼間から往来でなんちゅーことを考えとるんや私は……!)

末原「……」

(……とりあえず)

末原「……うっ」

(お手洗い探さなあかんなぁ……)

…………

末原「……えーと、確かこの辺に良さげな公園が……」

末原「……」

末原「……アカン、はよう探さんと」

末原(ちょっと気持ち悪いなぁ……)



末原「……ん?」

「……」テクテクテクテク

末原「あの、歩いてる人……」

末原「あれは……あれは……」

末原「あれは……須賀君?!」

末原「……こんなとこで何しとるんやろうか?」

末原「まぁ何はともあれ儲けや儲け、こんな偶然滅多にあらへんし、早速話しかけ……て」

末原「……いや、やっぱり」

末原「……後、つけてみよかな」

……

京太郎「…………」テクテクテクテク

末原「……ん?」コソコソコソ

末原「手ぇ、上げた……ん、誰かと待ち合わせしとった……?」

京太郎「……」


末原「……!」

末原「……誰や、あれ」

末原「ずいぶんとけったいな格好しとるな……あれは……執事服?』

末原『……うん、執事服やな、間違いない』

末原『須賀君、執事とも知り合いなんか……つくづくその人脈が恐ろしいわ……』

末原『……ん、動いたみたいやな』

京太郎『……』テクテクテクテク

執事『……』テクテクテクテク

末原『曲がり角を曲がった……何処行くんやろ?』コソコソコソ

『『…………』』

末原『……?』

末原『……路地裏に入った?……なんや、近道かいな』

末原(変に近道しようとしたら逆に目的地から遠のくんやけどなぁ……急がば回れ、や)



末原『えっと確かあの二人が入ったんは……』

末原『この路地、やな』

末原『よっ、と……』

末原『……』

末原『……ん?』

……ッ……ッ……ッ

末原(なんか、変な音が聞こえてくるなぁ……)

……ッ!……ッ!……ッ!

末原(……なんやろ?この音、まるでーーーー)

……アッ!……アッ!……アッ!……アッ!

末原(獣や)

ンアッ!ンアッ!ンアッホゥンアッアッアッンアッー!!!

末原(うう、気味悪いなー……はよ須賀君見つけんと……って)

末原(おったおった……なんや、以外とあっけなーーーーえ?)

京太郎「ンアッ!ンアッ!ンアッホゥンアッアッアッンアッー!!!」


「っふ!っふ!っふ!っふ!っふ!っふ!」

末原「………………」

京太郎「アッーーーー!ッフゥ!ッフッ!ンアッ!ンアッーーー!」

「ふ……ふ……あの時みたいにヨツンヴァインになってヨガってる気分はどうですか!?SG君!」

末原「………………」

京太郎「アッアッアッアアアアアッアッアッアッアッアッーーーー!」

末原(…………なんやこれ)

「っふぅ!んぬっ……ふうっ!ぽうっ!んぬっ!ふぬっ!ぬっ!くっ!」

末原(なんやこれなんやこれなんやこれなんやこれなんやこれなんやこれなんやこれ!!!!!)

京太郎「あっあっあっハギヨシサッ!ハギヨシサハギヨシサハギヨシサ!あ、あああ、ああああ……!」

末原「……う……ぐ……う……」

「……っぐ!」どくっ!

京太郎「ンアッーーーーーーーーーーーー!!!!!!!」

末原「うわあああああああああああああああああああああっ!!!!!!」ダッ!


ーーーー数十メートル先、公園ーーーーーー

末原「…………」

末原「……なんや今の」

末原「す、すすす、す、須賀くんが、おと、おと、男と……あんな……あんな……!」

末原「男と、あんな、あんなあんなあんなあんなあんな!……う……ぐ……げ!」

末原「うげえええええええええええっ」ビシャシャシャッ!

末原「か……は……!ぐ……!……う」

末原「うえ……うえ……ふぇ……うえええええええええええええっ」!!!!!!!

末原「ふぇ、ふぇ、ふえええええええええっ!!!!!!」

末原「う、嘘や!あんなん嘘や!嘘や嘘や嘘や嘘や嘘やぁっ!」

末原「う……う……う……嘘だと……」

末原「嘘だと言ってぇな……京太郎……」











ーーーーーーーーかしゃん










.



末原「……」テクテクテクテク

末原(……あれから数日)

末原(私はあのままどないして家まで帰ったのか)

末原(どないして眠りについたのか、ちっとも覚えておらへん)

末原(オカンの話やと、まるで人形のように家に帰り、人形のように夕食を食べ人形のように眠りについたそうな)

末原「…………」テクテクテクテク

末原(……あの日)

末原(あの日、私が見た悪夢は、結局現実なのだろうか)

末原(全て私が見たただの白昼夢ではないのだろうか)

末原(……)

末原「……考えてもしゃーないな」



末原「……とにかく、主将達を心配させる訳にはいかんし、気張っていかんとな」

末原(……それに)

末原「今度さりげなく京太郎に話を聞いてみればええか……」

末原「ただいまー……」ガチャッ

末原「……ん?」

末原「これは……封筒?」

末原「誰宛やろ……って、私やないかい」

末原「何が入っとるんやろ?」

末原「……」

末原「……ちょっと部屋で開けてみよかー」



ーーーー末原自室ーーーー

ガサゴソガサゴソガサガサ……

末原「…ん」

末原「これは……DVD?」

末原「なんでこんなもんが……」

末原「……」

末原「……見ろって事かいな?」

末原「……」

末原「……好奇心は怖いなぁ」

末原(……えーっと、DVDプレイヤーは何処に置いとったかな)



……

末原「再、生っと」

ピッ!

ザササザザザザザ……

末原「ん、映ったな」

末原「これは……車内?」

末原「なんでこんなもんが……って」

末原「……え?」

末原「…………」

末原「こ、ここに映っとるのまさか……須賀君?」

末原「ど、どう言う事や……」

末原(それにこっちの女性二人は一体…って一人は子供やな、金髪の、お人形さんみたいな)

末原「……」


WHH『ワハハ』

ガンッ!(迫真)

SG『おい、やべぇよ……やべぇよ……』

KDM『ど、どうするんだっ!?』

WHH『ワハハ、財布しまっとけー……』

ガチャッ!

HGYS『あのすみません、降りてくださいませんか?それと免許証持ってますか?』

WHH『ワハハ……はい(小声)』

HGYS『あなた達、クルルァについてきてください』

……

SG『免許証返してください!』

HGYS『嫌ですよ。はい』

SG『オナシャス……!』

HGYS『あなたそれでも謝ってるんですか?』

SG『オナシャス、免許証を……』


HGYS『嫌だと言っているでしょう?……とりあえず土下座してくれませんか?』

HGYS『はやくしてくださいよ』

……

HGYS『誰のクルルァにぶつけたと思ってるんですか?あなたは?』

SG『すんません』

HGYS『どう落とし前つけるんですか?』

SG『オナシャス……センセンシャル……』

WHH『ワハハ』

HGYS『返して欲しいんでしたら……』

SG『はい』

HGYS『あなたとりあえず犬の真似してくださいよ』

SG『へっ?』

HGYS『犬ですよ。ヨツンヴァインになるんです』

HGYS『あくしてくださいよ!返しませんよ!?』

SG『やれば返して頂けるんですか?』


HGYS『ええ、考えてあげます』(返すとは言っていない)

HGYS『あくしてくださいよ』

(ヨツンヴァインになるSG)

HGYS『あなた達もよーく見ておいてくださいね』

HGYS『?……何あなた犬のくせに服きてるんですか?ええ?』

SG『はい……』

(免許証を見るHGYS)

HGYS『貴方が※原さんですか?』

WHH『ワハハ(肯定)』

HGYS『貴方、彼の……』

WHH『脱がせばいいんだろーその服を!(即答)』

(WHH、SGの上半身の服を脱がせる)

HGYS「それ(下)もですよ!あくしてくださいよ!」

WHH『ワハハ』

ズルウッ!(SG君のズボンをパンツごと脱がす音)


HGYS『くすくすくすくす……馬鹿じゃないんですか?』

HGYS『さあ、ワンワン鳴いてみてくださいよ、えぇ?』

SG『ワン!ワン!』

WHH・KDM『』プーックスクスクス

HGYS『三回ですよ三回!』

SG『ワンワンワン!』

HGYS『よーし……回ってみて下さい』

SG『……』グルグルグル(クッソ汚いケツを向けながら)

HGYS『よーし……(満足げ)』

HGYS『お手ですお手!ホラッ!』

SG『……!』

HGYS『お手ですよ!あくしてくださいよ! 返しませんよ?』

……

HGYS『もう一回鳴いてみてください』

SG『ワンワン!……ワン!』


HGYS『よーし……ですが』

HGYS 『なんか犬っぽくないですよねー? ね?』

HGYS『なにか足りませんよねぇ?』

HGYS『貴方、首輪してもらいますか、ええ?』

HGYS『ねぇ※原さん、首輪してあげて下さい、彼に』

HGYS 『ほら、こっちにケツ向けてください!おう、あくしてください』

SG『……っ!』スッ

WHH『ワハハ』カチャカチャカチャ

KDM『お犬さんー♪』カチャカチャカチャ

(SG君に首輪を付けるWHH、KDM)

HGYS『汚ないケツですねぇ!』

バシィンッ!

SG『……アフウンッ!』

HGYS『……』

ぬぷっ!(SG君のクッソ汚いアナルにHGYSさんが指を入れる音)


SG『……ンアッー!!!!』

HGYS『気持ちいいんですか?ワンって言ってみて下さいよ……』

SG『ワン……ワンワン!』

HGYS『貴方初めですか?ここは?……力抜いて下さい』

SG『はい(大嘘)』

HGYS『ほら力抜いてくださいよ』

HGYS『貴方達もよーく見ておいて下さい』

ぐちゅ!ぐちゅぐちゅ!ぐちゅ!(SG君のケツ穴をほじくるHGYSさん)

SG 『イイんですか?なに感じてるんですか!ほら!』

SG『ほら、こっち来て……ワンって言って下さい』

SG『ワンッ……ワンッ……あ……あ……』

SG『アッー……アッー……』

ずぬぬぬぬぬっ!(HGYS、SGのクッソ汚いケツにクッソ長いディルドを挿入)

HGYS『よーし……しっぽつきましたね、ホラ』

SG『ン、ンアッンア、ンアッ』


HGYS『お仲間さんに見せてあげて下さい』

(HGYS、半回転してWHH、KDMにディルドを挿入されたクッソ汚いアナルを見せる)

WHH『ワハハ』

KDM『うう……』

HGYS『貴方それ(首輪に繋がっている鎖)貸して下さいよ』

WHH『ワハハ(素直)』

HGYS『ケツをこっちに向けて。よーし』

HGYS『貴方達もよく見ておいて下さい』

SG『あっあっあっあっ……』

HGYS 『んん?気持いいんですか?ほら……ほら!』

ぐりんぐりんぐりんぐりん!

SG『あ……は……!』

HGYS『何感じてるんですか?ん?おや勃ってきましたよホラ!』

(SG君のSG君をこねくり回すHGYSさん)

HGYS『気持ちいいって言ってみてくださいよ』




SG『ぎもぢいい……』

HGYS『お仲間さんに見せてあげて下さい、ホラ!』

(SG、ギンギンに勃起したティンコをKDM、WHHに見せる)

HGYS『ほら気持ちいいんでしょう?』

HGYS『貴方達もよく見てて下さい』

HGYS『ほら、気持ちいいって言ってみて下さい!』

SG『ンギモッヂイイイイイイイイイイイッ!!!!!!!!!』

HGYS『何勃たせてるんですか』

SG『アッーーーーーーー!!!!!!』

HGYS『おやおやビンビンですよホラ』

HGYS『貴方達笑ってあげてください。そしてよーく見てあげて、よーく見せてあげて下さい、お仲間達に』

HGYS『……ああ、貴方、※原さんと言いましたね』

WHH『ワハハ(肯定)』

HGYS『舐めてあげて下さい、ほら、あくして下さい』

WHH『ワハハ(同意)』











ーーーーーKingCrimsonーーーー








.





HGYS『ふぅ……では私もそろそろ……』

WHH『!!!……ワハハ』

(WHH、机の下の拳銃を発見)

WHH『ワハハ』

カチャリ!

HGYS『……!!!』

(一転、攻勢に出る3人)

SG『感じてんじゃねえよ……もっとしゃぶれよオラァ!』

WHH『ワハハ、しゃぶらなきゃ撃つぞー』

HGYS『っく……ぐ……!』

SG『気持ちいいだろオラァ!』

KDM『うまいぞフェラ(舌足らず)』

SG『イク……(無表情)』

HGYS『アッーヴァウ!アッーイ グッ!イグッ!イグッ! アッ……』

HGYS『ア゛ア゛ア゛ア゛ ア゛…………』


SG『……ふぅ』

WHH『…………』

WHH『ワハハ』

カチャ……

パーン!

ザザザササザザザザザザザザザ……

末原「……」

末原「…………」

末原「………………」

末原「……………………メゲるわ」ボソッ

末原「……」

……どさっ



末原「……ん……あ」

末原「……ん、オカン?」

末原「……あ」

末原「もうこんな時間……」

末原「……え?……あ……いや……その」

末原「うん、なんもない、なんもないんや……だから気にせんといて……」

末原「……」

末原「……えぐっ」

末原「ぐすっ、うっ、ふぇ、ふぇぇ、ふぇぇぇ……」

末原「うえ、うええええええええええんっ!!!!!!!」

ーー翌日ーー

末原「昨日は結局オカンによりすがって泣きっぱなしやったな……」

末原「うう……高校生にもなって恥ずかしいわ……」


末原「……けど」

末原「……あれは、今度こそ夢とちゃう……」

末原「あの映像……あれは……間違いなく……」

末原「現実、や」

末原「……」

末原「……うぷっ!」パンッ!

末原「ぐ……ぐ……ぐ!う!……っぷ!」

末原「っはぁ!……はあっ……はあっ……はあっ……」

末原「……」

末原(メゲるわ……)

末原「…………」

末原「……誰か」

末原「誰か私を助けてぇな……」

末原「皆……」


ーーーー同日・姫松高校麻雀部部室内ーーーー

末原「…………」ポケー

「おうおうおうおう、随分と辛気くっさいツラしとるなぁ?」

末原「……あ」

「んな顔しとったら幸せも逃げてまうで?」

末原「主将……」

「…………」

「…………恭子、何があったん?」

末原「う、主将……う……うわあああああああああああんっ!!!!!!」がばっ!

洋榎「おーしおーし、たんまり泣け。今日は姐さんが胸かしたるわ」

末原「う、うわ……うわああああああああんっ!!!!」

……

洋榎「……で、ホンマに何があったん?」

末原「じ、実は……かくかくしかじか」

洋榎「ふにふにうまうま、と」


洋榎「……な、成る程な、あのガースーに浮気相手、と」

末原「うううう……!」

末原(まさかホンマのこと言えへんわ……)

末原「って浮気ちゃいます!」

洋榎「は?なにいっとるん?」

末原「わ、私と須賀君は別に……その……彼氏彼女ゆー関係とちゃいます!」

洋榎「は?……え……え?…………ホ、ホンマなん?」

末原「ホンマです!」

洋榎「はえー……うち、恭子がガースーの話あんな楽しそうにしとるもんやからてっきり彼女やと……」

末原「そそそそんな私なんかが須賀君の彼女なわけないやないですか……」

洋榎「……恭子、自分のアカンとこはそーやってすぐ自分を卑下して、木偶になることやってウチ耳を酸っぱくして言ってるやろ?」

末原「う……すんません」

末原(それを言うなら口を酸っぱくやろ……とは言えへん)

洋榎「自分のその謙虚さは確かにええところやと思う、けどな?女ならいざっちゅー時、がつん!と自分の気持ちをぶつけなあかん時があるねん」




洋榎「そんなウジウジしとったらホンマにいざっちゅー時に……って、あ、もういざっちゅー時過ぎたかもしれんのんか……」

末原「う……!」じわっ

洋榎「だーっ!もー泣くな泣くな泣くな!自分それでも女か!……あ、女や!」

末原「……」

洋榎「……ごほん」

洋榎「と、に、か、く、や!」

末原「!」ビクンッ!

洋榎「ウチがいるからにはどーんっ!と大船に乗ったつもりでぶつかって行けばええ!」

末原(大船でもぶつかったら沈んでまうやん……)

洋榎「……そう!」

洋榎「恋愛大明神の洋榎とはウチのことや!」ドヤァッ

末原・洋榎「…………」

末原「……ホンマですか?」

洋榎「スマン、嘘」

末原「…………」


洋榎「……し、しょーがないやん!うちかて彼氏一人もおったことないんやし!」

末原「……あっ(察し)」

洋榎「ななななんやその顔は!喧嘩売ってんのかワレ!」ムキー!

末原「ちちちちちゃいますちゃいます!ただ意外やなぁ~って」

洋榎「は?意外?」

末原「え、ええ。主将は魅力的な人ですし、きっと彼氏の一人、いや、三人、いや、六人はおるんやろなぁ~って」

洋榎「……そ、そうやろー?私魅力的やろー?」

末原「え、ええ!流石は姫松高校部長です!」

洋榎「ふ、ふへへ……せやろー?さすがやろー?……って六人も付き合うとったらとんだ尻軽女やないかいっ!」ばしんっ!

末原「あいたっ!?」

洋榎「まったく……うちは健全な恋っちゅーもんに憧れてんねん」

洋榎「そんじょそこらにいる奴誰にでもホイホイ股ァ許すアバズレ女とはーーーー」

洋榎「格が違うわ」ドヤァァァァァァァッ

末原「でも手遅れになったら元も子もないんとちゃいますか」


洋榎「余計なお世話やっ!」ばしんっ!

末原「ひでぶっ!?」

洋榎「ううううちだってなぁ!自分がガースーのことあんだけ楽しそーっに惚気面ぶちかましながら話とるのみて羨ましいとか思ってん!」

末原「……は?」

洋榎「それを自分はウジウジしたままロクなアタックもせずにおったからガースーを取られる羽目になったんや!」

洋榎「まったく!ちーとは惚気話に付き合わされとったうちの身にもなって欲しいっちゅーねん!」プンプン

末原「…………」

洋榎「せやから……って聞いとんのか恭子!?」

末原「……ひょっとして」

洋榎「あん?」

末原「ひょっとして主将も須賀君のこと好きやったんとちゃいますか……?」



洋榎「……」

末原「……」

洋榎「なななななななわけあるかいっ!このスカタンっ!!!!!!」べしぃんっ!

末原「おんどぅるっ!!!!」

洋榎「ううううちがガースーが好き?……はんっ!なに寝ぼけたこと言っとんねん!」

末原「……」

洋榎「そんなけったいなことあるわけ…………」

末原「……」

洋榎「あるわけ……」

末原「……」

洋榎「あるわけ……ないやろぉ……っ!」グスン

末原「……主将」


洋榎「み、み、、みるなや!そないな目でうちをみるなや!」

末原「主将……」

洋榎「泣いて……まうやろ……」

末原・洋榎「「………………」」

洋榎「……はは」

洋榎「……彼女やないんやったら……うちもガースーにアタックした方が良かったなぁ……」

末原「そんな……自分で言ってたやないですか……がつん!と自分の気持ちぶつけろて」

洋榎「それは…………ガースーの隣に自分がおったから……うちも遠慮して……!」

末原「……主将」

洋榎「……?」

末原「あんたあほですわ」

洋榎「は?」

洋榎「…………」

洋榎「ななななななにいっとるんじゃワレェ!!!!!!」

末原「だってそうやないですか!私がおったからって!……そんな私なんて気にせずガンガンアタックしたら良かったやないですか!主将らしくもない!」


洋榎「あ……の……あのなぁ!!!うちかて自分のことを気遣って……!」

末原「ほーら!やっぱりバカですわ!バカ丸出しですわ!」

洋榎「き、恭子!あほはまだしも……バカやて!?……そ、それにそれゆうなら自分の方こそバカやないかい!さっさとアタックしとけば良かったんや!だったらこんなことにもならずに……!」

末原「な……!私のことバカって言いましたね!?ば、バカって言うほうがバカってオカンに習わなかったんですかこのカバ!」

洋榎「っ!!!……か、カバっていうなやこのあほ!あほー!」

末原「あほあほあほあほうるさいですわ!このカバ!カーバ!」

洋榎「あほ!あほ!あほーーーっ!」

末原「カバ!カバ!ばかーーーっ!」

洋榎・末原「「…………」」

末原・洋榎「「…………」」

末原・洋榎「「う……うう……う……うう……!!」」

末原「な、なに泣いとるんですか……」

洋榎「そっちこそ…なに泣いとるんや……」

洋榎・末原「「…………」」


洋榎「……ああもう……どうせや……こうなったらめーいっばい泣いたる……」

末原「……ふ……ふ……お供するで?主将……」

洋榎「……おお……ええで……今日は思いっきり泣こうや……恭子だけに……」

末原・洋榎「「…………」」

末原「……寒いですわ……今のギャグ……」

洋榎「…………すんまへん」

末原・洋榎「「…………」」

洋榎・末原「「…………ぅ」」

末原・洋榎「「うう……ぐすっ……う……ふぇ……ふぇぇ……ふぇぇぇ……」」

洋榎・末原「「ふえ」」

「は~い、話は聞かせてもらったで~」

洋榎・末原「「……え?」」

「呼ばれなくても飛び出てじゃじゃじゃのじゃ~んや♪」

洋榎・末原「「……だ」」

洋榎・末原「「代行!!!!!」」


郁乃「あーんふたりともっ!随分と甘酸っぱい話しとったみたいやな~」

末原「ええええええっと、その」

洋榎「どこ、から?」

郁乃「ん~どこからってなんのことや~?」

末原「ど、どこから私たちの話を聞いて……」

郁乃「んーとな~末原ちゃんが洋榎ちゃんの胸ん中でえーんえーんって泣いとったこところからや~」

末原「つまり最初からってことやないですか!」

洋榎(おお……漫画みたいな会話や……)

郁乃「ん~ごめんな~?悪気はなかったんやけど~つい?」

洋榎「ついじゃないやろ……」

末原「…………」

末原「で?」

郁乃「で?でってなんかな~?末原ちゃん~?」

末原「で、アドバイスの一つや二つはあるんとちゃうんですか?代行」

郁乃「ほえ?」



洋榎「き、恭子?うちでも流石にそれは如何かと思うで?」

洋榎「こんなバ……あ、いや、ノーテンキな人にこないな重大なこと頼むなんて」

末原「知りませんわそんなこと、今は藁にもすがりたい気持ちなんです」

末原「もうこっからは死ぬ気でかかりますよ……乙女道とは死ぬことと見つけたり、や」

洋榎「な、成る程確かにその通り……今はたとえ藁でも抱きつきたい状況や!」

郁乃「ちょっと~二人とも藁とかなんとかって~ずいぶんと年上に失礼とちゃう?」

末原「……で?どうなんですか?」

郁乃「……」

郁乃「ん~『ない』と言えば嘘になるな~」

末原「!!……つ、つまりあるってことですか!」

洋榎「そ、それは一体なんなんや……!?」

郁乃「それはな~」

ガラガラガラガラ……きゅぽん!

末原(どっから取り出したんやそのペンとホワイトボード……)

きゅっきゅっきゅっきゅ~~っ!


末原・洋榎「「……」」

郁乃「これや~♪」ぱんっ!

『赤阪郁乃プロデュース!』

『大改造!劇的!ビフォーアフター!』

郁乃「じゃ~んっ♪」

末原・洋榎「「どこのリフォーム番組や!」」

郁乃「おうっ!末原ちゃんと洋榎ちゃんのステレオツッコミは効くなぁ~」

洋榎「……ああもうええわ……で?こいつはつまりどう言うことやっちゅーねん?」

郁乃「むふふふ、それはやな~」

末原「……」ゴクリ



郁乃「うちが考えた~とっておきの方法で、大改造するっちゅ~ことや~」

洋榎「そのまんまやないかい!」

末原「……改造……」

郁乃「……そ♪自分自身をまったく新しく改造……進化させるんや~」

郁乃「それで、、魅力をぐぐーーんと伸ばしてー愛しのきょーたろーくんを奪うんや!」

末原「奪う……」

郁乃「どんな人が京太郎くんの隣におっても~無理矢理奪って自分のものにするんや~」

末原「自分の物……」

洋榎「……恭子?」



郁乃「……そしてな?この改造は私と『末原ちゃん』の、言うなれば契約や」

郁乃「末原ちゃんは~ちゃ~んと覚悟があるかな~?この契約を結ぶ覚悟が~」

郁乃「きょーたろーくんを奪う覚悟が」

郁乃「愛す覚悟が」

郁乃「自分を捨てる覚悟が」

郁乃「進化する覚悟が」

郁乃「暗闇の広野に道を切り開く覚悟が」

郁乃「できてるかな~末原ちゃん?」

末原「……」

末原「……ええ」

末原「出来てます……出来てますわ……!」

末原「ほんで……ほんで……結びます……!」














末原「結びます!!!その契約ッ!!!!!!!!」











.






末原「……」

末原「……」

末原(……そして、次の日の放課後、私は代行の家へと呼ばれた)

末原(ニコニコ笑顔の代行に会い、一つの部屋へと通された)

末原(……椅子一つ『だけ』しか置いていない、奇妙な部屋に)

末原「……」

末原(……まぁええ)

末原(いくらこの部屋が怪しくても、私は覚悟があってここにきた)

末原(何があっても、動じるつもりはない)

末原(私は――――進化してみせるのだ)

末原(そして、脱却してみせるのだ――――凡人たる自分から)

末原(……しかし)


末原(やけにゴツイ椅子だ……)

末原(が、なぜか座り心地は良い)

末原(肘置きもふかふかだ……)

郁乃「どう~?末原ちゃん?椅子の座り心地は~?)ら

末原「ぼちぼちです」

郁乃「そう~?よかった~♪なんせ~」

末原「?」

郁乃「なんせこれから丸一日それに座ってもらうんやから~♪」

末原「へっ?」

がしゃんっ!

末原(突如として、私の両腕にその椅子から枷が生えた)

末原(ふと視線をずらせば我が代行殿はなにやらにやけながらボタンのような物を持っている)

末原(……って)

末原(冷静に実況しとる場合やないやん!私!)



末原「ななななにしてはるんですか!?代行!?」

郁乃「ん~?拘束~?」

末原「こ、拘束って……!」

郁乃「だって逃げられたらいややもん~♪」

末原「に、、にげ……ってそんなえげつないことするつもりなんですか!?」

郁乃「うん~そうやね~とりあえずうちはまず末原ちゃんを~」

郁乃「……ぶち壊したいんや~」

郁乃「原型をとどめたギリギリの状態までな~」

末原「……っっっ!!!!!」

郁乃「そんなわけで用意しましたのが~こちら♪」じゃんっ!

末原「え?それは……っ!!!!」


末原(やけに見覚えのある……DVDだ……)

末原「まさか……」

郁乃「そのまさかや~♪」ピッ!

末原「……」

末原(……代行のボタン一つで、天井からプロジェクターが降りてきた)

郁乃「いや~それにしても驚いたな~まさかきょーたろーくんがあっちのひとやなんてな~♪」

末原(……どうやってそのディスクを入手したのかは、、聞かない)

末原(この人間なら……忍び込んでディスクを入手することなど平気でやってのけそうだからだ……)

末原(私が学校で授業を受けている間……家に訪ねてオカンと雑談を交わし……その時に……!)

郁乃「でもま~たとえ須賀君があっちのひとでも~末原ちゃんには無理矢理でも奪ってもらわんとあかんな~」

末原「そ、それで?……そのディスクで一体何を?」

郁乃「?決まっとるやろ~?今から末原ちゃんには~」

郁乃「これを見てもらうんや~丸一日ずっとな~」

末原「っ!!!!!」


郁乃「あ、心配せえへんでも~もし末原ちゃんが寝ても」

郁乃「ちゃ~んと起こしてあげるからな~」

末原「…………」

郁乃「あ、、それと近所迷惑になるからヘッドホンもして~……うんっ」

末原「……」

郁乃「これでバッチリや~♪」

末原「……」

郁乃「さ、末原ちゃん?」

郁乃「零になるんや」

郁乃「プラスを死に物狂いで求める……0にな~♪」

末原「……」

郁乃「それじゃ~DVDぃ~~~」

末原「…………ははっ」

郁乃「再生~~~~~開始っ☆」ピッ!











末原「メゲるわ…………」









.


――――日曜日・姫松高校麻雀部部室――――

郁乃「皆~おはこんばんちわ~♪」

「っ代行!?帰ってきはったんですか!」

郁乃「ただいまやで~絹ちゃん?」

絹恵「……ってことは……末原先輩も帰ってきてるんですか!?」

「あーっ!代行!帰ってきたんですか!」

洋榎「恭子は!?恭子の奴は無事なんやろな!?」

郁乃「はいはい漫ちゃんもただいまやで~……安心してーな洋榎ちゃん、心配せえへんでもぴんぴんしとるよ~」

「す、須賀のために代行の洗礼受けるなんて恭子すごいのよー」

郁乃「んー、のよーちゃ……由子ちゃんもただいまな~」

絹恵「それで、代行!末原先輩は!?」

由子「気になるのよー」



郁乃「ん?部室の前におるで?……ほら末原ちゃーん?入ってきてもええよー?」

ガチャッ……

「…………」

洋榎「っ恭子!」

絹恵・漫「末原先輩!」

洋榎「ひっさしぶりやなー!元気にしとったか?」

「……久しぶりと言っても、たかだか二三日でしょう?主将」

洋榎「ん、ああ、そうやな!……でもその間自分がおらんでうちらーはごっつさみしかったんやで?」

「それは……すんまへん」

洋榎「あはは!ええんやええんや!……それで、なんか掴めたか?」

由子「そうなのよーこれで掴めなかったらくたびれ儲けなのよー……」

「……そりゃあ」

「もちろん掴んだに――――決まっとるやろ?」




「「「「……っ!!!!」」」」ぞくっ!

洋榎(な……!)

絹恵(なんや今の……威圧……!)

由子(恭子の威圧……すごいのよー……)

漫(……でも……ちゃうわ……)

洋榎(宮永照や、宮永咲、あんな奴らが放ちよる威圧とはまた違う……)

絹恵(まったく別の気風……)

漫(そしてなんやろう……)

由子(この胸の内から湧き上がってくる気持ちは……なんなのよー?)


洋榎(けれどうちは……うち達は……)

絹恵(この気持ちを……この本能を)

由子(知っている……のよー……)

漫(……そう、これは――――)

*1 ))

郁乃「末原ちゃんにはー私の全てを詰め込んであげたんやでー?」

郁乃「せやから今の郁乃ちゃんは例えるならそうやなー……」

郁乃「監督代行代行ってところやなー」

郁乃(今の末原ちゃんは……その愛憎で闘争本能を生み出すんや……周囲の人間も巻き込んで、な)

郁乃(いわば歩く台風……人間の台風……そう、人間台風<ヒューマノイドタイフーン>ってところや)

「…………」クスクス

郁乃(……ふふっ、今頃末原ちゃん、、思い出しとるんやろぉなぁ~)

「…………」クスクスクスクスクスクス


『末原ちゃん!ほい!受け取ってな~』

『なんですかこれ……って私のケータイ?』

『そや!改造を締めくくるラスト!最後の仕上げは、愛しの彼の肉声や!』

『え……それってつまり……』

『きょーたろーくんに電話するんや!』

『ええ!?そそそそんないきなり無茶言わんといてください!』

『だーめ、代行命令や!じゃないとまたあのディスク目に焼き付けさせたるでー?』

『う……それは……っああもう!わかりましたよ!掛けます!掛けますよっ!』

『それでこそ私の見込んだ末原ちゃんやー☆』

『ううう……で、でも久々に声聞くのもええなぁ……ふふっ』ピポパパピポ

『もしもし?須賀君?私や、すえは――――――――え?』


郁乃(あの電話を掛けさせたのは……失敗でもあり成功でもある)

郁乃(あの日……と言うより昨日掛けた電話に出たのは……天下の白糸台の大星淡)

郁乃(……結局あと一歩遅かったっちゅー話や)

郁乃(……けど、そのおかげで)

郁乃(眠っていた末原ちゃんが……眠っていた末原ちゃんの闘争本能が目覚めた……!)

郁乃(これは嬉しい誤算や……)

郁乃「……」

「…………」クスクスクスクスクスクスクスクスクスクスクスクス

郁乃(末原ちゃん……ホンマ楽しそうに、たのしそぉ~に)

「ふ……ふふ……ふふふ……ふふふふふ……!!」

「ふっ……くくく……くくく……はははは……ははははははっ!」

郁乃(笑っとるなぁ……)


「ふ、はは、ははは、あはは……あーーっはっはっはっ!」

郁乃「……楽しいかい?末原ちゃん……『恋愛』は楽しい!」

「はっはっはっはっ!……あはははは……あーっはっはっはっはっ!!!!!」

郁乃「凱歌を歌うんや……末原ちゃん。……そしてここで証明するとええ」

「ふ……ははは……あは……あはは…あは……あはははははははっ!!!!」

郁乃「ああ……うちには見える。うちのこの糸の様な細目でもはっきりと見える!」

「は……ははは……ははは……は……」

郁乃「末原ちゃんの闘志の輝きを!轟々と燃え盛る輝きを!」

「………………」

郁乃「凱歌を歌うんや!末原ちゃん!そしてここで証明するとええ……末原ちゃんの革新を!!!!」

「……!」ニィィィッ!

「……」

「ーーーーーー諸君」















「諸君、私は須賀君が好きだ」











.


「諸君、私は京太郎君が好きだ」

「諸君!私は須賀京太郎君が大好きだ!」

「須加君の笑顔が好きだ、泣き顔が好きだ、困り顔が好きだ」

「優しさが好きだ、冷静さ好きだ、人懐っこさが好きだ」

「背中の広さが好きだ、手の硬い感触が好きだ、胸の暖かさが好きだ!」

「学校で部室で街道で雀荘で服屋で喫茶店で映画館で遊園地で彼の部屋で私の部屋で」

「私にとってのありとあらゆる須賀君が大好きだ」

「須賀君と休日一緒に遊ぶのが好きだ」

「ある日不意に彼からお誘いの電話が掛かってきた時など心が踊る!」

「須賀君を私得意の麻雀で撃破するのが好きだ」

「悲鳴を上げてトんだ須賀君に優しく手ほどきしてあげた時など胸がすくような気持ちだった……」

「色合いを揃えた私お手製のお弁当を食べてもらうのが好きだ」

「空腹状態の須賀君が私のお弁当を何度も何度も美味いと言ってくれる様など感動すら覚える!」

「涙を流す私の頭を撫でてくれた時などはもうたまらない」

「泣き叫ぶ私を微笑みながら優しい言葉で励ましてくれるのも最高だ!」


「哀れな凡人たる私が健気にも震えていたのを須賀君が優しく抱きしめてくれた時など絶頂すら覚える!」

「……」

「……清澄の嶺上使いに滅茶苦茶にされるのが好きだ」

「密かに憧れていた須賀君といちゃつかれ、二人だけの世界を広げられてゆく様はとてもとても悲しいものだ……」

「幼馴染と言う関係に打ち負かされ、嘆き悲しむのが好きだ」

「他の女と触れ合う須賀君を影から唇を噛みながら眺めるのは屈辱の極みだ!」

「諸君、私は須賀君を……須賀君を『私の物』にする事を望んでいる」

「諸君、私の仲間たる麻雀部員諸君」

「君達は一体何を望んでいる?」

「須賀君の奪還を望むか?」

「情け容赦のない昼ドラの様な愛憎劇を望むか?」

「傍若無人の限りを尽くし、女達の血肉を喰らう、嵐の様な『戦争』を望むか?」






『『『『戦争!』』』』




『『『『戦争!戦争!戦争!』』』』





「ーーーーよろしい、ならば戦争だ」





.


「私は渾身の力を込めて振り下ろさんとする握り拳だ」

「だが」

「この暗い日陰の中で苦汁を舐め続けてきた私にただの戦争ではもはや足りない」

「ーーーー戦争を!」ビッ!

「一心不乱の大戦争を!!!」

「私はただの人間、天才に満たぬ凡人に過ぎない」

「だが諸君らは私の何よりの仲間達だと私は自負している」

「ならば私は諸君らと私でーー化物を殺す人間となる」

「私に戦犯の烙印を押し当て眠りこけている連中を叩き起こそう」

「髪の毛を掴んで引き摺り下ろし、眼を開けさせ思い出させてやる」

「連中に凡人の力を思い出させてやる」

「連中に化物を殺すのは何時も人間だと言う事を思い出させてやる!」

「凡人が時として奴らの考えでは思いもよらないことを起こすことを思い出させて
やる」

「私のこの手足でーー須賀君を喰らい尽くしてやる」

「そうだ……これが私の意思だ」



「私は約束通り奪ってみせよう……あの愛しの須賀君を……あの愛しの京太郎君を!!」

『『『『大将殿!大将!代行!代行殿!監督代行代行殿!』』』』

『『『『大将!大将殿!代行!代行殿!監督代行代行殿!』』』』

「今人間は剣を握りーーーー化物へと刃を立てる」

「……監督代行代行より姫松高校麻雀部へ、大将命令である!」

「目標長野県清澄高校麻雀部!!」

「第一次須賀京太郎奪還作戦 状況を開始せよ」

「諸君」

「地獄をーーーーーー造るぞ」


カン!



ネタ番外……一方その頃のある人たち

「……!」ゾクッ!

「?どないしたん?怜?」

怜「……ん、なんでもない、気にせんといて、竜華」

竜華「?」

怜「……それより竜華の膝枕はやっぱり最高やなぁ~♪」

竜華「あ……もう……やっぱり怜は助平親父さんやなぁ……」

怜「苦しゅうない、苦しゅうないで~」

……

「ん……?」

「?どうしたの?まこ?」

「んにゃなんでもない……ただの気のせいじゃ」

……


ブロロロロロ……

「……!」ゾクッ!

「……?どうなされましたか?お父様?」

「……いや、なんでもない、気にするな」

「……それより和」

和「?なんですか?」

「まさかお前が他校の生徒の友達を家に連れてくるとは思いもよらなかった」

和「む……失礼ですね」

「そうっす!失礼っすよ!」

「おっぱ……和さんは私の大切な友人っす!」

和「ちょ……東横さん!」

桃子「いくら和さんが人付き合い苦手だからってそんな暴言は許さないっすよ!」

「……済まない、失言だった。失礼」

桃子「わかってくれればいいんっすよ!わかれば!」

和「ああもう……」


「「「……」」」ブロロロロロ……

桃子「……それにしても」

和「?どうかしましたか?東横さん」

桃子「まさか和さんだけでなく和さんのお父さんまで私が見えるとは……驚きっす!」

和「あー……」

「……フン、君が見える見えない?何を意味不明な事を言っている、幽霊じゃあるまいし」ブロロロロロ……

「あいにく私はそのようなオカルトを信じないタチでね」

桃子・和「……」

桃子「お、親子っすね……」

和「そ、そう言われてみると恥ずかしいですね……」

「……フン」

「「「……」」」

桃子「……あのっ、和さんのお父さんっ!」

「……何かね?」

桃子「『パパ』……って呼んでもいいっすか?」


「!!!!」

ギャルルルルルルルッ!

和「え?……きゃあああっ!?」

桃子「ぬわっ!?」

パパパパーーーッ!

<バカヤロウ!キヲツケヤガレ!

和「お、お父様気をつけてーー!」

桃子「あ、危ないっす!」

「きききき君の方こそ何をいきなり意味不明なことを言っているんだ!」

桃子「え?」

「パ……パパがどうとか……!」

桃子「……ダメっすか?」

「っ!」



桃子「私、こんなだから今までお父さんとろくに親子らしい事した事ないっす」

桃子「いつも家にいても見えてもらえなくて……ひとりぼっちだったっす」

桃子「だから……その……ダメっすか?」

「~~~っ!!!!!」

桃子「……」ウルウルウルウル

「ああもう!好きにしろっ!」

桃子「!」パアアアッ!

桃子「はいっ!パパっ!」

「~~~っっっ!!!!」カアアアアッ

和「……」

和(えっ、なにこれは)