淡「~♪~♪~♪~♪」テクテクテクテク

淡(いよいよ今週末は京太郎とデートっ♪楽しみだなぁ~)

淡(どんな服着ていこうどんなところへ行こう?)

淡(駅前で待ち合わせして、手を繋いで街を歩いて、服屋さんに行って京太郎に新しい服を見てもらおう)

淡(それでそれで、可愛いなんて言われちゃったりして……あ~~早くこないかな!土曜日!)

淡「ただいまー!……ってあれ?」

淡(ポストの中に何か入ってる……お届けものかな?)

淡「…………」ゴソゴソ

淡「封筒だ……ん?私宛?」

淡「誰からだろー?」


―淡自室―

淡「とりあえず中身を見てみよ……」

淡「……」ガサゴソ

淡「これは……DVD?!」

淡「それ以外は何も入ってないけど……なんだろこれ?」


淡(中身、見てみようかな?……うん、見てみよう!)

淡(なんか嫌な予感がするけど、ま、大丈夫だよね!)

淡「えっと、DVDプレーヤーどこにあったかな~?」


淡「ディスクをセットして……再生っ!」ピッ

ザザザザ……

淡「…………あれ?」

淡(この画面に映ってる人……)

京太郎『…………』

淡(京太郎、だよね?)

淡「で、京太郎の隣にいる人は……誰?」

???『…………』

淡(背の高い男の人、黒い服着てる。あれは……執事服かな?)



???『こ↑こ↓です』

京太郎『はへ^~おっきな家』

ガンゴンベキン!

???『お入り下さい、どうぞ』

京太郎『お邪魔しまぁ^~す』


淡「……」


???『私の家……屋上あるんですけど……焼いていきませんか?」

京太郎『あ^~いいっすねぇ~』


淡「…………」


ジョロロロロロロ……

サッー!(迫真)

???『お待たせしました。アイスティーしかなかったんですけどいいですか?』



淡「…………」


???『あなたのことが好きだったんですよ!(迫真)』

京太郎『う、羽毛』


淡「…………」


胸にかけて下さい!胸に!

ンアッー!


淡「…………」


~~二人は幸せなキスをして終了~~


淡「……………………」



淡「えっ、なにこれは(驚愕)」



―翌日―

淡「あ、あのあと結局放心してて気がついたら真夜中だった……」

淡「そのまま寝ちゃって昨日のことはあんまり覚えていない……けど」

淡(あのDVDに映ってたのは……京太郎)

淡(そ、それれで、きょぎょぎょ京太郎が、おおお男の人とあんな……あんな……)

淡「……うっ!」

淡「そ、、そうだよね。あれは夢。夢、そう、夢なんだよ」

淡「私の京太郎があんなクッソ汚いDVDに出てるわけないじゃん、はは、ははははー」

淡(あれは夢あれは夢あれは夢あれは夢あれは夢あれは夢あれは夢)

淡「………………」

淡「……う」

淡「うわああああああああああああんっ!!!!!!」ダッ



菫「…………ふぅ」

菫「今日もいい天気だ」

菫「こんな清々しい日はやはり格別だな、うむ」

菫「……だが」

菫「何故だろう。何か嫌な予感がする」

菫「嵐の前の静けさというかなんというか」

菫「…………」

菫「……ま、気のせいだろう」

菫「さーて今日も一日頑張って――――」

淡「菫ーーーーっ!!!!」

菫「…………」

淡「あのあのそのその、菫にね?ちょっと相談したいことが――――」

菫(…………)

菫(……まったく)

菫(嫌な予感、的中だ)


菫「……つまり、昨日何者かから届けられたDVDに、お前の意中の人の須賀君と正体不明の執事のクッソ濃厚なオスプレイ(意味深)が入っていた、と」

淡「」コクコクコクコク

菫「寝言は寝て言え」

淡「えっ!?」

淡「ちょ、ちょっとスミレー!そんな無下にしなくても!」

菫「だいいちその如何わしいビデオに出ていたのは本当に須賀君なのか?」

淡「うっ」

菫「お前の見間違いじゃないのか?」

菫「その須賀君とやらに似ている人が出ているブツを須賀君と仲の良いお前に送りつけて嫌がらせをする愉快犯の仕業じゃないのか?」

淡「そ、それは……」



菫「仮にも天下の白糸台高校麻雀部大将のお前が選んだ相手だ、そんなヤバげなものに出ているはずが――――」

淡「こ!」

菫「?」

淡「ここに、そのDVDが、あるんですけれども……」スッ

菫「……」

菫「……よし、見てみよう(提案)」



――――DVD視聴――――

ファッ!?

ムネニカケテクダサイ!ムネニ!

アアーイイッスネェー

カタクナッテルハッキリワカリマスネ

アッアッアッアアアッアッアッア


菫・淡「…………」

菫「なんだこれは……たまげたなぁ」



淡「うううううう……やっぱり京太郎だ……」

菫「……淡、先刻私はそんな事ある訳がないと言っていたが、済まん。あれは嘘――――って聞いてないな」

淡「やっぱりこんなの嘘だよ……京太郎はもっとカッコ良くて優しくて、私を守ってくれてるんだもん。こんなの嘘だよ……嘘だよ……嘘だよ嘘だよ嘘だドンドコドーン……」ブツブツブツ

菫「……心中お察しする」

菫「……」

菫(……しかし、これは)

菫(本当にどうするべきか……)

菫「……」

菫(もう、こうなったら)

菫(あいつらも、巻き込んでみるか)

菫(私じゃ荷が重いし、な)


淡「うううううう……やっぱり京太郎だ……」

菫「……淡、先刻私はそんな事ある訳がないと言っていたが、済まん。あれは嘘――――って聞いてないな」

淡「やっぱりこんなの嘘だよ……京太郎はもっとカッコ良くて優しくて、私を守ってくれてるんだもん。こんなの嘘だよ……嘘だよ……嘘だよ嘘だよ嘘だドンドコドーン……」ブツブツブツ

菫「……心中お察しする」

菫「……」

菫(……しかし、これは)

菫(本当にどうするべきか……)

菫「……」

菫(もう、こうなったら)

菫(あいつらも、巻き込んでみるか)

菫(私じゃ荷が重いし、な)


――――放課後――――

菫「と言うわけで第72回白糸台高校麻雀部一軍超極秘会議を開始する」

菫「今回の議題は――――」

『大星淡の彼氏、須賀京太郎の浮気疑惑について』

菫「――だ。経緯は昼休みのうちに話しておいたので言わなくていいだろう」

亦野「確か……大星の家に須賀といちゃつく女が映されていたDVDが送りつけられてきた……んですよね?」

淡「」ビクッ!

菫「ああ、そうだ」

菫(流石にSG君が謎の美青年執事とウホッしていましたなんて言えまい)

淡「」ブルブルブルブル

渋谷「こんなに震えて……可哀想」ヨシヨシ

淡「うう、たかみんー」エグエグ

照「……」

菫「どうした照?何か言いたそうだな」



照「そんなふしだらな奴なんて、振ってしまえばいい」

淡「!」

菫「!照!確かに言いたい事はわかるがもう少し言い方が――――」

淡「~~~ッ!!!」

照「……淡を泣かせるような奴だ。やっぱりろくでもない――――」

淡「っ、それでも!」

淡「それでも私は……京太郎のことが、好きなんだもん……」

照「…………そうか」

照「…………なら、いい」

「「「「「…………」」」」」

菫(……いかんな、気まずくなった)

菫(なにか、何か話題を探さなくては――――)

渋谷「……そういえば」

菫「!なんだ?渋谷?」

渋谷「そのDVDは、何処に?」


菫「…………えーっと、あー、それはだな……」

菫「DVDを見て発狂した淡が叩き割ったんだ」

淡「!」

菫(すまない淡!誤魔化さなくてはいけないんだ!)

菫(あんな淫夢君オッスオッスなゲテモノをこいつ等に見せたら何が起きるか……って淡!よくそんなものを私に――――って自分の好奇心の所為だな、ははは)

渋谷「……そう、ですか」

亦野「しかし浮気疑惑と言っても私達にはどうする事も――――」

照「そこで、だ」

亦野「?どうしました?」

淡「……テルー?」

照「私にいい考えがある」



菫「いい……考え?」

淡「そ、それは一体なんなのテルー!?」

菫(正直悪い予感しかしない)

照「今ここに、私が咲とのコンタクトを取るため五ヶ月半の月日を掛けて使い方をマスターした――――人類が生み出した文明の極み、携帯電話がある」

照「いや、大変だった。菫を頼って機種を選び、メール電話写メを覚え、最近ようやくまともに咲とメールできるようになった」

照「咲は携帯使えるみたいだからな、私も結構恥をかいたよ。まぁ青は藍より出でて藍より青しと言うしな、自然の摂理だ」

菫「意味違うぞ」

照「まぁ、要するに、だ」

照「これを使って須賀とコンタクトを取ろう(提案)」

淡「ええっ!?」


亦野「確かに、それが一番手っ取り早いですね」

渋谷「現場……把握……」

淡「で、でもそんな、心の準備が……」

照「じゃあいつやるんだ?」

淡「うっ、それは……」

照「今でしょ(迫真)」

淡「ぐぬぬ」

菫「淡、照の言う事ももっともだ。とりあえずまずは須賀君に連絡を取る事から始めよう」

淡「でも……」

菫「でももへちまもない。ほら、掛けるんだ」ズイッ

淡「ううー……」ピポパピポペ

淡「嘘だと言ってよ~京太郎~」プルルルルルルル(迫真)



――――ガチャッ(迫真)

『――――もしもし』

淡「あ!もしもし京太郎!?私!淡だよ!」

京太郎『――あ、、ああ……あわ、いか。どうしたんだ……ンッ……こんな時かアッんに?まだ学校だ……ろ?』

淡「え、えーっとね……」

淡(……ううーやっぱりあんなこと聞けないよぉ~っ)

淡(……あれ?)

淡「きょ、京太郎?」

京太郎『な、なンッ、だ?』

淡「呼吸が荒いみたいだけど……大丈夫?」

京太郎『あ、ああ、ンッ、これか……実はさっきまで……アッギョシサッ……結構激しい運動(意味深)しててな……疲れてる、んだ」




淡「そ、そうなんだ……」

京太郎『ああ、だからまた、後で――――ファッ!?』

淡「!?京太郎!?どうしたの!?」

京太郎『い、いいい、いや、なんでもない、きに ンアッ! するな』

京太郎『と、ととにかくまた後で電話するなっそれ、じゃ、あ……ヌッ』

――――ブツン




淡「……切れちゃった」

菫「?どうかしたのか?」

淡「えっと、それがね、京太郎今疲れてるからまた後で掛け直して欲しいって」

照「ふむ」

菫「疲れてる……か。成る程、彼はミスター雑用ングだからな、しょうがないだろう」

菫「今掛けられないのは残念だがまた後ほど――――そうだな、部活が終わる時間帯あたりなら大丈夫だろう」

菫「だからそれまでなんらかの対策を考え――――」

渋谷「――――少し、待って欲しい」

淡「?どうしたの?たかみん?」

渋谷「何故、彼が疲れているのか――――私、気になります」

菫「?いやだからおそらく雑用による疲れだろうと――――」

渋谷「それは本当に?」

菫「……」

照「……淡、須賀は電話でなんと言っていた?」



淡「えっ?えーっと、その、『さっきまで激しい運動(意味深)してたからまた後で掛けてくれ』って」

菫「ふむ、普通だな」

亦野「確かに特におかしな所はありませんね」

照「うん、ないな」

淡「でしょ?まったくたかみんどうしたの――――」

渋谷「激しい運動(意味深)」ボソッ

「「「「……?」」」」

渋谷「――――――即ち」

渋谷「S(えす)」

渋谷「E(いー)」

渋谷「X(えっくす)」

菫「えすいー……?…………って何を言っているんだお前はっ!!!!!」ボンッ




照「…………」ポッ

菫「ほ、頬を染めるな照!そんなことあるはずがない!」

亦野「そ、そうですよ!」

渋谷「……薄い本では……日常茶飯事……」




淡「そ、そんなこと、あるはずが……ないもん」

照「……」

淡「京太郎は、私の、私の王子様なんだよ?そんなことあるはずが……ないもん。、ないよ……絶対、ないよっ!」

菫「淡……」

亦野「大星……」

淡「ううう、うううう、ううううう……」

照「……淡、安心して。そんなことあるはずがない。淡が信じる京太郎を信じて」

淡「うう、テルー……」

渋谷「……もしかしたら、現在進行形かも」

淡「う」

菫「渋谷ァ!お前少し黙ってろァ!」



淡「ふええええええええええええええええ!!!!!!!!!!」ビエー

菫「ああっ!淡!泣くな!」

照「よーしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよし」ナデナデナデナデ

菫「ほ、ほら!お前が送りつけてきた須賀君とのラブラブ()ツーショット()の写メだ!これ見て元気だせ!」

淡「う、ううう、ううううう、きっと京太郎は今頃、あの人とクッソ濃厚な……ふえ、、ふええええええ!!!」



渋谷「……軽いジョークだったのに」

菫「あんなヘビーなジョークがあってたまるか!」

淡「ふええええええええ!!!!」

亦野「大星落ち着いて!自分を見失うな!」

菫「ああもうどうすれば……くそっ、私の頭痛が再発するぞ、このままじゃ」

照「菫、ここは私に任せて」

菫「えっ?」

照「私にいい考えがある」ドヤッ

菫「えっ、ちょ」



淡「うえええええええん!!」

照「淡」

淡「うえええええ……え?」

照「これを見て」

淡「……」

照「つい先日撮った咲の写真だ」ドヤヤッ

淡「……」

照「この天使のような咲を見ればきっとお前の荒んだ心も浄化されて――――」

淡「ピンボケしてるじゃないですかー!やだー!」

照「えっ?……あっ、間違えた、本当はこっち」スッ

菫「……照、まさかお前写真の削除の仕方がわからないんじゃないだろうな?」

照「ち、違う、そんなはずはない。ただ咲の写真を一枚たりとも消したくないだけ」

菫「……本当か?」


照「…………ごめん、嘘。本当はわかんないから後で教えて、菫」ボソボソボソッ

菫「……やっぱりか」ボソボソボソッ

照「……うん、いざという時に容量いっぱいになったら困るし」ボソボソボソッ

菫「お前本当は全然使いこなせてないだろ」ボソボソボソッ

照「……失礼な、これでも最初の頃に比べれば成長した」フンスボソボソッ

菫「……はぁ、まったくお前と言う奴は」ボソボソボソッ

照「……ごめん」ボソボソボソッ

菫「……まぁ、それが『お前らしい』んだがな」ボソボソボソッ

照「!菫……!」ボソボソボソッ!

菫「っ、そんな目で私を見るな!その……照れるだろっ」ボソボソボソッ!!




照「菫……」

菫「…………」

菫「照……」

照「菫……」

菫「照……」

照「菫……!」

菫「照……!」

淡「ふえええええええ!!!二人が私そっちのけにして固有結界張ってるよおおおおっ!!!!」ビエー

照・菫「!!」ビクッ!

亦野「いやーそれにしてもこの部屋暑いですねー」

渋谷「……冷たいお茶……飲む?」

亦野「お言葉に甘えて、頂きます」



淡「ふえ、ふええ、ふえええええん!!!!」

菫「オ、オホン!……本当にどうしようか、この子」

照「まったくもってわからない」

照「けど、こう言う時はいっそのこと激流に身を任せた方がいいって千里山のトキィさんが言ってた」

菫「いつの間にそんな友人を……」

照「私のコミュニケーション能力は伊達じゃない」

菫「……一年生の頃坂道の前で立ち尽くしていたお前が懐かしいよ」

照「あんぱんっ」

菫「えっ?」

照「……なんでもない、気にしないで」


渋谷「……お待たせ、アイスティーしかなかったけどいい……?」

亦野「ん、大丈夫。はっきりわかんだね」



淡「ふえ、ふええ、ふえええええん!!!!」

菫「オ、オホン!……本当にどうしようか、この子」

照「まったくもってわからない」

照「けど、こう言う時はいっそのこと激流に身を任せた方がいいって千里山のトキィさんが言ってた」

菫「いつの間にそんな友人を……」

照「私のコミュニケーション能力は伊達じゃない」ドヤッ

菫「……一年生の頃坂道の前で立ち尽くしていたお前が懐かしいよ」ハァ

照「あんぱんっ」

菫「えっ?」

照「……なんでもない、気にしないで」


渋谷「……お待たせ、アイスティーしかなかったけどいい……?」

亦野「ん、大丈夫。はっきりわかんだね」



菫「まあ昔話は置いといて、今は目の前のこいつをなんとかしよう、見据えるは未来。坂の上の雲さ」

照「そうわよ(便乗)」

淡「うううう……」

菫(淡は元気と麻雀の強さだけが取り柄だからな……いっつも笑っててこんなことになったことはなかったな)

菫(ああ、そういえばいつも部屋の固い空気を淡はほぐしてくれたっけか……)

菫(……なんだかんだ言っても、淡は私達の仲間……いや、友なんだな)

菫(……それにしてもどうするか)

菫(何か一発で彼女をウルトラハッピーにする方法を考えなければ)





亦野「いやー今日は天気がイイですね……ポカポカしてあったかいです」

渋谷「そうだね」

亦野「自分、寝ていいすか」

渋谷「構わない」

亦野「じゃ、おやす……み……」

亦野「……zZZ」

渋谷「………………」

渋谷「…………堕ちた(確信)」


菫(何かないか……なにか……)

菫(……………………ん?)

菫(この……音は……一体?)

~♪~♪~♪

淡「!!!!」

淡「っこの音は!」バッ!

菫「うおっ!?」

淡「この!音はッ!」ゴソガサゴソガサ……

バッ!

淡「京太郎専用の!携帯着信音!」

菫「!!須賀君か!?」

照「……!」

渋谷「逢瀬は終わったのか……(絶望)」

ピッ!(迫真)

淡「もしもし京太郎!?」


京太郎『あーもしもし淡か?さ、っきはごめンッな』

淡「ううん、大丈夫!京太郎の方こそ体はもう良くなったの?」

京太郎『あ、、、あああ、ああ、少し休んだらもうンッよくなっンァッたよ』

淡「ホント?よかったー!」パアッ

淡「……ん?」

京太郎『?どうし、た?淡、ッ?』

淡「なんか変な音聞こえない?ヴヴヴヴヴーって」

京太郎『!さ、さあな、どっかで、、携帯でも、鳴ってるンッじゃないか?』ブブブブブ

淡「?……ま、いっか」




京太郎『と、とところでさァッ』ブブブブブ

淡「ん?なに?」キョトン

京太郎『こんどの土曜ンッ、買い物……イクッ……じゃん?』ブブブブブ

淡「!うん!そうだね!私すっごく楽しみにしてるよっ!」

京太郎『で、その時、さっ……他にンアッ、人呼んでもいい、かなっ?』ブブブブブ

淡「人?」

京太郎『あ、ああ』ブブブブブ














京太郎『ハギヨシさンアッーて言うンッだけど』ブブブブブ










.



そして、土曜日

淡「うう、結局あのあとは何も京太郎に聞けなかったよぅ……」

淡「今日は実際に会うわけだし、ちゃんとお話しなくちゃ!」グッ

淡「…………」

淡「服……大丈夫かな?」ショーウインドーチラッ

淡「精一杯可愛いフリフリの服着てきたけど……京太郎は可愛いって言ってくれるかな?」チラチラッ

淡「た、確かに私は京太郎の好きなおもちがあんまりおっきくないけれどっ」ショボン

淡「京太郎への愛は誰にも負けないほどおっきいんだから!」フンス

淡(それに、テルーに比べればまだマシだよね)

淡(…………)ポワポワポワーン

京太郎『その服、似合ってるぜ、淡』

京太郎『すごくキュートだ』イケメンスマイル

淡「……えへへへへ」ニマニマ


照「ぶえっくしょい!」

菫「なんだ、風邪か?」

渋谷「……馬鹿は風邪引かない」ボソッ

照「きっと咲が私のことを噂しているんだろう、いやー参っちゃうなー困っちゃうなー……それと渋谷、さりげなくひどい事をいうな」

渋谷「御無礼」

菫(やっぱり馬鹿だろこいつ)

菫「……ところで亦野は?姿が見えないようだが」

渋谷「彼女は置いてきた。修行(意味深)はしたがはっきり言ってこの戦いにはついてこれそうもない」

菫「あ、そう」

菫(亦野……無茶しやがって……)



照「……」

菫「……ところで、だ」

照「なに?」

菫「私達全員こんな服装で大丈夫なのか?」

ブラックコート+つば広帽子+サングラス

渋谷「大丈夫だ、問題ない」

照「問題ナッシングー」グー

菫(……どうやら人選に問題があったようだ)


菫(昨日いきなり照がオペレーション・スニーキングミッションだとか訳のわからんと言うか意味の被っとるたわごとを言い出したと思えばトントン拍子でご覧の有様だ)

菫(……まぁ私も今日淡達をBIKOUしようとしてたのは内緒だが)

照「!!……スミさん!ホシが来た!」

菫「誰がスミさんだ……ってん?」

渋谷「他にもう一人いる……」

菫「…………ん……おい…………待て」

「「?」」

菫(あの、執事服の男、まさか、まさか――――!!!!)




「お~い!淡ー!待たせたなー!」

淡「あ!京太郎ーっ!」パアッ

京太郎「ちょっと待たせたか?」

淡「ううん、今来たところ!」

淡(ホントは30分前から身だしなみチェックしてたよ!でもこの台詞言いたかったんだよね~)

京太郎「ははっ、ドラマみてーな台詞だな……でも、ま、あんまり待たせてなくてよかったよ」

京太郎「あ、それと紹介するよ、こちらの人が電話で話してた――――」





「初めまして、ハギヨシと申します」





.



淡(…………あれ?)

淡(この人、何処かで見たことある様な――――――ッッッッ!!!!!)


コ↑コ↓

オハイリクダサイ、ドウゾ

ワタシノイエ……オクジョウアルンデスケド……ヤイテイキマセンカ?

マァ、タショウハ

コノヘンガセクシーデスネ……エロイデス!

オマタセシマシタ、アイスティーシカアリマセンデシタケドヨカッタデスカ?

アバレナイデ、アバレナイデクダサイ

アナタノコトガスキダッタンデスヨ!

イイデス!キテクダサイ!ムネニカケテクダサイ!ムネニ!

イキスギイイイイイイッ

ンアッー!


淡「あ……あ……あ……あ……っ!」ガタガタガタガタ


京太郎「……?淡?どうした?顔色悪いぞ?」

淡「みゅっ?!ななななんでもないよ!なんでも!」

京太郎「そっか……ホントに調子悪い時は言えよ?」

淡「う、うん……ところでさ、そっちの人は――――」

ハギヨシ「…………」ジィィ

淡「……?」

ハギヨシ「……」ニコッ

淡「!!!!!」ゾワワワワッ!

京太郎「ん、ああ。ハギヨシさんはな、俺の師匠(意味深)なんだ」

京太郎「俺ってあんまり服の事わからないからさ、ハギヨシさんに助言頼んだんだけど、丁度ハギヨシさんも入り用なものがあるって言うからこうして一緒に――――って淡?」



「お~い!淡ー!待たせたなー!」

淡「あ!京太郎ーっ!」パアッ

京太郎「ちょっと待たせたか?」

淡「ううん、今来たところ!」

淡(ホントは30分前から身だしなみチェックしてたよ!でもこの台詞言いたかったんだよね~)

京太郎「ははっ、ドラマみてーな台詞だな……でも、ま、あんまり待たせてなくてよかったよ」

京太郎「あ、それと紹介するよ、こちらの人が電話で話してた――――」






「――――――ハギヨシ、と呼ばれています」ニコッ






.



淡「!ん、うん!何かな京太郎!?」

京太郎「……ホントにお前大丈夫か?」

淡「う、うん!私はいつでもウルトラハッピーな高校100年生だよっ!」

京太郎「そ、そうか」

淡「ほらっ!みんな揃ったことだし早くいこ?今日はいろんなところ回るんだから!」

京太郎「ははっ、お手柔らかにな」

京太郎「ハギヨシさんも、ほら、行きましょう」

ハギヨシ「――――――ええ」クスッ

淡「!!」ゾワワワワッ!!

淡(ううーやっぱりあの人嫌な感じするよぅー……)

淡(やっぱりあのDVDの人なのかな?……だとしたらすっごいよー……)

淡(と、とにかくっ、今日が正念場!頑張らなきゃ!)

淡(えい、えい、おーっ!)

ハギヨシ「…………」クスッ



照「……動いた!」

渋谷「尾行……開始……」

菫「…………」

照「菫?どうしたの?」

菫「い、嫌なんでもない。気にするな」

菫「それよりも慌てんな……慌てんなよ……彼らに尾行がばれたら話にならない」

照「そ、それもそうだな、うん。落ち着こう」

菫(あの執事服の男……正体が気になるが、今は様子を見よう)




――服屋――

淡「とうちゃーくっ☆」

京太郎「はえ^~けっこうおっきいんだな」

ハギヨシ「ええ、この辺りでは1番品揃えが良いみたいですね」

淡「よーしっじゃあ早速私のファッションショーを開催するよっ!」

京太郎「お、おう」

淡「京太郎が服を選んで、私がそれを着るのっ!」

淡「ふふっ、たーっぷりと私を京太郎色に染め上げてね?」

京太郎「今日もまた服選びか……壊れるなぁ……」

淡「!!……京太郎は、嫌?」

京太郎「あ、いや、そう言う訳じゃないんだ」

京太郎「ただ、俺なんかが選んだ服を着て本当に淡はいいのかな、ってさ」




淡「京太郎が選んでくれた服だからいいんだよっ!」

京太郎「そ、そうか。ならいいんだが……」

ハギヨシ「ふふっ、ならちゃーんと選んであげないといけませんね」

京太郎「え、ええ。そうですね、ハギヨシさん」

ハギヨシ「微力ながら私も力添えをさせて頂きますよ」

京太郎「それは……あはは、ちょっとアドバイスお願いしますね」

ハギヨシ「ええ、おまかせあれ!ですよ」



菫「淡の奴、結構はしゃいでるな……楽しそうだ」

照「愛しの彼氏とのデート!はしゃがずにはいられないッ!」

渋谷「……けれどあの隣の男……不気味……」

照「ああ、確かにそうだ……あの男、一体何者?」

菫「だから二人とも、あの執事の男に注意してくれ……何か嫌な予感がする」

渋谷「了解」

照「把握した」

菫(例のDVDに写っていた……と言うことは京太郎とそう言う関係なのか?)

菫(……なんにせよ、注意せねば)

京太郎「淡ーっ!着替え終わったかー?」

淡「ん、もう少し待って……っと、よしっ♪」

シャーッ!(迫真)

淡「じゃじゃーん!お待たせしましたっ!」キラッ

京太郎「おお……!」

ハギヨシ「……」

淡「えへへ……どう……かな?」モジモジ

京太郎「すっげー!似合ってるぜ!淡!」イケメンスマイル

淡「!!ホント!?ホントにホント!?」ガバッ




京太郎「あ、ああ、似合ってるから!か、顔が近い!あと、その、だな、
胸が……」

淡「え?……きゃぁっ!?」

淡(う、ちょっと露出多い服選んだからおっぱいが京太郎に見えてたんだ……)

淡(うう~……恥ずかしいよー……)カァッ

淡(で、でもっ、京太郎がこの服を選んでくれたってことは…私をもっと見たいってことだよね?)


淡(だ、だとしたら……えっへへ……嬉しいなぁ~)テレテレ

淡(私も京太郎が見た言って言ってくれたらいくらでも見せてあげるのに……)

淡(……そーいえば、私ってまだ京太郎とキスもしてなかったっけ)

淡(京太郎って奥手さんなのかな?やっぱり私がもーっとアピールしないといけないのかな?)

淡(……それに、うかうかしてたら京太郎が他の誰かに取られちゃうかも――――っ!!!)ゾクッ!

京太郎「あ、淡?どうかしたか?」

淡「え!?……あ、あはははは、なんでもないよ!それより早く!次の服次の服!」

京太郎「?……ほい、次はこっちな」スッ

淡「ん、りょーかいっ。じゃあちょっとだけ待っててね!」

シャーッ!(迫真)

京太郎(淡の奴、やっぱり今日様子が可笑しいな……なんかあったのか?)

ハギヨシ「……」ニコニコニコ



シャーッ!(迫真)

照「ん、淡の着替えが終わったみたい」

菫「どれどれ……うっわすっごいヒラヒラした服着てるな、アイツ」

渋谷「でも……似合ってる……」

菫「ああ、ホント……悔しいぐらいに似合ってるな」

照「アレならどんな男でもイチコロ」

菫「…………」ジーッ

照「……?」

照「菫?どうかしたか?」

菫「えっ?あ、ああ、いや、なんでもない、気にするな」

渋谷「……ひょっとして」

菫「?」

渋谷「……羨ましい、とか?」


菫「っ!!!」

照「羨ま?…………あー、成る程」

渋谷「彼女がヒラヒラした可愛い服を着てるのが」

菫「」

渋谷「で、自分もあんな服が着たい……と、考えいる……とか?」

菫「」プルプルプルプル

照「菫……」

菫「そそそそんな訳あるかそんな訳あるかっ!」

菫「わ、私にあーんな可愛い服が似合う訳がないのもお前らわかってるだろ!」


照「でも着たいんでしょ?」

菫「っ!」

渋谷「着たいんだろ?(迫真)」

菫「……」

照「……」

渋谷「……」

菫「……」

菫「~~~っ!!!!!!」

菫「あああああ!着たいさ!着たいとも!」

菫「いくら似合わないってわかっててもな!着たいものは着たいんだよ!!」

菫「しょうがないだろう!?だって女の子なんだもん!」


照「…………」

渋谷「…………」

菫「み、見るな!そんな優しい目で私を見るなぁっ!」

照「……よし、もうはしゃぐのはやめよう。奴らに見つかったら大変だからな」

渋谷「同意……」

菫(こ、こいつら……!)

照「あ、また淡が服抱えて試着室の中に入ったぞ」

渋谷「彼女……結構なんでも服似合うから……羨ましい……」

菫「……」

照「あ、ところで」

菫「?」

照「菫って日曜早起きしてる?」


菫「な、なんだ藪から棒に。日曜は……6時ごろに起きてるが、それがどうかしたか?」

渋谷「そう(無関心)」

照「やっぱりな(確信)」

菫「はあ?何がやっぱりなんだ?」

渋谷「スマイルチャージ!ゴーゴーレッツゴー!」

照「ウルトラハッピー!」

菫「?お前ら一体何を言って……っっ!!!!」

菫「い、言って、いるん、だ?」

照「動揺……したな?」

渋谷「それが……何よりの証拠!」

菫「ぐっ!」

照「菫!」

渋谷「貴様!」

照・渋谷「「(プリキュアを)見ているなッ!」」


菫「ぐううううっ!!!」

照(決まった……)

渋谷(堕ちたね(確信))

菫「…………」

菫「……ああ、そうさ」

菫「見ているさ……見ているとも」

菫「毎週毎週欠かさず録画し!毎週日曜朝八時半はテレビの前で体育座りだ!」

菫「私は毎週プリキュアを見ているんだよ!」

菫「それになにかおかしな事があるか!?女の子がプリキュアを毎週楽しみに見ておかしな事があるか!?いや!ない!(反語)」

照・渋谷「…………」

菫「だからそんな優しい目で私を見るなァーーーーz______ッ!!!!」


照「……菫」

菫「な、なんだ!」

照「安心して……私はそんな事で菫を馬鹿にしたりしないよ」

菫「……」

照「私も菫も、花も恥らう乙女なんだもん。プリキュアに憧れたって何もおかしくないっ」

菫「照……」

照「だから、涙を拭いて」スッ

菫「えっ?……あ」ツゥ

渋谷「イイハナシダナー」



渋谷(……でも)

渋谷「菫さんが魔法少女……か」

照・菫「」ビクッ

照・渋谷・菫「……」

ポワポワポワーン

チャーチャララーチャララチャーン♪(キャピキャピしたBGM)

菫『へんっ!しーんっ☆』

パアッ♪

フィーンパシャッ♪(服が出てくる音)

キュピーンシュワッ♪(同上)

菫『てんほーれんほーちーーっほーーーーっ☆』(よくわからない呪文)

菫『魔法少女☆まじかるすみれ☆』

菫『キミのハートをーーーーブチ抜くぞっ♪』デデドン!


照・渋谷「「だぁーーーーっはっはっはっはっはっ!!!!!!!!」」ワハハハハハ

菫「……」

照「こ、、こいつは傑作だ!」ゲラゲラ

渋谷「お、お腹痛い……」プルプル




菫「……」

照「魔法少女☆まじかるすみれ☆」キリッ

渋谷「だっておwwwwーーーーは?」

ズドドンッ!!!!!

シュゥゥゥゥ……

菫「何か言ったか?」

照「いえ、何も言ってません、マム」

渋谷「どっから出したそのアーチェリー」

菫「まったくお前らと言う奴は本当に……それと渋谷」

渋谷(?)

菫「魔法少女にーーーー秘密はつきものだ」

照「えっ」

菫「クラスのみんなには内緒だぞ☆」

渋谷(とうとう開き直ったか……)



菫「……ん?」

シャーッ!(迫真)

菫(淡が出てきた、か)



京太郎「ああ^~今日は結構買ったな~」

淡(えへへ……今日は京太郎と久々に会えたからちょっと奮発しちゃった……)

淡「この服!今度会う時絶対着てくるね!」

京太郎「はははっ、喜んでくれたんなら何よりだな!……さって、と、次はどこ行く?」

淡「次?次は……えーっと」

京太郎「あ、ハギヨシさんは何処か行きたいところないすか?」

ハギヨシ「私はあとで構いませんよ」ニコッ




淡(次かぁ……次はどこ行こう?)

淡(服屋さんの次だからやっぱり……)

淡(ラ、ランジェリーショップ?)カアアッ

淡(う、うんっ。きょーたろーに可愛いブラとか選んでもらって、えっと、その……えっち、の時に見てもらうんだ)

淡(それでそれで、京太郎に『可愛い下着だな……でも、お前の方がもっと可愛いよ』っていってもらったりして)

淡(そしてきょーたろーはゆっくりと私の下着を脱がしていって……私の恥ずかしいところをぜーんぶみてもらうんだ……えへへ、京太郎にならいいんだよ?」

淡(それから私達は幸せなちゅーをしながら一つになって、痛がる私を京太郎は優しく抱きしめて)

淡(いーっぱい汗かかきながら二人で幸せになって……それで私の中に、京太郎の…………きゃ~~~っ!!!!!)



京太郎「淡?淡ー?おーい、意識あるかー?」

淡「えっ!?あ、な、なにかな!?」

京太郎「いやだから、どっか行きたいところないかって」

淡「え、えーっと……あ、そうだ!(提案)」

京太郎「?」

淡「次は京太郎の服を買いに行こう!」

京太郎「へ?俺の服?」

淡「そ!それも私が選んだ奴をね!」

京太郎「……あー」

ハギヨシ「あなたに選んでもらったので次は私の番、と言う事ですね?」

淡「そう言う事です!」




淡(ホントはあっちに行きたかったけど、ハギヨシさんもいるし、また今度でイイよね……)

淡(うん、今度だっ!今度は絶対京太郎に可愛い京太郎好みの奴を選んでもらおう!)

淡(それでそれで、帰りにそのまま京太郎のお家に行って……うんっ!すばら!)

京太郎「……うん、俺も淡に選んでもらおうかな」

京太郎「それじゃあ善は急げだ!行こうぜ!」

淡「うんっ!」



渋谷「動いた……」

照「次は何処へ行くんだろうな?」

菫(しかし淡の奴、あんなに体をくねらせて、何をやっているんだ?)

菫(……大方いかがわしい事でも考えてるんだろうな、うん)




――――服屋②――――

淡「着いたーっ!」

京太郎「はへ^~ここもさっきの店みたいにおっきいな~」

ハギヨシ「どうやら先程の店の姉妹店の様ですね」

淡「よっし!それじゃー私プロデュース京太郎大改造作戦!はっじまっるよー!」

京太郎「お、お手柔らかになー」

淡(……とは言ったものの)

淡(どんな服選ぼー?京太郎、カッコいいからなーんでも似合うんだよね)

淡(きっとスーツとかカッチリしたのも似合うんだろうなぁ~)



淡(…………)

淡(……スーツの京太郎、かぁ)

ポワポワポワーン

京太郎『ただいま、帰ったよ』

淡『おかえりなさい♪あ・な・た♪』

京太郎『ああ、ただいま』

淡『ん……』

チュッ

京太郎『今日も仕事疲れた……ん、良い匂いだ。今日はカレーか?』

淡『いつもお仕事ご苦労様っ☆それとあったり♪今日は京太郎の好物のカレーだよっ……えへへ今日は京太郎だって、語呂いいね!…………あっ、そだ♪』

京太郎『ん?』

淡『ご飯にする?お風呂にする?それとも……わ・た・し?』

京太郎『…………』


淡『……』ジィーッ

京太郎『淡……かな?』スッ

もみゅん♪

淡『やんっ♪京太郎のえっち♪』

京太郎『お前が可愛すぎるのがいけないんだよ……』モミモミ

淡『ん……あ……はぁんっ……っ、で……でもっ』

京太郎『?』

淡『お腹に赤ちゃんいるから……やさしく……ね?』

京太郎『……ああ』スッ

淡『京太郎……んっ』

淡『ちゅ……ん……ちゅっぷ…ん……ちゅ……ぷはぁ』

京太郎『愛してるよ……淡……』


淡(でへ、でへへ、でへへへへへ)ヨダレタラー

淡「……はっ!」

淡(い、いけないいけない!つい妄想の世界に……)

淡「……」

淡(……この妄想が、現実世界にリアルブートしたらウルトラハッピーなんだけどなぁ)

淡「ハァ……」

淡(って!そんな弱気じゃダメだ!私!)

淡(京太郎と私は幸せなチューをして結婚するんだ!絶対!)

淡「……って、あれ?」


淡「……」

ポツーーーン

淡「……きょーたろー?どこいったのー?」

淡(私を置いて服でも見てるのかな……?)

淡(だとしたらどこにいるんだろう?)キョロキョロ

淡(…………)

淡(……ん?)

淡(あの試着室にある靴……あれは……京太郎の靴?!)


淡「……」

淡(はっぷっぷー。きょーたろーめ、一人でさっさと選んで試着しているな?)

淡「……そんなに欲しい服でもあったのかな?」

淡「まったくもう……」

トテトテトテ

淡「京太郎ー?そこにいるのー?」

ガタタタッ!

京太郎「んアッ、淡か?そ、そこにいるの、か?」

淡「う、うん。いるよー?」

京太郎「そ、そう ンッ か」

淡「もうっ!京太郎!私が服選ぶって言ったじゃん」プンプン



京太郎「そ、そうだっ、ック、たな。ごめンッ」

淡「?……京太郎?どうしたの?なんか変だよ?」

京太郎「え?あ、いや、なんでもない ァッ んだ。気にしないでくれ」

淡「あ、もしかして服着替えるのに手間取ってるの?だったら私が手伝おっか?」

京太郎「!!!」

シャッ!(迫真)

京太郎「い、いいや、いい、よ……ンッ、だ、大丈夫だから」(顔だけ出てる)

淡「そう?……なら、わかった」


淡「何か困ったことがあったら言ってね」

京太郎「ああ、わか――――~ッッッッ!!!!」

淡「?」

京太郎「……っ!……っ!……っ!」プルプルプル

淡「京太郎?どうかし――――ん?」

淡(あ……れ……?)

……ンッ……ンッ

淡(……なに?……この……音)

……パンッ……パンッ

淡(まさか……)

パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!

淡「ラップ音?!」



京太郎「ど、どうした……?淡?」

淡「ふえっ!?……え、えっと!その!」

淡(……あれ?)

シ……ンッ

淡(音、止まった?)

淡「な、なんでもない……です」

京太郎「……っ!……ァッ……っ!……ギヨシサッ……ハヨ……サッ……!」グリグリグリグリグリ

京太郎「……っ!!!……っく、そ、そうか。ならンッ、いいんだ」

淡「……」

淡「京太郎の方こそ大丈夫?顔色変だよ?」


京太郎「あ、あ……大丈夫だから……心配……ンッ……するな……っ」

淡「で、でも」

京太郎「あ、そうだ(唐突)……俺の服、選んでッ、来てくれなンアッーい……か?」

淡「え?……あ、うん!おまかせあれ!だよ!」

京太郎「は、は……じゃあ……頼むヒギッ……わ……」

シャッ(迫真)

淡「……」

淡「……よしっ!ミッションスタートだよっ!」

淡(でも本当に京太郎、大丈夫かな?)

淡(なんかあの試着室ガタガタしてる気がするけど……気のせいだよね?)

淡(……)

淡「……んっ!」


淡「それじゃー私の本気チョイス!見せてあげますか!」フンス

淡「……あっ」

淡(そう言えば執事の人……ハギヨシさん、どこにいるんだろう?)

淡(むむむ…………む?)

淡(執事……執事かぁ……)

ポワポワポワーン

京太郎『お帰りなさいませ、お嬢様』チャッ

淡『ん、京太郎ただいまっ!』

淡『で、早速だけど京太郎!今日は麻雀部で疲れたから!私の肩揉んで!』

京太郎の『肩……ですか?ええ、承知いたしました』スッ

淡『ぴゃへ^~すっごくきもてぃ~』モミモミモミモミ

京太郎『それはよかった』ニコッ

淡『肩が終わったら次は身体全身お願いね!』

淡『きちんと組まなく隅々まで!』

京太郎『ええ、承知いたしまし――――ってお嬢様!それはなりません!お戯れが過ぎます!』




淡『ええーケチー』プクー

京太郎『ケチじゃありません!』

淡『京太郎は私の執事なんだよ?ご主人様の命令は絶対なんだから』

京太郎『し、しかしですね……』

淡『ぜ・っ・た・い・な・ん・だ・か・ら』

京太郎『……承知いたしました』

淡『ん♪それでよしっ♪』

京太郎『ハァ……』

淡『……』

淡『そ』

京太郎『?』



淡『そ、それと……もう一つ……命令』

京太郎『?何でしょうか?お嬢様』

淡『き、京太郎!』

京太郎『は、はいっ!』

淡『……』ドキドキドキドキ

京太郎『……?』

京太郎『あ、あの、お嬢様――――』

淡『わ、私の!ものになれっ!』バンッ

京太郎『……へ?』ポカーン



淡『……』カァァァッ

京太郎『……』

京太郎『……お嬢様』

淡『』ビクッ

京太郎『……私が旦那様に仕えると決めたその日から、この身体の全てはお嬢様、あなたのモノなんです』

京太郎『私はこの家に仕える執事、しがないバトラーでございます。この家に忠誠を誓った、しがない番犬でございます』

京太郎『"そう言うこと"なのです、お嬢様』



淡『京太郎……』

京太郎『……そう、私が旦那様――ハギヨシ様にこの身を捧げると決めたその日から――――』


淡「って違う違う違う!!!!!」バッ!

淡「な、なんでハギヨシさんが出てくるのかな!?」

淡「お、落ち着け私……クールになれ……クールクール……」

淡「……ふぅ」

淡「……」

淡「て、ていくつー!」

ポワポワポワーン



淡『京太郎……』

京太郎『この身朽ち果てるまで……いえ、朽ち果てて涅槃に渡ったその後も――――私の肉体、魂は、お嬢様のモノです』

淡『……』じ~ん

京太郎『……』ニコッ

淡『……』

淡『……って違う違う!!!そうじゃない!そうじゃないよ!』

京太郎『……は?』

淡『え、えーと、その……あ!そ、そーだ!』




淡『きょ、京太郎!』

京太郎『は、はいっ!』ビシッ

淡『わ、私を――――京太郎のモノにしろっ!!!』

京太郎『はっ!承知いたしまし――――――――は?』

淡『……』

京太郎『……』

京太郎『……え、と……お嬢様?』

淡『っ!』

京太郎『それは一体、どういう意味で……』



淡『そ』

京太郎『……』

淡『そ、それは…………こう言う意味だよっ!』ガバッ!

京太郎『え?…………んむっ!』

淡『ん……ちゅ……ぷ……くちゅ……ちゅ……ぷはぁ』

京太郎『……っぷはぁ――――――――――――――――え?』

淡『わかって……くれたかな?』

京太郎『あ、あの、お嬢様?い、今一体何を……?

淡『もういっかいしないと……だめ?』

京太郎『っ!し、しなくていいです!』



淡『そう……残念』

京太郎『……』

淡『……』

京太郎『……あ、あの』

淡『ねぇ、京太郎』

京太郎『っ!は、はいっ!なんでございましょうか?お嬢様』

淡『私、京太郎のことが好き、大好き』

京太郎『――――ッ!!!』

京太郎『そ、れは……』




淡『やっぱり、駄目……かな?』

淡『"お嬢様""の私が、執事の"京太郎"を好きになるなんて、駄目なことなのかな?』

淡『お嬢様の命令でも、駄目なモノは駄目なのかな……?』

淡『ねぇ……京太郎……』

京太郎『っ!お嬢様!』がばっ!

淡『……あっ』

京太郎『一時の御無礼、お許しください』

淡『(ふわぁ……きょーたろーの胸の中……あったかい……)』

淡・京太郎『……』



京太郎『』スッ

淡『……あ』

淡『(もう少し抱きしめたかったのに……残念)』

京太郎『……わ』

淡『……え?』

京太郎『……私も、お嬢様のことを――――』

淡「なーんちて!なーんちて!」

淡「…………ふぅ」

淡(イカんな、最近妄想多すぎるよ、、私)

淡「……」

淡(……どれもこれも、きょーたろーがカッコよすぎるからいけないんだよ?)

淡「……」

淡「……さてっ!京太郎の服を選びますかっ!」

淡(えへへ、気に入ってくれたらいいなぁ~~)




カアーカアーカアー(迫真)

淡(カラスが鳴いてる……夕日、綺麗だなぁ……)

京太郎「ぬわああああん疲れたもおおおおん!」

ハギヨシ「今日はいっぱい歩きましたからねしょうがないですね」

京太郎「じゃあ淡、俺ハギヨシさんをそこまで送ってくるからここで待っててくれよ?」

淡「ん、わかったー」

京太郎「じゃあハギヨシさん、行きましょうか」

ハギヨシ「ええ」




淡(今日はいろんなモノ買ったな~。えへへ、楽しかったな~)

淡(今度はどこに行こう?何をして遊ぼう)

淡(えへへ、考えるだけでウルトラハッピーになっちゃうよ…………ん?)

ブブブブブブブ

淡「メールだ……誰からかな?」パカッ

淡「……」




京太郎「おーう、待たせたなー淡。それじゃあ俺もそろそろ帰――――」

淡「ねぇ、京太郎」



京太郎「ん?」

淡「この後なにか……用事ある?」

京太郎「用事?……特にないけど」

淡「そ。……じゃあちょっと付き合ってくれない?」

京太郎「え?ああ、別にイイけど」

淡「……ふふっ、ありがとっ」




京太郎「……」テクテクテク

淡「……」テクテクテク

京太郎「……」テクテクテク

淡「……」テクテクテク




京太郎「な、なあ淡?今俺達は何処へ行って――――

淡「ねぇ、京太郎」

京太郎「は、はいっ!」

淡「――――ここ、入ろっか?」

京太郎「……え?」

京太郎(…………)

京太郎(……ラ)

京太郎(ラブホ君オッスオッス!!)

淡「……」

京太郎「え?いや、ちょ、ちょっと待って、えっ?なにそれは」

淡「……」クスッ



菫『……ふぅ、なんとか服屋(紳士服)に着いたな』

渋谷『危うく見失うところだった……』

照『危なかった……』

菫『元はと言えば迷子になりかけたお前が悪いんだぞ、照』

照『反省している。てへぺろ』

菫『してないだろ……』

渋谷『……須賀京太郎と執事男の姿が見えない』

菫『ん?……あ、本当だな』

照『でも淡は見えるぞ』

菫『アホ面かまして惚け立ってるな』



渋谷『所謂ヘブン状態……』

菫『奴の周りを小さな星が浮かんでは消えている……成る程、確かにヘブン状態だな、あれは』

菫『自分の世界に完全に浸っている……』

照『……星……☆……ヒトデ?』

菫『は?』

照『な、なんでもない、気にしないで』

菫『?……あ、戻った』

渋谷『妄想からの脱出……成功』

照『……あたりを見回してるな』

菫『大方ヘブン状態の時に須賀達が何処かに行ったから、それに慌ててるんだろう』



渋谷『見ていて……滑稽……』

菫『……ん?』

菫『……ああ、成る程、須賀は試着室か』

渋谷『……』

照『……あ、試着室から離れて行った』

照『どうする?淡の方を尾行する?』

菫『いや、このまま試着室を見張っておこう』

渋谷『了解……』




菫・照・渋谷『『『…………』』』

照『なぁ……あの試着室少し揺れてないか?』

菫『気のせいだろ』

渋谷・照・菫『『『…………』』』

照『……なぁ、やっぱり揺れて』

渋谷『気のせい……』

照・渋谷・菫『『『…………』』』

照『……あ、須賀出てきた』

菫『ん、本当だな』

渋谷『尾行、リスター…………ト?』

菫・渋谷・照『『『……え?』』』



照『な、なあ菫。なんで須賀と一緒に執事男が試着室から出て来たんだ?』

菫『し、しらん!私に聞くな!』

渋谷『あっ……(察し)』

菫『(ま、まさかあの中でおっ始めていたのか?……い、いや!そんなことあるはずがない!)』

菫『(……くそっ!どうかして来たな!私の頭!)』

菫『……』

菫『(……でも)』

菫『(後で一応、ありのまま今起こったことを淡にメールで送っておこう……)』



ブブブブブブブ(迫真)

淡『……あれ?メールだ』

淡「…………」

淡「…………」

京太郎「なあ!淡!やめろって!俺達は友達だろう!?何故こんな無理矢理!」ギシッギシッ

淡「」スッ

(京太郎のリー棒を添える音)

京太郎「!!や、やめろ!淡!これ以上腰を下ろしたらホントに入っちまう!」

淡「……」

京太郎「な、何があったか知らないけどさ!悩み事があるんなら俺が話を聞くよ!それで、俺にできることなら何でもする!」

京太郎「だから淡自分を見失うな!お前はこんなことする奴じゃないだろ!」



淡「……」

京太郎「淡……」

淡「」ニコッ

京太郎「淡……!」パアッ

ズ……ビチ……ヌッ!

京太郎「――――――え?」

淡「~~~ッ!!!!!」

京太郎「あ、淡……お前……なにして……」

淡「……ぃ、たぃっ……っ!」ジワッ

淡「……え、へへ……でも……これで……」

淡「わた、しは……京太郎のモノで……」

淡「京太郎は……私、の、モノだね……」





京太郎「淡……」

淡「……えへへ」

淡「……キスよ、り先に……ひとつになるなんて……おかしな話だよね……っ!」

京太郎「……」

淡「……きょーたろー」



淡「大好き、だよ?」





――――――二人は幸せなキスをして終了――――――





.




「……ふぅ」

「……どうやらあの小娘に、私と彼の運命の出会いとも言えるあの作品を贈ったのは失敗だったようですね」

「絶望のひとつやふたつしてくれると踏んではいたんですが……いやはや私も少し甘かったみたいです」

「それとも今日私達をつけ回ったあの子猫三匹達の仕業ですかね?」

「…………」

「……でもまぁ、いいでしょう」

「奪われたモノは奪い返す」

ハギヨシ「それが、執事<バトラー>の嗜みですから」


カン!