小蒔が須賀家に拾われた次の日

京太郎「おはよう母さん、コマキは?」

京ママ「おはよう、掃き掃除をしてもらってるわ」

コマキ「~~♪」サッサカサッサカ

京太郎「母さん、コマキに何やらせてんだよ…」

京ママ「自分からやりたがったのよ?箒をもってうろうろするからお願いしたの、いい子よね~ あんたよりよっぽどお利口さんだわ」

京太郎「ほっとけ!」

京ママ「コマキちゃ~ん お掃除はその辺でいいから、朝ごはんにしましょう」

コマキ「!」テテテテ

京太郎「母さん、昨日言ったろ コマキはお菓子をあげりゃ満足するんだって」

京ママ「だとしても、お菓子だけ食べさせるのは不摂生でしょ ちゃんとお野菜もあげないと それに…」

コマキ「!」wktk

京ママ「この子、とにかく食べるの大好きみたいじゃない」

京太郎「まあ、確かに」



京太郎「じゃあ行ってきます」

コマキ「!」テテテテ

ピトッ

京太郎「こらコマキ、俺は学校に行くんだから お前は家でおとなしく…」

コマキ「…」ショボン

京太郎「う…学校には小動物を連れていっちゃいけなくてだな…」

コマキ「…」ジーーー

京太郎「…部活の時間になるまでは構ってやれないぞ?いいのか?」

コマキ「…!」コクン


京太郎「ったく、しかたないな 手頃なかばんにでも入れていくか」

コマキ「!」パア

京太郎「万一誰かに見つかったら…ぬいぐるみのフリでやり過ごすこと、いいな?」

コマキ「!」コクン

京太郎(どうにも俺はコマキに甘えられると弱いな…)

京太郎「うーん これだと角がはみ出るな… まあいいか」

京太郎「いってきまーす」



  • 学校-
咲「おはよう京ちゃん」

京太郎「おう、咲」

コマキ「…!」ピョコ

咲「わっコマキちゃん!? 連れてきたんだ?」

京太郎「くっついて離れてくれなくってな、ちゃんと大人しくしてるならって約束で」

咲「大丈夫だよね、コマキちゃん」ナデナデ

コマキ「~♪」


京太郎「そうだ咲、俺昨日ネトマですっげー成績出せたんだぜ!順位も一気に500くらい上がったかな」

咲「へえ、すごいね!」

京太郎「あの調子が続いてればお前だって負かせそうだぜ 放課後楽しみにしてろよ!」

咲「ふふ、もうすぐ県予選だしね 京ちゃんが強くなってくれたなら私も嬉しいよ」

京太郎「すっかり上から目線になりやがって、調子に乗っていられるのも今だけだぞこいつ~」グリグリ

咲「あうう~ い、痛いよ京ちゃん…」


コマキ「…」

コマキ「…!」サクッ

京太郎「いでっ!な、なんだぁ!?」

咲「どうしたの京ちゃん?」

京太郎「たぶん…コマキの角が脇腹に刺さったんだな コマキ、気をつけてくれよ けっこうお前の角鋭いんだから」

コマキ「…プイッ」モゾモゾ

京太郎「潜っちまった ほぼ潜れてないけど」


京太郎「おーい、どうしたんだよ、急にご機嫌斜めになって」ポンポン

コマキ「……」

咲「きっと京ちゃんがいじわるするから怒ってくれたんだよ ね、コマキちゃん」

京太郎「そうなのか? あのなコマキ あれは幼馴染のスキンシップってやつで…」

コマキ「…!」サクッ

京太郎「いてぇっ!」

咲「コ、コマキちゃん その辺で…」


  • 教室-
コマキ「…」

京太郎「ふわぁ~ 眠い…昨日調子に乗って遅くまでネトマしてたからかな…」

京太郎「…ぐ~」

コマキ「!」クイクイ

コマキ「……」スラスラ ヒラ

先生「え~じゃあ次の問を 須賀、やってみなさい」

京太郎「ファッ!?は、はい」

京太郎(やべえ!全然聞いてなかった!)

京太郎「あ、あれ?えっと、x=4です…?」

先生「うむ、正解だ 寝ているように見えたがちゃんと聞いていたようだな」


京太郎(俺、問題解いてたっけ… まあいいか)

コマキ「…」クイクイ

京太郎「ん?どうしたコマキ?」(小声)

コマキ「…」チラッ

京太郎「…外に出たいのか? さすがにそれは危ないんじゃ…」(小声)

コマキ「…!」グッ

京太郎「見つからないように行くって?」(小声)

京太郎「…気をつけて行けよ? あと食いもの盗んだりしないこと、遅くても昼には帰ってくること」(小声)

コマキ「!」ピョン カサカサカサカサカサカサ

京太郎「て、天井に張り付いていきやがった…スパイダーマンかあいつは」


  • 情報処理室-

コマキ「…」カサカサカサ スタッ

コマキ「…」ピッ

PC「ウィーン」

コマキ「…」カタカタ

PC「○月×日 鹿児島県○○市永水女子高校で女子生徒一人が行方不明になるという事件が………
家族や友人は安否を…………警察は捜査を…………」

コマキ「…」

コマキ「…」グスッ



霞(小蒔ちゃんには神様を降ろしてない状態でも全国で戦えるくらい強くなってほしいのよ)

コマキ「……」カタカタ

「天鳳」

コマキ「…」カチッ…カチッ…

PC「ツモ、1000,2000」

コマキ「!!」ガーン

霞(今日もマイナス…かわいそうだけど…おやつは抜きね…抜きね…きね…)エコー

コマキ「…」グスグス

??「誰かいるの?」ガチャ

コマキ「!!」ドヒューン

??「誰もいない…? あら、一台つけっぱなしじゃない」

??「天鳳?誰か遊んでたのね~ あら、ひどい点数」


  • 教室-

コマキ「…」トテテテテ

京太郎「お、帰ってきたか 誰かに見つかったりしなかったか?」(小声)

コマキ「…」コクン モゾモゾ

キーンコーンカーンコーン

京太郎「お、ちょうど昼だな 部のみんなと食うって約束してるんだ 売店でメシとお菓子買っていくぞ」

コマキ「…」

京太郎(元気がないな…?お菓子って聞くとテンションあがるのに)

京太郎(もっとコマキの考えてること分かってやれたら…こいつが何者なのか分かるのかな…)


  • 永水-
巴「霞さん インハイの出場選手の登録 済ませてきました。」

霞「ありがとう、ごめんなさい巴ちゃん 本来なら私の仕事なのに…」

巴「気にしないで下さい、お話したとおり姫様は先鋒に入れておきました 一応補欠も…」

霞「ええ…」

初美「きっと姫様もすぐ帰ってきてくれますよー 私たちは私たちにできることをしましょう! さあ、練習ですよー!」

霞(皆が気を使ってくれてるのに 駄目ね…本当なら私がしっかりしないといけないのに)

霞(小蒔ちゃん…)


春「…来た」ポリポリ

巴「はるる?」

ガチャ…

良子「グッドアフタヌーンですー」

霞「あ、あなたは…」

初美「戒能プロ!?」

良子「お久しぶりです皆さん、ハルも大きくなったね」ナデナデ

春「お姉ちゃん…」ギュッ


巴「どうしてここに…?石油王になるべくアラブに行ってたんじゃ?」

初美「シャーマンの王になるために修行中って聞きましたよー?」

良子「ないないノーウェイノーウェイ ハルから大まかな事情をきいてね 
一大事だそうで 行方不明のお姫様を探す手伝いをして欲しいとか何とか」

初美「はるるが前に言ってたのって、戒能プロのことだったんですかー」


春「…」コクン

霞「お手伝いって…」

良子「捜索透視はイタコの十八番 とりあえず お姫様の私物や写真があると一層詳しく調べられますよー」

霞「す、すぐにお持ちします!」パタパタ

初美「い、イタコって…信用していいんですかー?」

春「的中率…10割…」

初美「す、すごいですねー」

春・良子「それが自慢」ニコ


  • 清澄- 放課後 部室
優希「部長たちはまだ来てないようだじぇ」

和「今メールで連絡が、学生議会で少し遅れるそうです。
今日は大会の出場登録に行く予定だからすぐ出られるよう準備しておくように、だそうです」

京太郎「そうだったな でも準備といっても用意するものはあまりないし、部長たちがくるまでちょっと打たないか?」

優希「おーぅ、ノリノリだな京太郎!」


咲「ふふ、京ちゃんたら今朝からずっとこうなんだよ 昨日ネット麻雀ですごく調子がよかったんだって」

優希「ふん!調子こいた飼い犬に躾をするのは飼い主の義務だじぇ、身の程を教えてやるじょ!」

京太郎「上等だぜ!吠え面かかせてやるよ!」

和「それじゃあすぐ終われるよう東風戦にしましょうか」

優希(クックック 東風戦とは好都合だじぇ! 殲滅してくれるわ!)ギラーン


優希「ツモ!2900オールだじぇー!」

京太郎「ぐわー!また優希かよー!」

咲「やっぱり東場の優希ちゃんはすごい…」

和「くっ……」

優希「はっはっは、ちょろすぎるじょ犬!吠え面かかせる前にこの笑いを止めてほしいもんだじぇ!」

京太郎「くぅ~~っ!」


咲「まだまだ、諦めちゃだめだよ京ちゃん、これから逆転だってできるよ!」

京太郎「そ、そうだよな…」

コマキ「……」クイクイ

京太郎「コマキ、まだ慰めるのは早いぜ 昨日だって大逆転できたんだ ここからまくってやるさ!」

コマキ「……グッ」ピョン

京太郎「おう、応援しててくれよコマキ!」

コマキ「…!」ペカー


優希「!?」

咲「…!?うっ!!げほっげほっ!」ガタッ

和「み、宮永さん!?優希!?大丈夫ですか?」

京太郎「ど、どうしたんだ?いきなり立ち上がったりして」

咲「ご、ごめんね 大丈夫だよ、大丈夫…」スッ

和「それなら、いいんですが…」

京太郎「なんかよくわからんが…無理すんなよ?」

咲(い、今の…お姉ちゃんみたいな感じ…)ブルッ…

優希(今…京太郎の方から咲ちゃんみたいな感じがしたじぇ…)ドキドキ

コマキ「…」

優希「よ、四本場…」カチッ


京太郎「おお!これは…しかも…よっしゃ!」

京太郎「ダブルリーチだ!」

三人「!?」

優希「そ、そういうのは私のお株だじょ…」パシッ

咲(やっぱり、気のせいなんかじゃない…!)パシッ

和(……)ピシッ

京太郎「来た!ツモだ!」

三人「!?」

京太郎「えーっとダブリー一発メンタンピン…?あとドラ2!倍満!4000、8000か?」

和「須賀くん、4本場ですから4400,8400です」

京太郎「あ、そうか サンキュー和」

コマキ「…!」

京太郎「ありがとなコマキ、お前の応援のおかげだぜ!」ナデナデ

コマキ「♪」


優希「ま、まだ勝った気になるなよ!そう何度もラッキーなんて続かないじょ!」

京太郎「へへ、どうだろうな 昨日もいきなりでかいのが来てその後ずっとバカヅキ状態だったんだ ほんとに逆転しちまうぞー」

咲「わ、私が親だね…」カチッ

コマキ「…!」ペカペカー

咲(!!さ、さっきよりもずっとすごい…!?いや…!ここにいたくない…!!)カタカタ

優希「な、なんか体が震えるじぇ…」カタカタ

和「…ッ」ブルッ


ガチャッ

久「はーい、皆おまたせー!連絡したとおり出場登録に行くわよー」

まこ「ほれ立った立った、議会で時間食っちまったからのう、急がんと!」

咲「ぶ、部長…」ハア…ハア…

コマキ「…!」ピョン テテテテ

久「あらコマキちゃん 須賀くんに連れてきてもらったの?」

京太郎「あー、時間切れかー!せっかくここから大逆転するつもりだったのに」

和「須賀くん、ダブリーなんて運要素しかない役ですよ 
実力ははっきり言ってまだまだなんですから慢心しないようにしてください」


京太郎「そうなのか?昨日もネトマでけっこうダブリーしたんだけどな 半荘で一回くらい」

和「そんなオカルトありえません」

京太郎「えー?」

優希「そんな豪運は京太郎にあるはずがないじぇ とにかく行くじょ!」

久「なになに、何の話ー?」

京太郎「実はですねー、昨日からすごく調子がよくてー」

コマキ「…」テテテテテ

ガヤガヤ


咲「……」

咲「さっきの嫌な感じ…ほんとに京ちゃんが…?」

咲「ううん、今のはたぶん…」

咲「あ… 東二局の京ちゃんの配牌、伏せたままだ…」

咲「…」ドキドキ

チャッ

咲「こ、これ…!?」ゾクッ

咲「うっ…うぐっ…」ヨロ…

咲「ツモ牌は…」

咲「だめ…怖くて開けない…」


京太郎「咲ー!何やってんだ?早く来いよー!」

咲「…! う、うん 今行くよ!」アセアセ

咲(い、一体何者なの…)

咲(コマキちゃん…)


  • 永水-
霞「…」

初美「戒能プロ…見つけてくれるでしょうかー?」

春「お姉ちゃんはすごい人…きっと大丈夫」

巴「奥の部屋にこもりっきりですけど なにをしてるんでしょう…」

初美「そりゃあイタコっていうくらいですから霊を降ろして対話して見つけ出すんですよー!」

巴「いやいや、もしかしたら地図の上にペンデュラムを垂らしてダウジングかもですよ!」


  • 奥の部屋-

???「あら~、もしかして良子ちゃん?久しぶり、大きくなったわね~」

良子「久しぶりでもないですよ?三日くらい前に呼んだのお忘れですか?」

???「そうだったかしら?一年ぶりくらいだと思ってたわ~ 幽霊になるとどうも時間の感覚がおかしいのよね~」

良子「…早急に調べたいことがありまして、協力をお願いしたいのですが」

???「おまかせあれ! 娘を見守ってばかりってのも退屈だったしね~
 あーそうそう聞いて~ うちの娘たちがね、麻雀のインハイ出るって今頑張ってるのよ~」


良子「すみませんが世間話はまた今度 この子の行方を知りたいのです」ス・・・

???「千里眼ね~なるほどなるほど~ この子もなかなかのおもちをお持ちね~
うちの娘のチーム、いい子たちなんだけど~どの子もおもちが物足りないのよね~」

良子「塩かけますよ?」

???「きゃ~やめてやめて、真面目にやりますから~」

良子「…まったく」


???「じゃあ地図ちょうだい?」

良子「どうぞ 国内でいいですよね」

???「ええ、 ん~~~~~~~~…」

???「…ここ?」

ぷにょっ

???「ん~ただ大きいだけじゃない、はりのあるいいおもちね~ 若いっていいわね~」プニョプニョ

良子「……」バサーーーッ

???「キャーちょっとしたジョークよジョーク!熱い熱い!塩はやめてー!!」

良子「今度やったら問答無用で祓いますので」

???「うっ…うっ…冗談の通じない子になっちゃったわね良子ちゃん…」


???「えーっとね ここかな~?」トン

良子「…長野…ですか?そんな遠くに?」

???「うん、長野の~この辺かなー」グリグリ

良子「ずいぶんピンポイントですね、根拠は?」

???「うん、その探してる子って、たしか永水の神様降ろす子よね~ 
この辺からね、神通力っていうの?すっごい力をビンビン感じるのよね~」


良子「安否のほどは?」

???「大丈夫だと思うわよ?ただ…」

良子「ただ…?」

???「さっぱりおもち力を感じないのよね~ なんでかしら この写真、フォトショで加工とかしたの?」

良子「ノーウェイノーウェイ、別人という可能性は?」

???「ノーウェイノーウェイ~ さっきも言ったけどこれほど強い力は間違えようがないもの~」

良子「…有力な情報を頂けました ありがとうございました 松実さん」

松実「どういたしまして~ それじゃあ報酬に良子ちゃんのおもちをもう少し揉ませて…」ワキワキ

良子「…」塩ファサー

松実「あぁ~~」ジュワァ~~


――
良子「と、いうわけで 探し人は長野にいるそうです」

初美「ず、ずいぶん遠くですねー」

霞「無事なんですか!?小蒔ちゃんに何かあったら私…!」

良子「…安心して、息災なようだよ」

霞「よかった…小蒔ちゃん…」ヘタッ

初美「よかったですねー霞」ナデナデ

巴「しかし、どうして長野になんて…」

良子(どんな状況に置かれているかは分からないけど、不安にさせてしまうことはわざわざ言うことはないでしょう)

春(よかった…)ポリポリ


霞「…」スクッ

巴「か、霞さん…?」

霞「長野に行きます…」

巴「言うと思いました、県予選は十日後なんですよ?」

霞「それまでに、必ず小蒔ちゃんを見つけてくるわ」

巴「警察に任せるというのは…」

霞「証拠もないのにいきなり長野なんて、警察が信じてくれるかしら?」

巴「ですが…」

霞「お願い、巴ちゃん…小蒔ちゃんに謝らないといけないの…私が行かないといけないのよ…」


巴「…わかりました」

巴「必ず、県予選の前に帰ってきてください 姫様もつれて」

初美「大丈夫ですよー もし霞まで予選に出られないとしても私が大将に回さず終わらせてやります!」ムンッ

春「…二人の留守は私たち三人が預かる」

霞「ありがとう、皆…」


良子「…はい、ありがとうございます、詳しい時間はまた後ほど…失礼します」

春「…お姉ちゃん?」

良子「長野にいらっしゃるプロ雀士の先輩に連絡しておいたよ
長野までは私が送っていくから向こうにいる間はその人の世話になるといい」

霞「戒能プロ…何から何まで…ありがとうございます」

良子「本当は最後まで面倒みてあげたいんだけどね さて、出発は?」

霞「今すぐに」

霞(待っていてね、小蒔ちゃん…)

巴「戒能プロ、すごく頼りになるじゃない いいお姉さんね、はるる」

春「それが自慢…」ニコ


  • 清澄-
久「みんなお疲れ様、出場登録は無事終了ね」

久「明日の休みから合宿だから集合には遅れないように、それじゃあ解散!」

和「それじゃあ帰りましょうか」

京太郎「あーあ、それにしても残念だ」

優希「どうした?犬」

京太郎「団体戦さ、うちは男子部員が俺一人だから個人戦しか出られないんだぜ?」



京太郎「清澄にあと四人、男子部員がいれば団体戦もエントリーできたのにと思うと ちょっと歯がゆくてさ」

和「確かに、団体と個人で全国へ行くチャンスが私たちには二回あるということですが…」

優希「ないものねだりは見苦しいじょ犬!自分に与えられたチャンスを最大限に生かすよう努力するのだ!」

咲「そうだよ京ちゃん 個人戦に自分の持てる力を全力でぶつけよう?京ちゃん毎日頑張ってるもん きっといい結果出せるよ」

京太郎「うーん まあ今の俺なら全国優勝だって夢じゃなさそうだしな!きっと大丈夫だ!」

咲「えっと…」

京太郎「コラ咲!そこはノるところだろうが!励ましてるんじゃないのかよ」グニグニ

咲「あうぅ…痛いよ京ちゃん…」


和「ふふっ それじゃあ私はここで また明日」

咲「あ、うん じゃあね原村さん」

コマキ「…!」フリフリ

和「コマキちゃんも、また明日」

優希「よし、犬!私たちも行くじょ!またな咲ちゃん!」

京太郎「おう、じゃあな咲 また明日」

咲「あ!あの!京ちゃん…!ちょっと…二人でお話いいかな…?」


京太郎「なんだよ咲、突然…」

優希「じょ?」

コマキ「?」

咲「優希ちゃんごめん、いいかな?」

優希「ふむ、それじゃあ私は先に帰ってるじょ!また明日な!」

咲「うん、じゃあね!」

京太郎「?」


咲「…えっと…えっとね…京ちゃん、ちょっと教えてほしいんだけど」

京太郎「ん?」

咲「昨日京ちゃん、ネット麻雀ですごく調子がよかったって言ってたよね…?」

京太郎「おう、なんだ?俺の暴れっぷりをもっと聞きたいってか?」

咲「ううん、その時って…もしかしてコマキちゃんが膝に乗ってた?」

コマキ「…!」

京太郎「コマキが…?なんでそんなこと… ああ いたよ、確かに」


咲「やっぱり…」

京太郎「?」

咲「今日、部室で少し打った時も、京ちゃんのダブリーが決まったのはコマキちゃんが膝に乗ってから…だったよね?」

京太郎「た…確かにそうだけど…咲、何が言いたいんだ?はっきり言ってくれよ」

咲「えっと……もしかしたら…京ちゃんが麻雀ですごく強かったのは…コマキちゃんの力のおかげなんじゃないかな…って…」

京太郎「そ、そんなまさか…」

咲「ダブリーの後の東二局、部長たちが来てお開きになったけど…
あの後伏せてあった京ちゃんの配牌を見てみたの…そしたら…清老頭一向聴だった…」

京太郎「チ、チンロウってたしか…」

咲「老頭牌、一と九だけで作る役満だよ」



京太郎「ほ、本当に…!?」

咲「普通の打ち手だった京ちゃんにいきなりこんな豪運が宿るとは思えないの…個人戦の前に、確認しておきたくて…」

京太郎「…俺が昨日から好調だったのは、お前の力のおかげだったのか?コマキ」

コマキ「…」コクン

京太郎「………そっか…強くなれたと思ってたのは…俺の勘違いか…」

咲「京ちゃん…きっとコマキちゃんは…負けてる京ちゃんを元気づけたくて…」

咲「怒らないであげて、ね?」

コマキ「…」ビクビク


京太郎「ん…大丈夫だ、教えてくれてありがとな 咲」

京太郎「…すごいんだなコマキは! 本当に何者なんだ?咲にカン材が集まるのと同じようなもんなのかな?」ナデナデ

コマキ「…」シュン

京太郎「そんな顔するなよコマキ、お前はただ負けてた俺を助けたくて力を分けてくれただけだ、悪気はなかったんだろ?」

コマキ「…」コクン

京太郎「ならいいさ、俺がコマキの力だって気付かずにうかれちまっただけの話だよ」ナデナデ

京太郎「自分の持てる力を出し切って戦ってこそ麻雀ってのは楽しいんだもんな そうだろ?咲?」

コマキ「…!」

咲「…そうだよ、頑張ろう!予選までまだ時間はあるんだから!京ちゃんも私もまだまだ強くなれるよ」


京太郎「……やばいぞ咲」

咲「?」

京太郎「部のみんなに偉そうに啖呵切っちまったよ!個人戦では勝利を手土産に帰ってきてやるとか何とか!」

咲「そ、それは…勘違いだったし仕方ないんじゃ…理由を話せば…」

京太郎「いや駄目だ!今更勘違いでしたって撤回するなんて男としてかっこ悪すぎる!
部長なんて『期待してるわね須賀くん(はぁと)』なんて言ってくれたんだぞ!」

咲「え、えっと…」


京太郎「咲、お前これからヒマか?」

咲「えっ」

京太郎「ヒマだよな!どうせ帰っても本読むだけだもんな!」

咲「ひ、ひどいよ京ちゃん…人を本以外趣味のない女みたいに…」

京太郎「ん?なんかやることでもあるのか?」

咲「……ないけど」

京太郎「じゃあ俺ん家こい!麻雀指導してくれ!」

咲「えぇ!?今から!?」

京太郎「あぁ、いいよな?」

咲「で、でもこんな時間に男の子の家にあがるのはちょっと…なんていうか…」ゴニョゴニョ


京太郎「聞こえないからイエスと取るぞ!時間が惜しい!走れ!」ダッ

咲「わっちょっ…!引っ張らないで」

コマキ「…!」テテテ

京太郎「お、コマキも教えてくれよ!すっげー力持ってるんだから当然強いんだろ?ただし力を貸してくれるのは無しな!」

コマキ「…!」コクコク

京太郎「目指すは個人戦全国だー!」

咲「分かったから引っ張らないで~」


  • 京太郎の部屋-
咲「うん そう、河を見ればホンイツにしたくても2,3sがもう使えないのが分かるよね」

京太郎「おう、なんかだんだん相手が何を狙ってるかも分かってきたぜ お、字牌だ ポン!」

京太郎「よし、ロン!えっとホンイツ役牌ドラ1 7700だ!」

咲「やったね京ちゃん!」


コマキ「…」クイクイ

京太郎「ん?どうしたコマキ?」

コマキ「…!」フンッ

咲「もしかして、やりたいんじゃない?」

コマキ「!」コクコク

京太郎「えっでもコマキ、謎パワーで勝ちあがっちまうんじゃ?」

コマキ「…!」フルフル

咲「京ちゃん、やらせてあげなよ」


京太郎「じゃあほら 手、届くか?」

コマキ「…!」フン゛ン゛ー

咲(あれ?部室で感じたような嫌な感じが全然しない?)

咲「あっ コマキちゃんそれ!」

PC「ロン、トイトイ、役牌2」

コマキ「…!!」ガーン

京太郎「あ、あれ?」


コマキ「…」ウルウル

京太郎「な、なに、気にするなよ たまにはこういうことだってあるさ」

コマキ「…」クルッ

咲「もしかしてコマキちゃんって 不思議な力を使わないで打つのは得意じゃないのかも…」

コマキ「……」コクコク

京太郎「そ、そうなのか…意外だな」

コマキ「…」ジーッ

咲「な、なにかな…コマキちゃん?」

京太郎「はは、わかった コマキも咲に麻雀教えてほしいんだよ きっと」

咲「そ、そうなの?」

コマキ「…!」コクコク


咲「ど、どうしよう…」

京太郎「いいじゃないか 生徒が一人増えたところであんまり変わらないだろ?」

咲「う、うーん」

京太郎「頼むぜ咲先生!できの悪い俺たちを大会でも勝ち抜けるように鍛えてくれ!」ぺっこりん

コマキ「!」ペッコリン

咲「わ、わかったから 先生って呼ばないで!頭上げて!」


  • 宮永家前-
京太郎「悪かったな、夜中まで付き合ってもらって」

咲「ううん、そっちこそ わざわざ送ってくれなくてもよかったのに」

京太郎「まあ、これくらいはな な、コマキ」

コマキ「!」フリフリ

咲「うん、また明日ねコマキちゃん」

京太郎「それじゃあな 明日寝坊すんなよ!」

咲「だ、大丈夫だよ お父さんに起こしてもらうから! もうっおやすみ!」

京太郎「おやすみー!」


京太郎「ふう、今日はいろいろあって疲れたな」

コマキ「…」トテテテ ポテッ

京太郎「あーまてコマキ 眠いだろうがベッドインはまだ我慢しろ、風呂に行くぞ」ガシッ

コマキ「~~っ!!」ジタバタ

京太郎「コラッ暴れるな、風呂はいらずに寝たら明日におうぞ!」

コマキ「~~~っ///」

京太郎「まったく、コマキはいい子なのに風呂だけは必死に抵抗するよなー」スタスタ

コマキ「~~~っっ!!」


京太郎「ふぃ~~~極楽極楽~」

コマキ「……」

京太郎「しかし、意外だったよ コマキが不思議な力を使わないと俺と同レベルだったとはなー」

京太郎「一緒に強くなろうなーコマキー そんで大会では応援してくれよー」

コマキ「…!」コクッ

京太郎「さて、十分あったまったな まず頭洗おうなー」ザバァッ

コマキ「~~~~っ!!!」サクッ

京太郎「アッーーーー!!!」


京太郎「まったく、突然刺すのやめてくれよコマキ、危うくそっちの趣味に目覚めるところだった」

コマキ「…」プイッ

京太郎(うーん ちんちくりんなくせに一丁前に恥ずかしがってんのか?ちんちくりんのくせに)

京太郎「よし、乾いたぞ」

コマキ「…」トテテテ ポテン

コマキ「Zzz…」

京太郎「…寝付きのいい奴だ」


京太郎「…髪乾かすのめんどいな…俺ももう寝ちまうか」モゾモゾ

京太郎「おやすみ、コマ…」

小蒔「Zzz…」

京太郎「!?」ガタンッ

コマキ「Zzz…」

京太郎「い、今…コマキが超絶美少女に見えた…!?幻覚か…!?」

ひとまずカン!