淡「知ってる? 京タロー」

京太郎「え、何を?」

淡「テルーって利きシャンプーできるんだよ」

京太郎「利きシャンプー?」

淡「うん、そうだよねテルー?」

照「うん」

京太郎「利き酒みたいなもんですか?」

照「まぁそんな感じ。匂いで当てられる」


淡「あ、そうだ。京タローにもやって見せて下さいよ! 男の子のシャンプーも嗅ぎ分けられるかどうか!」

照「……わかった。やってみる」ガシッ

京太郎「え、ちょ、なんでがっしり頭掴むんですか?」

照「……」ゴゴゴゴゴ

京太郎「ま、そんな空気出しながら頭に顔近づけないでください!」

照「…………」クンクン

京太郎「いや~! 嗅がれてる! 年上の女性に頭の臭いかがれちゃってるぅ~!」

照「……これは、男物のシャンプーじゃない? かといって共用のシャンプーでも……まさか女物?」


京太郎「え、あ、これは……」

???「お姉ちゃん……?」

淡「あ……」

照「咲……」

咲「何してるの……? 私の京ちゃんに!?」

淡「お、落ち着いてサキ!」ガシッ

咲「はなして淡ちゃん!」ジタバタ


京太郎「ちょ、落ち着けって! あ、そうだ、お前も照さんに利きシャンプーやってもらえって! どうぞ照さん、やっちゃってください!」

咲「へ、利きシャンプー?」

照「わかった」ガシッ

咲「え、何? お姉ちゃん、なんでそんな空気出しながら顔近づけてくるの?」

照「……」クンクン

咲「や、やだ! 頭の匂いなんて嗅がないでよ!」

照「…………京ちゃんと、同じ匂いがする」

淡「えっ」

照「咲、どういうこと?」ゴゴゴゴゴ