京太郎「洋榎先輩、付き合ってくれませんか?(麻雀の参考書選びに)」

洋榎「え…ほんまに……?」

京太郎「? ええ、嘘をつく理由もないですし、先輩がいいなら」

洋榎「え…ええけど…なんでうちなん?ほら絹とか漫とかのが胸とか大きいし京太郎の好みやん?」

京太郎「いや胸とか好みとか関係ないですよ。むしろ俺は先輩が一番だと思ってますから(麻雀の実力が)」

洋榎「……っ!そ、そっか…ならしゃあないな、付き合ったるわ!」

京太郎「ほんとですか!ありがとうございます!じゃあさっそく本屋にいきましょう」

洋榎「わわ!手引っ張るなや!……(こ、これってもしかしてデートってやつなんか!?)」


次の日

ワーワーギャーギャー!

京太郎「なんだ?部室が騒がしいな」

京太郎「すいません、遅れまし「ほんまなんやって!」」

洋榎「ほんまに京太郎が告白してきたんや!」

絹恵「お姉ちゃんにしてはおもろない冗談やなぁ」

洋榎「む、絹まで信じてくれへんのかいな」

京太郎「真瀬先輩、なんですかこの騒ぎ?」

由子「京太郎君こんにちはなのよー、なんでも部長が京太郎君に告白されたってはしゃいでるのよー」

京太郎「……は?」

洋榎「お!京太郎、いや、マイダーリンやないか!まっとったで、さあダーリンからも説明しったてや~」


京太郎「え、いや説明って言われてもなんのことやら…」

洋榎「んも~恥ずかしがらんでもええやん!」

京太郎「いやほんとになんのことやら」

洋榎「む~、さすがにそこまで言うことないやん、いくらうちでも傷つくで」

恭子「……京太郎君、ほんとに主将に告白したん?」

京太郎「そ、そんなことしてませんって!」

絹恵「お姉ちゃん?」

洋榎「いやいや、京太郎昨日言ってくれたやん、付き合ってくださいって、胸の大きさなんか関係ないって!」

京太郎「………えっ?昨日…ですか?」

洋榎「そうや!そのあとに…その、デ、デートにもいったやないか!」
まま
京太郎「いや、あれは麻雀の参考書を選ぶのに付き合ってくれって意味で…デートって…本選ぶのを手伝ってもらってお礼に喫茶店で奢っただけで…」

洋榎「は……?……じゃあ胸の大きさは関係ないとか先輩が一番とかは…」

京太郎「本選ぶのに胸とか関係ないですし、麻雀の実力は先輩が一番だと思ってるって意味で……」

洋榎「……」

姫松メンバー「プ……」

姫松メンバー「あははははははははははは」ハライタイワー ワラッチャワルイノヨー 

洋榎「京太郎…ちょっとこっち来いや、麻雀の実力トップなうちがそんな参考書よりももっとためになる指導したるわ」

京太郎「………いや、今日はその…遠慮しておこうかと…」

洋榎「ん?」ゴッ

京太郎「(なんだこれ!怖い、めっちゃ怖い!)お…お願いします…」

洋榎「よし、ならはじめるで」


京太郎「」

洋榎「今日の練習終わりやでー片付けしいやー」

姫松メンバー「はーい…プププ」

洋榎「そこぉ!まだ笑っとるんかい!もう忘れろや!」

京太郎「もう…しばらく麻雀はしたくない…」

洋榎「あと京太郎は残って部室の掃除な!」

京太郎「……はい」

京太郎「あ、そうだ先輩」

洋榎「なんや!」

京太郎「いえ、なんか先輩に変な誤解させちゃったみたいで、おわびといっちゃなんですけど前先輩がみたいって言ってた映画、見に行きませんか?おごりますから」

洋榎「……」

京太郎「い、いやでしたかね…?」

洋榎「……いつや」

京太郎「え、えーっとあんまり遅くてもどうかと思うんで今週の日曜とかどうですか?」

洋榎「大丈夫やで、…期待しとるわ」

京太郎「はい、任せてください!」

洋榎「…はぁ……うちって単純やなぁ…」


かん