和「須賀くんは趣味とかありますか?」

京太郎「趣味かー。 部に入ってからはもっぱら麻雀かな」

和「部に入る前は何を?」

京太郎「んー……、運動かなぁ。 俺中学はバスケ部だったからさ」

和「バスケットですか……」

京太郎「なんかあったのか?」

和「い、いえ、ただなんとなく聞いてみただけです」

京太郎「ははーん、さては俺のことが知りたかったとか?」

和「!! そ、そんなことはっ!」

京太郎「ははは、なんてな」

和「……そうですよ。 なんとなくです。 もう、須賀くんったら!」

京太郎「ごめんごめん。 っと、それはそうと和は運動はどうなんだ?」

和「恥ずかしい話ですが、あんまり得意では……。 それに…あの…」

和(激しく動いたりすると男の人から視線が……)

京太郎「ん、どうかしたか?」

和「いえ! なんでも……。 私結構どんくさいですよ」

京太郎「へぇ、意外だな。 なんでも完璧にこなすのかと思ってたよ」

和「自分で言うのもなんですが、結構そう見られてしまうんです」

和「実際は全然そんなことはないので、恥ずかしいです」

京太郎「ギャップだなぁ」

和「うぅ、体育の授業は結構苦痛です……」


京太郎「体動かすのもあんまり好きじゃないのか?」

和「そう……ですね。 まぁ、動かさなきゃいけないのでたまに動かしてますけど」

和(ダイエットで)

京太郎「ふーむ」

京太郎「じゃあさ、今度俺と一緒に運動しないか?」

和「え!?」

京太郎「い、いや、誰かと一緒なら意外と運動も楽しいもんだしさ!」

京太郎「別に下心があるわけじゃなく……、そう! 運動の素晴らしさを知ってもらいたいと思って!」

和「じとー」

京太郎「うっ」

和「ふふ、わかってますよ。 でも、私須賀くんについていけなさそうです」

京太郎「大丈夫大丈夫。 和に合わせるから」

京太郎「とりあえず苦手意識をなくせるように楽しんで動こう」

和「それなら……」

和「はい……不束者ですが、よろしくお願いします」

京太郎「あ、いや、こちらこそ……」


京太郎「何するかなぁ……。 和はなにかやりたいことあるか?」

和「あっ、じゃあ私にバスケット教えてください」

和「そろそろ体育でバスケットが始まりそうなので、ちょっとは上手になれたらなぁと」

京太郎「よーっし! 任せてくれ!」

和「須賀コーチ、スパルタは……やめてくださいね?」

京太郎(うっ、上目遣いで……)

京太郎「ていうかコーチって?」

和「ふふ、先生のほうがよかったですか?」

京太郎「あ、あのなぁ~……」

京太郎「まっ、大船に乗った気で俺に任せなさい!」

和「うふふふ、よろしくお願いしますね」

和「……旦那様」

京太郎「? なんか言ったか?」

和「い、いえなにも!」


和(ちょ……ちょっと冒険しすぎましたかね。 ドキドキが止まりません)

和(でも、いつか素直に呼べたら……)


終わり



おまけ


―そのあと

片岡「見たじぇ、聞いたじぇのどちゃ~ん」

宮永「見たよ、聞いたよ和ちゃ~ん」

和「え、何をですか?」

片岡「またまた~」

宮永「知ってるんだから~」

和「え? え?」

宮永「京ちゃんと一緒に運動!」

片岡「京太郎と一緒にバスケ!」

和「!」

和「な、なぜ知っているんですか!?」

宮永「えへへ」

宮永(実は)

片岡「にっひっひ」

片岡(部室に)

宮永・片岡「えっへっへ」

宮永・片岡(隠れていたのだ)


和「うぅ、なんか、は……恥ずかしい……」

片岡「いいのだよ、のどちゃん」

宮永「私たちは華の女子高校生」

片岡「異性に恋焦がれるのは当然……」

宮永「そしてそれをサポートするのも友人として当然……」

和「え……?」

片岡「つまり」

宮永「我々は」

宮永・片岡「 原村和を応援し隊っ!! ばばーん!!」

和「……」

和「あ……、よ、よろしくおねがいします……」

片岡「……」

宮永「……」

和「……」

片岡「……あ」

宮永「……う、うん」

和「あ、ありがとうございます……」

片岡「……その」

宮永「……なんかごめんね」


宮永・片岡「はしゃぎすぎちゃった! 反省反省! てへ!」


終わり