竜華「そういえばセーラの学ランいつもと違ない?」

怜「あ~・・・ほんまやね。なんかサイズおっきぃね」

竜華「デザインもびみょ~っに違おうてるしね。結構前からよね?」

セーラ「んー?あぁこれな、実は京太郎の学ランなんよ」

竜怜「「!?」」

セーラ「中学の頃のが残ってる言うてたからな~貰ったんよ」

竜華「……」

怜「……エロぉ……」

セーラ「へっ?」

怜「セーラ。それはエロいわぁ」

竜華「後輩男子の使用済み学ラン装備とか流石にエロ過ぎちゃう?」

セーラ「ちょ、ちょっちょい待って、そんな如何わしい言い方止めてや」

セーラ「べ、別にそんな意図があるわけじゃないんよ?」

怜「え~、でもなぁ?」

竜華「後輩男子の3年間の汗が染みついた使用済み学ランやで?」

セーラ「いやだから、その言い方やめぇや」

竜華「せやかて、最近そればっか着てるやん」

セーラ「いや、それはな……えっと」

怜「なんなん?」

セーラ「雰囲気というか臭いというか……なんか着てるとおちつくんよ」

怜「あぁ……これはあかんわ」

竜華「エロいわ」


セーラ「えぇ!?」

怜「まさかセーラが常日頃、京ちゃんの臭い嗅いで生活していたとは……」

セーラ「ちょっとそんなん言わんといてよ。」

セーラ「京太郎のこと変に意識してしまうやん」

京太郎「戻りました―」

セーラ「!?」

怜「おかえり~」

竜華「おつかれさん~」

京太郎「江口先輩もただいまです」

セーラ「え、あぁ、おかえり……」

京太郎「ん?どうしたんですか?具合でも悪いんですか?」

セーラ「いや、そんなことないんやけど……わっ!」

京太郎「んー……別に熱は無いみたいですけど(顔赤いけど)」

セーラ「うーあーえっとちょっと飲み物買ってくる―――!!」

京太郎「あっ!ちょっと江口先輩!?」

京太郎「……いっちゃった。江口先輩の飲み物も買ってきたのに」

京太郎「江口先輩どうかしたんですか?」

怜「さぁあな~♪それよりも京ちゃん、中学ン時のジャージとか残ってへん?」

竜華「ウチは体操着でもええでー」

京太郎「???」

終わり