淡「いいな……いいな……」マジマジ

尭深「ど、どうかしたの?」

淡「たかみーのおっぱい欲しいなぁ~」

尭深「ご、ごめん……着脱式じゃないから……」

京太郎「着脱式だと怖いですよ」

尭深「えと……パッド、とか?」

淡「ニセ乳じゃん! 私は本物がほしーのっ」


淡「……キョータローもいいなぁ」

京太郎「何が?」

淡「だってたかみーのおっぱい好きにできるんでしょ?」

尭深「あ、淡ちゃんっ!」

京太郎「彼氏彼女だからってそれほど好き放題できないって」

淡「そうなの?」キョトン

尭深「んっ……そ、そうだよ?」

淡「そーなのか」

淡「あ、降りなきゃ……たかみー、キョータロー、また明日ねー」フリフリ

京太郎「おう」

尭深「ま、またね……」


京太郎「……まあ、胸揉んでたらさすがにバレますしね」

尭深「ん……」

京太郎「……まだ触った方がいいですか?」

尭深「も、もうちょっと……だけ」