• 高校入学から数週間後

京太郎「しっかし、あの咲が自分から部活に入るとは……しかも麻雀部か」

京太郎「ちょっと覗いてみるか。 見学するだけタダだし……」


――――麻雀部・部室


京太郎「ちーっす、麻雀部の見学に来ましたー」

咲「あ、京ちゃん!」

穏乃「なになに? 咲の友達?」ツル-ン

照「……新入生?」テル-ン

やえ「咲、穏乃と続いてまた1人か。 今年は順調じゃないか」ザンネ-ン

衣「うむ、よく来訪した。 皆で歓待するぞ!」チマッ


京太郎「……お疲れ様でした」ゲッソリ

咲「京ちゃんっ!? まだ来たばっかりだよ?」

京太郎「悪いな咲……ここは俺が生きるには、おもち粒子が少な過ぎるんだ……」

咲「大丈夫だよ京ちゃん、小走先輩はまだ本編に来てないから! ワンチャンあるんだよ!」

やえ「おいコラ咲お前」

照「でも、side-Aでも出る度に幼さ増していったから、難しいと思う……」

やえ「姉妹揃って鬼かお前らっ!?」

衣「衣には仔細不明な話だな……そこな男子、麻雀は出来るのか?」

京太郎「え? あ、いや最近始めたばっかりで、ようやく役覚えたくらい……」

衣「新参か……良い! 幸いに衣も照もやえも、麻雀には造詣深い。 咲や穏乃も経験者だというしな……皆を導として追従するがいい!」

京太郎「うわぁい見学する前から入部確定になってやがる……」

咲「せっかくだもん……一緒に頑張ろう、京ちゃん?」

京太郎「……ったく、しょうがねえなぁ……」

京太郎「須賀京太郎です! 麻雀部、入部しようと思います!」


カンッ