恒子「寒い夜、こたつでアイスクリーム」

恒子「あむッ……んん~!」

恒子「そしてウイスキーお湯割り! んっんっ……ふはぁ~おいちぃ」


京太郎「すっげぇ美味しそうに食べるなぁ。食レポいけんじゃないですか?」

恒子「これぞ、冬の醍醐味だねぇ」

健夜「京太郎君にはゼッタイ飲ませないでよ、こーこちゃん?」

恒子「わぁかってるって」


健夜「京太郎君も、すすめられても断るんだよ?」

京太郎「はい。オレはコーヒーで十分ですから」

恒子「あー、それってなんていうんだっけ……アイスの、コーヒーのやつ。えっと、あ、アホ、アホ……?」

健夜「もはや罵倒にしかなってないよ……アフォガートでしょ?」


京太郎「ああ、アイスにコーヒーかけて食べるんでしたっけ」

恒子「そうそうそれそれ! さっすがすこやん、物知り!」

健夜「こーこちゃん、いよいよ酩酊してきてるでしょ……」

恒子「いやいやいや、全然酔ってないよー?」

健夜「まったくもう……今、お水もってくるから。京太郎君、相手してあげてね」

京太郎「わかりました」

恒子「むぅ……すこやんてば、人をよ、酔っ払い、みたいにゆって」

京太郎「だいぶ飲んでますから、今日はここまでです」

恒子「はいはーい。わかってますよーだ」

京太郎「それに、飲み過ぎは身体によくないですし」

恒子「ダイジョーブだって、心配いらな―――」


京太郎「心配しますよ。恒子さんになにかあったら、俺は悲しいです」

恒子「へっ……!?」


京太郎「いつもの明るくて、こっちもつられちゃうくらいの笑顔が見れないと、寂しいし」

恒子「そ、そう、なんだ?」

京太郎「はい。やっぱり、いつもの元気な恒子さんが好きですから」

恒子「ぁ……ぁぅ……」


健夜「はい、お水……って、顔真っ赤だよ!?」

恒子「えっ、そうかな? ああ、ちょっと飲みすぎたみたいかも……」

健夜「もう……あっちにお布団敷いたから行こ?」

恒子「ん」

京太郎「それじゃあ俺、食器洗っときますね」

健夜「あ、お願いするね。ほら、こーこちゃん、行くよ」

恒子「ん」

恒子「すこやーん」

健夜「なーに? こーこちゃん。そんな寄りかかられるとさすがに重い……」

恒子「さっき、さっきね、京太郎君と話してる時ね、しゃべってたんだー」

健夜「うんうん」

恒子「そしたらさー、すっごいクラっとしてさー。もうノックアウトー、みたいな?」

健夜「それはそれは」

恒子「ズキューンって感じ」

健夜「あーもう重症だね」

恒子「あはは、うん、ホント……重症みたい」


恒子「こんなの……こんな気持ち、はじめてだよ……」



カン!