京太郎「……さて、今日はシャープシュート何回しましたか?」

菫「……二回、だ」

京太郎「そうですね、じゃあ早速……」

菫「待て、待ってくれ」

京太郎「? どうしました?」

菫「……もうやめよう、こんなこと。こんなの、絶対におかしい……」


京太郎「いや、別に何もおかしくはないと思いますが」

菫「おかしいだろ! その、き……キス、というのは、もっと大切にするべきものであって……」

京太郎「いや、大切にしてるじゃないですか。シャープシュート一回につきキス一回。高校麻雀ならともかく、大学麻雀じゃそうそうシャープシュートも撃てないのに、この条件は結構きついと思いますけど」


菫「それはそうだが……」

京太郎「そもそも言いだしたのは菫じゃないですか。大学麻雀でなかなかうまくいかないから、自分がシャープシュート決めるたびにご褒美としてキスしてくれって」

菫「あ、あれは一時の気の迷いだ!」


京太郎「……もしかして、俺とキスするの嫌になりました?」シュン

菫「そんなことはない!」

京太郎「ほっ、ならよかった。じゃあ……」

菫「そんなことはないが……その、キスというのはもう少しムードをだな……」


京太郎「ああ、なんだ。そんなことですか」

菫「むっ、そんなこととは……っ!?」

京太郎「菫、今日も頑張ったね」

菫「ひゃっ!?」

菫(……腰に手をまわされて抱き寄せられて、耳元でささやかれてる!?)

京太郎「大学の強者相手に戦ってた菫は、凛としていて凄く綺麗だったよ」


菫(……あぁ、ダメだ。そんな風にされたら、脳の奥が蕩ける……)

京太郎「だから……」

菫(体の奥が、痺れて。流されて、しまう……)

京太郎「頑張った菫にご褒美あげる」

菫「……うん」

チュッ