京太郎「よし、これくらいでいいかな。うぅ……さっぶ……」

豊音「京太郎くん、お疲れさまー!」

京太郎「姉帯さん」

豊音「ありがとね、ウチの雪かきまで手伝ってもらっちゃって」

京太郎「どういたしまして。姉帯さん一人じゃ大変でしょ? 家の人も、用事で今いないみたいですし」

豊音「そうなんだよ……そんな時にかぎって大雪で、ちょー困ってたんだ」


豊音「ささ、あったかいもの用意したから、入って入ってー」

京太郎「じゃあ、お言葉に甘えて」


豊音「腕によりをかけて作った料理だよー」ジャーン

京太郎「わぁ、すごい。レバニラに、アボカドの胡麻和え、それと……」

豊音「こっちは、にんにくとしょうがたっぷりのつくねのスープ、このオクラとなめこが入ったとろろはご飯にかけて食べてね」

京太郎「美味しそうですね。これは?」

豊音「牡蠣のバターソテーだよ。今が旬だから、ちょー美味しいよー」

京太郎「おおっ、もう我慢できません! いただきます!」

豊音「はい、召し上がれー。あぁ……あと、ね?」

京太郎「んぐ?」モッキュモッキュ

豊音「デ、デザートも、あるんだよ?」

京太郎「ほうなんでふか?」モッキュモッキュ


豊音「う、うん。だから……」

シュルシュル パサッ

豊音「ソレも、美味しく食べてもらえると、う、うれしいかなーって……」

京太郎「…………」


京太郎「ハフハフモグモグ!!」ガツガツ

豊音「京太郎くん!? そんなに急いで食べたら……」


京太郎「んぐっ!?」

豊音「ほらもう! これ飲んで!」

京太郎「す、すみませ……ごくっ」

グビグビ ダンッ


京太郎「まむしドリンクだこれ!」

豊音「ワン・モア!」



カン このあと滅茶苦茶除雪した