京太郎「先輩、髪型変えました?」

由子「え、わかるー?」

京太郎「はい、なんというか……そういうのも良いと思います」

由子「」グッ

京太郎「?」

由子「須賀君ー、他に何かいつもと違う事あるー?」

京太郎「え、特には……」

由子「そう……」シュン

京太郎「わー! 待って下さい、今見つけますから!」

由子「ふふ、よーく見るのよー」

京太郎「……」ジー

由子「……」ニコニコ


恭子「……何しとんねんあいつら」

漫「真剣に見つめ合ってますね……」

洋榎「なんや、嫉妬かー?」

恭子「なっ、んな訳ないやろ!」スパーン

絹恵「今日もキレの良いツッコミですね」

恭子「ほら、見てみい!今にもキスしそうな距離やで、あの二人!」

京太郎「……」ジー

由子「……」ニコニコ

洋榎「……にらめっこでもしとんやろ」

恭子「……主将、何か知っとりますね?」

洋榎「さあて、どうやろなー」

京太郎「……分かりません!」

由子「駄目なのよー。もっとちゃんと見てよー?」

京太郎「……」ジー

由子(本当はもっと見ていて欲しいけど……)チラッ

京太郎「……」ジー

由子(今ならちょうど誰も見てないみたいなのよー)ズイッ

京太郎「……っ!?」

チュッ

由子「……ごちそうさま、なのよー」ニコッ

京太郎「ちょ、部活中に……」

由子「……最近、彼氏が冷たいのよー」

京太郎「ああ、もう……」キョロキョロ

由子「……ん」

京太郎「……」スッ

チュッ

由子「……ふふ、まだ足りないのよー?」

京太郎「……後で、ですよ……。これ以上は理性が保ちませんから……」


洋榎(全く……隠すつもりが有るんやったら、うちの前でイチャイチャすんなや!)

今日も姫松高校麻雀部は平和だった……。