京太郎「灼さん灼さん」

灼「何、京太郎」

京太郎「何でもありませんよ」

灼「そう」


京太郎「灼さん灼さん」

灼「何なの、京太郎」

京太郎「いえ、何でもないですよ」

灼「ヘンなの」


京太郎「灼さん灼さん」

灼「何でもないんでしょ?」

京太郎「はい」

灼「……バカ」


京太郎「灼さん灼さん」

灼「……」(ツーン

京太郎「灼さんってば」

灼「……京太郎、いい加減しつこい」

京太郎「あ……す、すみません」

灼「さっきからなんなの京太郎。事と次第によっては許さない」

京太郎「その……恋人同士になって、同じ大学通うことになって……」

京太郎「ど……同棲していつでも灼さんがいるって思ったらなんかこう嬉しさが抑えきれなくて……」

灼「馬鹿」

京太郎「ぐっ、反論できn」

灼「京太郎だけじゃないんだよ、嬉しいのを抑えきれないの」

京太郎「灼さん」

灼「京太郎……好き、愛してる」

京太郎「灼さん、大好きです、愛してます」