怜「うちって京太郎のこと好きやん?」

京太郎「はあ」

怜「けどうちは病弱やから満足させることができへん。そうなったら浮気されるのがうちには見える」

京太郎「えぇ?」

怜「そこで逆に考えたんや浮気するんやったら愛人ごと抱え込めばええって。
  だから、竜華や。竜華を落として味方につける、完璧やなっ!」

京太郎「俺には怜先輩が何考えてるのかさっぱり分かりません」

怜「なん、やと? まさか竜華だけやと満足できへんってゆうんか。
  ならセーラも付けたる、もってけドロボー!」

セーラ「アホか! なんで俺まで巻き込むねん! しかも粗品みたいに扱うなや!」

怜「あ、おったんかセーラ。でもセーラも『京太郎いいなあ』言うとったやん」

セーラ「わー! わー! わー!」

京太郎(どうして千里山は定期的に漫才するんだろ? 大阪の血がそうさせるのか?)


カン