ある日の部室にて

久「うーん」

まこ「お?どうしたんじゃ久。そんな風に考え込んで。何か悩みでもあるんか?」

久「ああ、まこ。いえ、ちょっとね…」

まこ「なんじゃあ歯切れの悪い。そんなに深刻な悩みなんか?」

久「私の考えすぎかもしれないんだけど…。やっぱり部長としては気になっちゃって…。
  はぁ…ホントどうしたもんかしら…」

まこ「誰かに話してみるゆうのもええかもしれんぞ?違った視点から見ることも大事じゃけ。わしでよかったら話してみ?」

久「そう、ね…。わかったわ。
  …いつもありがとうまこ。貴方がいてくれて、本当によかったわ」

まこ「なんじゃ水臭い。このくらいなんでもないわ」

久「それでもありがとう…。それじゃ話すわね?
  この部、須賀君やめたら終わってしまうかもしれないのよ」

まこ「…ん?…んん!?」

久「ちょっとまこ。ちゃんと聞いてたの?我が部最大の危機だっていうのに!」

まこ「あぁいや…。今更どの口がそんな事言えたもんじゃと戦慄を覚えておっただけじゃけぇ…」

久「そうなの?気を付けてよねもう…」

まこ「いや。いやいやいや、そのリアクションはおかしい」

久「もう!なんなのよまこ!私は真剣に悩んでるのよ!?それをさっきから…」

まこ「いや、だから!京太郎がそんな風になったのはそもそも誰のせいじゃと…」

久「そうよね…。須賀君が片っ端から女の子を落としちゃうなんて…。ご両親の影響もないとは言えないわよね…。和だけは大丈夫だと思っていたのに…」

まこ「…おい」

久「え?」

まこ「正座」

久「ちょっとまこ、そんな暇は…」

まこ「せ!い!ざ!」

久「アッ、ハイ!」


京太郎「なんだか最近部長が親切で怖い」

咲「ア、ハハ…。京ちゃんも京ちゃんでだいぶ毒されてるよね…」

京太郎「…?」

カンッ!