京太郎「悪待ちすぎて独身のままアラサー超えた部長が居るらしい」

咲「で、それを私にいいに来た理由は?」

京太郎「お前までアラサー超えたいって言うならこのまま帰るが……」

咲「おk、その指輪こっちにもらっていいね?」

京太郎「もってけどろぼー!」

咲「もっとロマンチックなプロポーズ期待してたのになぁ……」

カン