それは、なんでもない練習日。
部室内に五人の人間が揃った時点で、竹井久は口火を切った。

久「じゃあ全員揃ったし、今日も練習と行きましょうか」

咲「えっとその、京ちゃんは買い出しですか?」

久「『京ちゃん』? 新しい入部希望者かしら? まこ、知ってる?」

まこ「いや、わしも聞いとらんの」

優希「咲ちゃん、寝ぼけてるのか?」

からかっているでもない、本気で訝しげな皆の様子に宮永咲の唇が震える

咲「な、なに言ってるの? 京ちゃんは『須賀京太郎』だよ!? 知ってるでしょ?」

さらに首をかしげる3人、それに対して全く異なる反応を示した人間がいた。

和「須賀くん、ですか? もしかして、金髪で胸をチラチラ見てくる私たちと同じ年の」

その言葉に咲は顔を輝かせる、希望にすがるように言葉を口にした。

咲「そう、そうだよ、エッチでお間抜けさんで、でも優しい男の子!」

しかし返ってきた返答は、彼女の望むものではなかった。

和「咲さん、奈良に行ったことがあるんですか? 須賀くんと知り合いだなんて初めて知りました」

久「だあれ、それ?」

和「長野に転校する前の友人です。今はどこの高校に行ってるんでしょうか」

雑談に興じる皆の傍らで、咲は悪寒に体を震わせる。

咲「え、え? 京ちゃんは私の幼馴染で、奈良になんか、え?
  そ、そうだ、写真が……ない、なんで!? 入学式の時に一緒に撮ったのに!」

混乱する彼女に対して優希が手を伸ばす。

優希「咲ちゃん、調子悪いなら休んだ方が」

咲「京ちゃん、京ちゃん、どこにいるの!? 帰ってきてよ、私に笑いかけてよ!」

これは異なる世界の記憶を持った少女が一人の少年を探す物語。
少年は彼女を知るか、それとも……


IFルート 『須賀京太郎の消失』 始まらない