@インハイ会場

京太郎「なんでお前さんはいつも迷子になるんですかねえ?」

咲「み、道が悪いんだよ。ほら入り組んでるし」

京太郎「そこに案内図があるのに?」

咲「あう」

いつものやり取り、その最中。

淡「あ、キョータローじゃーんっ」

突如距離を詰めて抱きつき、頭をぐりぐりと擦り付ける金髪少女

京太郎「おま、淡か!?」

淡「なんでこんなとこいるの? 私に会いに来たとか?」

咲「……京ちゃん、その子誰かな?」

京太郎「んあ? 言ってなかったっけ? 大星淡、俺の母方のいとこ」

淡が咲の方を見て、首を傾げ傾げ

淡「あ、テルーの妹じゃん。高校100年生の大星淡だよ、キョータローとは結婚できるいとこなんだよねー」

咲「そう、大星さんは私からおねえちゃんだけじゃなく京ちゃんまで奪うんだ……」(ブツブツ

京太郎「咲、どうした急に俯いて」

咲「何でもないよ京ちゃん、ほらそろそろ行かないと部長が待ってるよ」(ニコニコ

京太郎「お、おう、じゃあな、淡」

淡「うん、連絡してねーっ」

……

咲「大星淡、ぶっ潰す」(ゴッ


カン