久「料理が出来て、勉強も出来る、気を使う程度の能力……じゃなくて、気遣いも出来てスタイルも良い……これでアイアンクローが得意技なら完璧よね」

和「アイアンクローって何でしょう?」

久「ん、こういうのよ」ガッ

京太郎「へ……あだだだ割れる割れるわーれーるー!」

和「それを身に付ければ完璧ですか」

久「そうそう」

京太郎「これおれの役目じゃねぇ! ぎゃあぁぁあっ!」



帰り道

久「ごめんなさい京太郎」

京太郎「勘弁してくれよ久姉……」

実は幼馴染みの二人とか、カン