あれは忘れもしない第69回おもち会議の時だったよ。

急に彼がこんなことを言い出したんだ。

京太郎「……俺、究極のおもちって大きさでも柔らかさでもないことに気づいてしまったんです」

玄「何を言ってるの京太郎くん、目を覚まして!」

京太郎「聞いてください玄さん、確かにのどパイもかすみパイもすばらです。
    でも男にとって一番なのは、いつだって好きな人のおもちなんです!」

玄「ごくっ」

京太郎「お願いです玄さん、俺に玄さんのおもちを、究極のおもちを触らせてください!」

玄「きょ、京太郎くん、こんなおもちの出来損ないでよければ喜んで」

京太郎「出来損ないなんかじゃない! 俺にとっては、一番のおもちなんですから!」

玄「京太郎くんっ」

京太郎「玄さん……」

そうして私たちは付き合うようになり……憧「ちょっと待ちなさいよ!」

玄「どうしたの憧ちゃん、今とてもいいところだったのに」

憧「いやいやいや、おかしいでしょ、おかしいわよね!?
  なんでそのセクハラ発言を受け入れてるの!? なんでそんなセリフで付き合うの!?」

玄「何言ってるの憧ちゃん、おもちリストにとってこれ以上ない褒め言葉なんだよ。
  ああ、私のおもちが究極だなんて、京太郎くん……」

憧「なんで頬を染めてんのよっ!? あとシズも感慨深そうにうなずくな!」

玄「変な憧ちゃん」

憧「変なのは私じゃなくてあんたらだから! 断固として抗議するわよ!
  宥ねえこれでいいの!? 反対するなら今のうちよ?」

宥「うーん、私は玄ちゃんが幸せそうだし、あったかいからいいかなーって」

憧「誰か頼むから私の代わりに突っ込んでよ! あーもう、なんで今日に限って灼さんはいないの!?」

玄「全く憧ちゃんの言うことは訳が分からないよ」


カン