照「須賀君」

京太郎「え……照さん?」

照「今は、誰にも見られてない……」

京太郎「え、えぇまぁ、そうですね」



照「ふぅ……京ちゃん!」ガバッ

京太郎「うおっ!? い、いきなり飛び付かれたら危ないっすよ照さん!」

照「お姉ちゃんって呼んでくれないんだ……」

京太郎「何年前の話だオイ……と言うか、何で逆方向に猫被ってるんすか……?」

照「私は虎姫のリーダーだから。後輩に示しを付けるのにも、クールに決めてないと。」

京太郎「でも、インタビューとか普通に……」

照「だって……長野で京ちゃんが見た時、『お姉ちゃんが怖い人になっちゃった』って思われたくなかったから……」

京太郎「そんな風に思わないですよ……ってか怖いキャラ作ってたんすか」

照「私はチャンピオン、強くあらねばならないの。」

京太郎「頂点ってのも大変ですね……まぁ、俺で息抜きになるなら、幾らでも付き合いますよ。」

照「うん、付き合ってね京ちゃん?」

京太郎「あ、でも部長の頼み聞いて優希にタコス作って部長からの雑用こなして咲の面倒見て部長の手伝いしてからだから……」

照「え、何それは」ギュルギュル


ーーーーーーーー


久「須賀君遅いわねぇ?」

和「部長が買出しを頼み過ぎるからでは……」

優希「うぅ、何か悪寒がするじぇ」

咲(何だろう……私の京ちゃんに危険が迫ってる気がする)

カンッ