久「お待たせしたかしら?」

京太郎「いえ、今注文したところです」

久「そう、あ、私は今日飲めないから烏龍茶で」

京太郎「あれ、また始発ですか?」

久「そうなの、しかも帰り際にいきなりよ?」

京太郎「はは、大変なんですねプロっていうのも」

久「全くよ、公式戦じゃ無いからって体調管理怠るなんて……あーもう、折角今日は京太郎と飲み明かすつもりだったのに……」

京太郎「それはまぁ俺も楽しみにはしてましたけどね」

久「帰ってきたら付き合ってくれる?」

京太郎「そりゃもちろん」

久「ありがと、これは前金代わりよ」チュ

京太郎「おっと、こんなことされたらキャンセル効きませんね」

久「当然、じゃまたね」



竹井久、公式戦生涯勝率3割3分4厘

宮永世代の中堅層、悪待ちを得意とし時には小鍛治プロをも下した、玄人でも好みが別れる雀士

その彼女の支えとなったのは、家族であろう

カン