咲「京ちゃん、京ちゃん、あれ」
京太郎「ん、ほら」
咲「あ、これ」
京太郎「はいはい」

優希「なんで、あれで通じるんだ」
和「ゆーきも出来るじゃないですか」
優希「?……! そうか、京太郎!アレを用意しろ」

京太郎「ほらタコス」
優希「出来たじぇ」
京太郎「何がだよ?」
優希「なんでもない、ほら、咲ちゃんが呼んでるじょ」
京太郎「え? あぁ、何だよ咲」

優希「ふぅ」
和「良かったですね」
優希「まったく、大した忠犬だじぇ」
和「またそんな事言って、嫌われたらどうするんですか?」
優希「そんな事ある筈ないじぇ」
和「なんですか、その妙な自信は」

京太郎「あ、和、昨日のネト麻の牌譜をチェックして貰いたいんだけど」
和「む、また私の見てないところで打ったんですか?」
京太郎「いやぁ、どうにも調子が良さそうな気がしてさ」

「……」

和「仕方ないですね、見せてください」
京太郎「面目ない。これなんだけどさ」
優希「どれどれ、私も見てやるじぇ」
京太郎「いや、お前はいいよ」
優希「なにおう、生意気だぞ犬の癖に」
京太郎「だって、お前の説明は擬音が混ざりすぎて解りにくいし」
優希「うぐっ」

咲「ねぇ、和ちゃん?」
和「なんでしょう」
咲「"また"、和ちゃんの見てないところでって、どういうことかな?」
優希「……はっ!?」
和「どういうって、いつもは……あっ」
京太郎「何言ってるんだよ咲? 和からは、一番教えるのが上手いから押し付けられたって」
咲「へぇ」
優希「のどちゃん、そいつは上手くねぇ、上手くねぇじぇ」

京太郎「えっ? は? どういう」
咲「いやぁ、和ちゃんにばかり押し付けるのも悪いしー? 私が教えてあげるよ京ちゃん」
和「打ち方の違う人に教えられたら混乱しますし、基礎が固まるまでは私だけで大丈夫ですよ」
咲「物は言い様だね、良いよ、そこまで言うなら卓に着こうか」
優希「誰が京太郎に教えるのが相応しいか」
和「決める……ということですか、ナンセンスですが、受けて立ちます」
京太郎「四人目はどうするんだ?」
咲「勿論、京ちゃんだよ」
京太郎「うぇっ、俺ぇ?」
優希「当然、お前が教わる相手を決めるんだからな」
和「ルールはどうしますか?」
咲「京ちゃんをアシストして和了させる。自分の点棒を削るのは禁止。当然、貢献度の高くなる二位が独占」
優希「上等」
和「良いでしょう」
京太郎「……俺の意思は?」

日常から、急転直下の修羅場って良くない?

カンッ