「「「お姫様だーれだ!」」」

京太郎「えっ?」


突然、京太郎の了承が無いままに京ちゃんゲームと称する何かが始まった。

今日はインターハイの打ち上げ、残念ながら団体戦は3位と言う結果に終わったが、初出場でこれは大金星だろう。
そんな清澄麻雀部の皆に京太郎は「何か労いたい」と言ったら、何故かそうなった。


咲「やった!私だ!」

和「最初は逃してしまいましたか」

優希「ぬぅ……それで、咲ちゃんの命令はなんだじぇ?」

咲「えっとね、京ちゃんがお姫様を膝枕する!」

京太郎「ちょっと待て」


これが王様ゲームの亜種である事は解った。
だが、対象が決まったコレは既に王様ゲームとは言えない。


咲「だって、京ちゃんが皆を労いたいって言うから」

久「何時ものお手伝いの延長だと思って。ね?」

京太郎「はあ、わかりましたよ……」


確かに言い出したのは京太郎なので、強くは言えない。


咲「じゃあ早速…………ぉおおお……!」

優希「ふむ、咲ちゃんご感想は?」

咲「がっしりしてて、ほど良い高さで…………その、良い匂いがします」

まこ「ほぉ、それは中々興味深いのぉ…………」

京太郎「匂いって何だ匂いって、おい」


暫くそうしていたが、時間切れと言われ、咲は膝から頭をどけた。
その時、妙に残念そうな顔だったのは…………何なんだ?


「「「お姫様だーれだ!」」」


そして次のお姫様を引き当てたのは………… ?






和「やりました」


和だった。


京太郎「和は、何を…………?」

和「そうですね…………えっと、京太郎くんはお姫様に……いえ、時間切れまでじっとしていてください」

京太郎「な、何?」



そして和は、ズンズンと京太郎に近寄ってきた。
デコピンされたり、顔に落書きされるのでは……と戦々恐々とし、思わず眼を瞑ってしまう。


和「…………」


そして和は────


和「ふっ……んっ、くちゅ……じゅる……ぴちゃ、じゅるるるる」

京太郎「んんっ!?」


キスをしてきた。それもフレンチで深くて大人なヤツをだ。


咲「あああああっ!!」

優希「ぬああああ!のどちゃあんっ!?」

まこ「うおお……何とも、大胆な…………」

久「狡いわ!ルール違反よ!」

和「ぷはっ……いえ、最初から何でもアリというルールでしたから」

京太郎「」ポカーン


京太郎が呆けているウチに、そこは戦場になっていた。


咲「絶対に、次は私が引く!」

優希「まだ序盤だから優希ちゃんの本領発揮だじぇ!」

和「いえ、まだ終わるつもりはありませんよ」

まこ「こりゃあ……ワシもノッといた方がええかのう?」

久「私の本領は悪待ち……後半でどデカイの行くわよ!」


カンッ!