京太郎「憧、好きだぞー」

憧「はいはい、私もよ」

幼馴染といってもこっちははすげない。穏乃なら顔赤くなって慌てるのに、面白みがない

憧「今更惚れたの腫れたの関係でもないでしょ」

鏡を見ながら服装を整える辺り、本当に俺に気を使ってないな。

京太郎「……ベッドでは人が変わるくせに」

憧「そりゃまあ気持ちいいからね。今日は妙に絡むわね、生理?」

京太郎「男にんなもんあるか」

憧「ならいい加減私と練習ばっかりしてないで本命攻めたら?」

京太郎「アタックしても欠片も靡かないんですよ、芽がないのかねえ」

なんでこうもニブチンなのか。何度肌を合わせて好意を口にしようが、本気と全くとられない。
そもそも恋愛的に好きでもない相手と関係を持つわけ……目の前に例外の女がいたか。

憧「てかいい加減本命が誰なのか教えてくれてもいいんじゃない? 手伝ってあげるわよ」

京太郎「お前の助けほど頼りにならんものはない」

当の本人が恋の手助けって意味が分からん。こっちこそいい加減気付いてほしい。

憧「なら諦めて近くの人間で妥協したら。私は全く困らないわよ」

京太郎「そりゃお前さんは困らないでしょうよ」

この会話も一体何度目なのか。進展のなさに泣けてくる。

京太郎「憧、好きだー」

憧「はいはい、本命に言いなさいね」

やっぱ完全に相手にされてない。憧の言う通り大人しく諦めた方がいいのだろうか。

憧「……早く妥協しなさいよ」(ボソ

京太郎「んあ? 今何か言ったか?」

憧「べっつにー。んじゃ、私シズと出かけてくるから、じゃーね」

気心の知れすぎた相手に恋心を抱いても、物語ほど簡単には進まないもんだ。


カン