京太郎「万雷の拍手にも似た轟音と共に、眩しすぎるカーテンコールを受けるのは」

恒子「だれだぁぁぁあああっ!」

京太郎「うぉあ!?」

恒子「はっはっはすまんね少年!国麻決勝、東一局……かぁいしぃぃぃっ!」

~マイクオフ~

京太郎「あーまだ心臓ばくばくして
る」

恒子「やーごめんねぇ、すこやんなら平然としてるからつい」

健夜「してないからね?結構私もびっくりするからね?」

京太郎「でも俺みたいな素人がこんなとこ居て良いんですか?」

恒子「おっけー!」

健夜「君みたいな子が一緒にいることで、初心者が感じる疑問点何かも解説しやすくなるからね」

恒子「私はこういう仕事してるから、初心者視点ってのは意外と質問から飛ばしちゃうんだよね、こういう場だと」

京太郎「成る程、でもなんで俺なんです?」

恒子「そりゃ君がイケメン君だから!」

健夜「というのが一つで、もう一つは推薦かな?」

京太郎「推薦ですか?」

健夜「君のところの部長さん」

京太郎「あー……」

恒子「ま、そう言うわけだから、しっかり勉強したまへ少年!」

京太郎「おっす!」

健夜「あはは……」

この日から、この三人で解説の仕事が当たり前になるなど、誰が思おうか。

カン