淡「ねー」

京太郎「んー?」

淡「思ったんだけどさー」

京太郎「何だー?」

淡「野菜スープ作りすぎじゃない?」

京太郎「そうかぁ?」

淡「そーだよ。一週間に一回くらい作ってるよね」

京太郎「あー、確かにそのくらいのペースか…」

淡「しかも決まって薄味だし…なんで?」

京太郎「何でかって聞かれると…まぁ美味いし楽だし…」

淡「でも飽きない?」

京太郎「飽きる」

淡「じゃあ何で作ってんの」

京太郎「万能選手だから」

淡「万能選手?」

京太郎「そうだなぁ…例えば今、カレー食いたくなったとする」

淡「うん」

京太郎「材料は何だ?」

淡「えっと、玉ねぎでしょ、お肉でしょ、にんじんじゃがいもルウお水…」

京太郎「野菜スープの材料は?」

淡「え?うーん…玉ねぎ…人参、じゃがいもで味はコンソメとか…?はっ!?」

京太郎「そこに肉とルウを入れると?」

淡「カレーだ!」

京太郎「その通り!」

淡「うわ、うわ…単純だけどそうそう思い付かなかった…天才だねキョータロー!」

京太郎「本格的に作るとは少し違うけどな。これはこれでうめーんだぜ?」

淡「ねね、これってもしかしてシチューも…」

京太郎「出来る」

淡「はわー…」

京太郎「何だ、シチュー食いたいのか?」

淡「うん、ちょっと食べたいなーって…」

京太郎「仕方ねぇなぁ…ビィフ?ティキン?」

淡「しーふーど!」

京太郎「ほう…ホタテっちゃうか?」

淡「ホタテっちゃーう!」


 「「いぇーい!」」

この後仲良くシチュー食べた。

おちなしカンッ