はーい♪ 最も京太郎に冷たい女でよく知られる竹井久よ、よろしく。
実は須賀くんを部に引きいれたのはこの私なのよね。理由は簡単、一目惚れしたから

え、それにしては扱いが悪すぎるですって? あなたたち、私の特性を忘れたの?
私はいい待ちでは上がれない、悪待ちの女よ。
それに正道は高嶺の花の同学年美少女和、幼馴染の守りたい系文学少女咲、悪友から恋人になりあがるアピールを欠かさない優希
この辺に完全に枠を取られちゃってるから、まっとうなコースでは私の敗色は濃厚よ。

だからあえて、そうあえてそっけない感じで接しているの。
それで優勝した時にインタビューで優勝できた理由とか感謝している人を必ず聞かれるから、そこで須賀くんへの思いを公共の電波に乗せてぶちまけるの

さてここで問題です、須賀くんの性格で公共の場で大告白した女を振って恥をかかせられるかしら?
無理に決まってるわよね。そしてその場での思いを切々と込めたトークで、今までの悪い印象をひっくり返すの。

これこそ私らしい戦い方と言えるわね。
え、卑怯? クズの考えること?
いいのよ、私は須賀くんさえ手に入ればそれで!

それに咲だって幼馴染アピールで周囲をけん制したり、優希もべたべたくっついて他にとられないように画策してるわ。
女なんて大なり小なりそんなもの、私はそれがかなり人より大きいだけ。

それに、須賀くんの彼女になったら今までと打って変わってべたべたに甘えさせて尽くすわ。
ギャップがある方が男は燃えるんでしょ?
何でもして上げるわよ、そうなんでも、ね。咲の体じゃできないことや和なら潔癖で許さないことまで、私は受け入れるわよ。

というわけで、今は準備段階。彼の心に私への不満を植え付ける時期なの。
不満や怒りを感じてる時っていうのは相手のことを自然と考えちゃうものよ。
無関心でいられるよりずっといいわ。

誰にも応援されずに卑怯と罵られようが、私は必ず勝ってみせるわ!


カン