京太郎「咲!」

咲「あっ、京ちゃん!!」

優希「全く咲ちゃんのお家芸に困ったもんだじぇ」

和「遠出する度に迷子になりますからね」

京太郎「本当にな」

咲「気をつけているつもりなんだけれどね……」

京太郎優希和「「「はあ」」」

京太郎「さて、戻る時にまではぐれられたらかなわないからな。お手をどうぞお姫様」

優希「むっ……」

咲「えへへ、エスコートよろしくね!? あびゃびゅべぼ!!」

京太郎優希和「「!?」」

京太郎「ど、どうした?」

咲「ぎょ、きょうぢゃんに……触ったら凄い痺れが……」

和「静電気ですね」

京太郎「俺は何も感じなかったけど? まあいっか、ほら、行くぞ」

咲「あばばばばばぁ゛」

京太郎「えっ?」

咲「や、やめで、……京ちゃん私に触れないで……」

優希「はあ、何やってるんだじぇ? 京太郎に触れたら電流が流れるとでも言うのか?」

和「SOA」

優希「そんなわけなぁ……んぎぃぎぃにヴぁ!?」

京太郎「優希!?」

咲「ね?」

優希「や、やばいじぇ……」

和「SOA! SOA! 二人ともふざけるのはいい加減にしてください!」

咲優希「「嘘じゃないから!」」

和「はあ、そんなことあるわけないじゃないですか……須賀くん失礼します…………あひゃっ、んっ、あっあっんぅぅ!!」

京太郎(ヤバイ、和の声がエロくて、悶える姿に興奮する)

咲優希「「嘘じゃなかったよね(な)?」」

和「ううぅぅ、SOA……SOA……」


 ------------------------
 ------------------------


小蒔「京太郎さんに私以外が触れると痺れるようにしました!」

春「姫様よく思いついた」

初美「姫様が術を使いこなせるようになって良かったですよー」

小蒔「えへへ、頑張りました」

霞「これで必然的に彼は小蒔ちゃんと結ばれるしか女性と触れ合うことは出来なくなったわけね」

巴(あれ? 男同士は問題ないってことだよね? ……ふふふぅ)

初美「巴?」

巴「何でもないですよ」

霞「そう?」

巴「はい! それよりも次の手を考えましょう! 体の接触を封じても彼の周囲から女性の影が消えたわけじゃありませんから」

春「確かに」

小蒔「頑張ります!」


カンッ!

  • オマケ-

「あっ、んんっぅ……はぁ、はぁああっぅ……」

「気持ち良いのか?」

「…………はい、とっても良いです」

 どうやら俺は女の子と触れ合うと相手を痺れさせてしまう特異体質になってしまったらしい。
 この体質を理解した時、絶望した。
 思春期の真っ盛り、女子に興味深々な男子高校生にとってそれはこの世の終わりにも匹敵する衝撃だった。

「ふう、またお願いしても良いですか?」

「ああ、和が望むなら何時でも引き受けるよ」

 だが、捨てる神あらば拾う神もいる。
 俺が与える痺れるような刺激は肩凝りによく効くらしい。和のようにおもちが大きな女性が常に抱える悩みの特効薬として最近は重宝されている。

「次の予約は東横さんらしいですね?」

「おう、その次は智紀さんの予約が入ってるよ」

 俺はおもちが好きだ。
 おもち少女たちと交流が深まるようになったこの能力を与えてくれた神様に感謝している。
 気持ち良さそうな声を漏らし、それを堪えようとする女の子たちの表情を見られるだけで今は満足さ。
 まあ、現状ではどんなに仲良くなったとしても誰ともより深い関係に進めそうにないから残念でもあるけどな。

「むっ……嬉しそうですね?」

「まあな」

「はあ、最近では県外からも話が来ているとか?」

「凄く噂が流れているらしいからな」

「瑞原プロのブログですか……」

 国麻の会場でたまたま接触したはやりんが俺の特異体質で長年の肩凝りから解放された。
 そのせいか見た目から若々しくなったと言うか、動きまでも機敏に変化した。そして、ぼかしながらも彼女は自身のブログでその話を書いた。
 おかげさまで話が広まっているんだよな。はあ、ある意味役得だから良いんだけれど、こんな体質じゃあ彼女が出来ることなんてあるのかな--


もう一個カンッ!