私は京ちゃんのことを一番よく知っている。
好きなものも嫌いなものも、何で高校で急に麻雀を始めたのかも、全部。
彼は優しくて、人好きで、だから女の子に囲まれちゃうのは仕方がない。

正直、周りの女を全部刺して二人っきりになりたいとも時々思うが、我慢なのだ。
京ちゃんのことを一番よく知ってるのは私だけ。身内だって知らないことを私は知ってるのだから。

彼の名前を唇に乗せるとき、幸せを感じる。彼の顔を見るたびに、好きなんだと思える。
彼の声を聴くたびに、うっとりしてしまう。

ねえ京ちゃん、貴方だけがいれば私はそれでいいの。
なのになんでみんな私たちの邪魔をするのかな? 
ピンク色の大きな胸の女も、まとわりつく子猫みたいな女も、京ちゃんをこき使う性格悪そうな女もいらない。
結局京ちゃんを助けないでいい人ぶってる女だって必要ない。
だからもちろん、必要ないんだよ、血を分けた姉妹なんて、京ちゃんに近寄る一番の害虫なんだから。

私が一番京ちゃんを知ってるんだから、あんな幼馴染気取りの妹なんかより。
だってずっと、照魔鏡で見てるんだからね。知らないことなんてないんだよ。

ああ、早く会えるのが楽しみ。東京で久しぶりに会おうね、京ちゃん。
全部視『てる』よ、照だけに。


カン