咲「あ、やっと起きた。 おはよう京ちゃん!」

ある日、目を覚ますと……幼馴染が、お隣さんになっていた。そして……

咲「麻雀部……? 何言ってるの京ちゃん、そんな部活動無いよ?」

京太郎「……は?」

世界で、麻雀が流行ってなどいなかった。


――隣の席のクラスメート
和「ハンドボール部での活躍、とても目覚しいものですね須賀君? ……麻雀ですか? そんな不健康な遊びに興じるなんて、ありえません。」

――才色兼備の生徒議会長
久「私は麻雀なんてやってないわよ? それより、須賀君が生徒議会に入ってくれると助かると思ってるんだけど……考えてみてくれない?」

――明朗快活な元気っ子
優希「京太郎! 今日はカラオケ行って遊ぶじぇ! ……麻雀? 新しいタコス屋台か?」

――実家が喫茶店の先輩
まこ「メイド雀荘……? うちは普通の喫茶店じゃろう。 メイドも何もやっとらんぞ。」

――科学部のマッドな才女
浩子「ええとこおったなぁ後輩クン、早速新しいサプリを……って、麻雀? そんなデータは知らんわ。」

――心優しいサッカー少女
絹恵「麻雀? ウチがサッカーずぅっとやってんの、須賀君知っとるやん。」

――物憂いげな屋上の人
白望「……麻雀とか、ダルいんだけど……まだ何か用……?」

――圧倒的な金持ちお嬢様
透華「ようやく私の物という自覚が芽生えまして? オーッホッホッホ!! ……はい、麻雀? 知ってはいますけど……それがどうかしまして?」


有るはずのものが無い、居ないはずの人が居る……この世界が間違っているのか、今までの世界が間違っていたのか……元の世界へ帰還する為に奔走する京太郎を待つ真実とは?

???「本当に……本当に、あの日々に帰りたいと願うの? 何も無かったあの世界、あの日々に……」

京太郎「俺は……俺はっ!!」

そして、京太郎が下す決断は……?