淡「んっ、ぁんっ……ダメだよキョータローひゃうっ」

京太郎(淡のおっぱいは相変わらず美味しいなあ。さくらんぼもコリコリしててベネ。
      ……明日のおやつはチェリーパイにしよう)

~翌日~

京太郎「というわけで本日のおやつ、チェリーパイです」

照「美味しい」

誠子「何がどういうわけか分からないけど、うん、美味しいよ」

尭深「(淡の胸をじっと見てから)――――京太郎君、今日夜空いてる?」

淡「キョータローはお菓子作りの才能があるね! 100年生の淡ちゃんが保証したげる♪」

菫「淡と同意なのは癪だが……美味いな、食べ過ぎてしまいそうだ」

京太郎「弘世先輩お昼おかわりしてましたよね? それ以上食べると太りますよ」

菫「あ゛!?」

照「京ちゃん、さすがにそれはデリカシー無い」

淡「スミレはちょっとくらい太らないとおっぱい小っちゃいままだよ?」

菫「おいィ!? 私はパッドじゃないって言ってるだろ! というか菫先輩だろうが、おォン!?」

尭深「部長、落ち着いてください。変なキャラになってます」スッとお茶を出しつつ

京太郎(太らせて大きくなっても痩せるのが大変だろ。
      あ、でもほどほどならS○Xダイエット法で俺が手伝えばいいか。アリだな)

一同「「「「「ねーよ」」」」」

京太郎「えっ」


カンッ