こういうのも悪くない。

目の前で、手料理にがっつく京太郎を見て、私は内心そんなことを考えている。

京太郎「うめえ、うめえ! 本当に、美味しい!」ガツガツ

白望「……」

何の変哲もないお弁当だ。ただ少しばかり早起きして、作ってみただけの。

だというのに。
母は大喜びで、父は不機嫌そうに、友人たちは騒ぐ。
京太郎のクラスメイトは遠巻きに私たちを見るし、さっき廊下を歩いていた先生ですら、なにか、とてつもないモノを見たような顔をしていた。

白望(そんなに大事なんだ……?)

分からなくもない。私は、いつもダルいダルい言っている。そんな私だから、この光景は、さぞかし滑稽に見えているのだろう。

関係ない。

京太郎が目の前で食べている。私の作った、私の手料理を。
それだけで何もかもが報われたし、彼の嬉しそうな、幸せそうな顔を見るだけで、ああ、悪くないと思えるのだから。

次は何を作ろうか。
私はそんな風にして、明日のお弁当の中身を考えながら、京太郎の顔を眺めるのだった。

──いつか、こんな日々が日常になればいいのに。






オマケ

京太郎のクラスメイトたちの反応

男子A「おいマジか……」

女子1「小瀬川先輩のあんな顔、初めて見た……」

男子B「可憐だ……須賀め、いい嫁さん捕まえやがって」

女子2「ラブだねー」

男子C「あ、憧れの小瀬川さんがあ……」

女子3「わ、私の須賀くんがあ……」

トシ「青春だねえ。私も若い頃はあんなだったさ……」ヌッ

クラスメイト達「先生!?」

カン!