京太郎「くっ・・・!離してください!」

菫「ふふふふ・・・・照とは経験済みと思っていたがいまだ童貞だったとはな・・・・私の為にとっておいたのか?」

京太郎「ち、違います!」

菫「お前が照と付き合っていると聞いた時は私の心を絶望が包んだよ・・・・だが、まだ私にもツキが残っていたようだな」

京太郎「な、なにを・・・!」

菫「ふふ・・・そんなおびえた顔をするな・・・これからたっぷりと気持ちいい事をするのだから・・・・」

京太郎「や・・・・止めて・・!」

菫「いいや、妊娠だけは確実にさせてもらう」

京太郎「そ・・・そんな・・・・!」

菫「さあ、いくぞ・・・・んっ!」

バァンッ!

淡「部長!仲間外れは良くないなぁ!私『にも』入れさせてくれないと!」

京太郎「あ、淡!?」

菫「淡・・・!貴様、何を・・・」

淡「いやいや!ちょっとお手伝いをねぇ!」ヌギッ

京太郎「なんで脱いでいるんだお前!?」

淡「愛してるんだぁぁ!キョータローをぉ!アハハハハ!」

菫「・・・・まあ、いいだろう。好きにイキ、理不尽に孕む。それが私達だからな。という訳で京太郎・・・私と淡、二人同時に相手してもらうぞ」

京太郎「じょ、冗談じゃ・・・!」

カンッ