和「常識に囚われてはいけないのでしょうか……」

京太郎「その思考は良くない」

一「大丈夫、キミの私服は十分常識に囚われてはいないよ」

和「国広さんに言われたくは無かったのですが」

京太郎「どうでもいいが喧嘩するなら離れてくれ」

和&一『お断り(します)』

京太郎「なんでや……」

カン